水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

草刈りのあとには...

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

水元かわせみの里に飛来する、カワセミの飛来回数が一向に回復しない中、
施設前の葉の落ちた低木に、ベニマシコのメスがやってきました。

d0121678_17242471.jpg
若干枝っかぶり。
施設周りの茂みを行ったり来たりしていました。


以前 よく鳴き声が聞こえていたヨシ原が刈られたため、こちらにやってきたのでしょうか?
刈られた後のヨシ原に行ってみたところ、ツグミやジョウビタキ、ウグイスなどが観察出来ました。


そして、モズもいました。
サッと地面に降り立った後、何やら緑色の物体をくわえながら出てきました。


d0121678_17355074.jpg
クビキリギス という、成虫の姿で越冬するバッタの仲間が捕まっていました。
器用に足でしっかりと掴んでいますね。
上手く隠れている昆虫を、あっさりと見つけることができる野鳥は凄いですね...
その能力を、少し分けてもらいたいです。

今回は以上です!
なお、ヒクイナはいまだ観察出来ず...


[PR]
# by kawasemiblog | 2018-02-07 17:50 | 生きもの情報 | Comments(0)

オオタカとカワセミの夢のコラボ的な。

皆さんこんばんは。

にわかに忙しくなって、
失神しそうな佐藤です。

こういう時はすべてを投げ出し、
ブログ更新するにかぎる。


さて、最近のカワセミ情報ですが、
水元かわせみの里は「カワセミ砂漠」状態。
つまりほとんど飛来しないということです。

どうしたらいいんや。

公園内では普通に見られます。

d0121678_17582789.jpg
やはり金魚展示場前あたりの水路がオススメ。
あそこは魚が捕りやすいみたいで、
間近でダイブが見られます。

またかわせみの里の客足が遠のきますな…。
高橋一生でも来館しないかな。


その他、
「ラクウショウの森」の近くでオオタカに遭遇。

d0121678_18010696.jpg

しばらくじっとして、
シャッと飛び立ちました。

どうもムクドリを襲いにいったように見えたのですが、
はたして。


今日はここまで。


ではまた。



[PR]
# by kawasemiblog | 2018-02-06 18:10 | 生きもの情報 | Comments(0)

足環を調べると…


皆さまこんにちは、コジマです。

先日、毎月1回行っている水元公園全域の鳥類調査をしました!
普段水元かわせみの里周りを見るのとは違い、公園全体を周ってみると50種類もの野鳥が見つかりました。
d0121678_10133570.jpg
キャンプ場北側の小合溜には、コガモと、亜種アメリカコガモ(写真中央の白矢印)がやってきていました。アメリカコガモの雄は胸に縦の白い線があり、コガモには無い点で見分けることができますよ。


さて、その他、公園を回っているとユリカモメの足環付きの個体をいくつか見つけました。

これらの足環は、研究者がユリカモメの移動状況や野外での生存率、年齢による経年変化などを調べるために付けているためで、もし見かけた場合は山階鳥類研究所に連絡すると「いつ、どこで捕獲された個体でその時何歳か、その後どこで見つかっているか」などの情報を教えてもらえます。(足環は、鳥の負担にならないよう十分に軽い素材で作られています)
d0121678_15310220.jpg
この個体は、右足に金属リング、左足に青いリングをつけていて、青リングにはKAと書かれています。この個体は2014年12月に捕獲され、その時に既に成鳥だったので、現在4才以上。
千葉県市川市~葛飾区の堀切橋~水元公園のあたりで確認例がありました。

d0121678_15454063.jpg
こちらの青LRのリングをつけている個体は、なんと2007年生まれ!ということはこの冬で10歳半になります。ユリカモメの長寿記録は、今の所15歳ほどなので、もしかしたら記録を塗り替えてくれるかもしれませんね。
ちなみにこの個体は今までに手賀沼~市川市~旧江戸川などで目撃例があり、水元で見つかったのは今回初?のようです。

普段何気なく見ているユリカモメたちも、足環の情報を通して1羽1羽の詳細が分かるのでとても面白いです。
今年来ていた鳥たちが、また来年、再来年もやってくるかもしれませんし、また別の場所で再会することもあるでしょう。

ユリカモメに限らず、他のいろんな鳥にも足環は付けられています。
研究者の方たちが情報を集めているので、もし足環付きの鳥を見つけたらぜひ教えて下さい!

(かわせみの里のコジマまで連絡して頂いても良いですし、山階鳥類研究所に直接連絡するのでも大丈夫ですよ。)

[PR]
# by kawasemiblog | 2018-02-02 10:47 | Comments(0)

トラツグミ、まだいます。エナガもかわゆい。

皆さんこんにちは。

サトーです。


ああ、突然ビフテキが食べたくなったなぁ。
久しぶりにコクがあるものが食べたいなぁ。
孤独のグルメのようだ。


それはそうと、
トラツグミはミミズのことを「ウマい」と感じているのだろうか。

「このミミズののどごし、たまらん。」
とか感じながら、ミミズ食べているのかなあ。

d0121678_15452805.jpg

ようやく今日撮影に成功したトラツグミ。

茂みと草地を行ったり来たりしながら、
ミミズを食べていました。


お次はエナガ。

d0121678_15521497.jpg
まるで妖精さんのよう。

エナガも木々を移動しながら、
枝につく昆虫などを食べているようでした。

相変わらず、水元のエナガは頭が白っぽいです。



最後はキッズボランティア活動報告。


d0121678_15540752.jpg

皆で一生懸命、
カワセミの営巣壁の整備をしました。
カメラマンさんが撮りやすいよう、
少し見晴らしをよくしましたよ。

カワセミ巣をつくってくれるといいなぁ。


今日はここまで。

ではまた。


[PR]
# by kawasemiblog | 2018-01-28 15:56 | 生きもの情報 | Comments(0)

トラツグミはいて、カワセミはいない。ちょっと悲しげ。

皆さんこんばんは、
サトーです。

栃ノ心、優勝しましたね。

余談ですが、
栃ノ心の故郷、ジョージアの国鳥は、
「オジロワシ」だそうです。



さて、
今日、水元かわせみの里の裏手の森で、
トラツグミが見られました。

が、ガイド中だったので写真はとれず…。

かなり人馴れした個体で、
カメラマンさんのすぐ近くまで寄って来てました。

くやしくて、撮りたくて、
血の涙を流しながらガイドしたです。

参考までに2011年にかわせみの里に来た個体の写真をどうぞ。


d0121678_17454332.jpg

d0121678_17453442.jpg


オメメが可愛いトラちゃん。

今日見た個体は地面に降り立ち、
地中のミミズなどを探している様子でした。


昨日も見られたようなので、
しばらく見られそうです。

明日は撮るぞ!


ではまた。


なお、カワセミは今日もゼロ回…。



[PR]
# by kawasemiblog | 2018-01-27 17:50 | 生きもの情報 | Comments(0)