人気ブログランキング |

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

4月の生きものガイドウォークのお知らせ

皆様こんにちは。コバヤシです。

今日でもう3月が終わる・・・!?
というわけで、4月のガイドウォークのお知らせです。

生きものガイドウォークでは、水元かわせみの里のスタッフが施設周辺の昆虫や野鳥、植物などを解説しながらご案内します。

本日は、水元かわせみの里周辺を散歩していたら、ツマキチョウに出会いました。
4月の生きものガイドウォークのお知らせ_d0121678_15532964.jpg
ツマキチョウは3~5月頃という、春の時期にしか見られないチョウの一種です。
最近の水元かわせみの里では、花から花へと飛び回っている姿を度々見かけます。

また、日当たりの良い草地では、セグロカブラハバチというハチも見られました。
幼虫が葉っぱを食べて生活するハチの仲間で、成虫も人を刺す心配はありません。
4月の生きものガイドウォークのお知らせ_d0121678_15534435.jpg
周辺には交尾しているカップルもいたので、「春だなぁ~」とか思いながらのんびり眺めていたら、そこへクロヤマアリが襲ってきました。
4月の生きものガイドウォークのお知らせ_d0121678_15534872.jpg
近くに巣があって、外敵が来たものと勘違いしたのでしょうか?
交尾中のカップルは、この後たまらず交尾を中断し、飛び去って行きました。

春は恋に勤しむ生きものも多いですが、そこには苦労も多いのですね。
観察日和の陽気が続く昨今、こうした生きものたちの姿を観察しに来てみてはいかがでしょうか?


ガイドウォークは、午前と午後に1回ずつ、それぞれ
(午前) 11:00~11:30
(午後) 13:30~14:00
に行っております。

事前申し込み・参加費は不要。
時間までに、水元かわせみの里カウンターへお越しください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご参加の際には
以下の注意事項を守った上でご参加いただきますようお願いいたします。

●発熱・せき等で体調がすぐれない方のご参加はお控えください。
●ご参加の際にはマスクの着用をお願いします。
●施設内での実施を避けるため、水辺のふれあいルーム入り口前での集合・解散となります。
●観察中は、他のお客様やスタッフと1メートル以上の間隔を保ってください。
●ガイドウォークに一度に参加できるのは当面の間は最大10名までとします。

皆様で安全に生きもの観察を行えるよう、
ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

というわけで、開催日は以下の通りです。

4月のガイドウォークスケジュール(◯の回は開催します)
4月の生きものガイドウォークのお知らせ_d0121678_16000395.jpg

※生きものガイドウォークの開催日は変更となることがありますので、ご了承ください。
 変更があった場合はこの記事を更新しますので、ご確認をお願いいたします。

それでは、お会いできる日を楽しみにしています。

# by kawasemiblog | 2021-03-31 16:00 | 生きものガイドウォーク | Comments(0)

自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!

皆さま、こんにちは。コバヤシです。

先日もブログにてちょこっとお話しましたが、
3月27日(土)に、自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を行いました。

講師は、「コケはともだち」「特徴がよくわかるコケ図鑑」などの著書もある、藤井久子先生にお越しいただき、水元公園の様々なコケを観察しました。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12025019.jpg
まずはじめに、水辺のふれあいルーム内にて、コケについて簡単にお話をいただきました。

コケとは原始的な植物であり、花粉ではなく胞子を飛ばして繁殖します。また根っこがなく、代わりに仮根(かこん)と呼ばれる部位で岩場などにも張り付き、道端や石垣、街路樹など様々な場所に生えるのですが、小さな存在なので気にする人はなかなかいません。
しかし、近づいてよ~く見てれば、コケの中にも様々な形・種類があり、そこには小さな森のような魅力的な世界が広がっているのです。

そんなコケを実際によ~く見るにはどのようにすればいいのか?こうするのです。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12025569.jpg
(※練習のため、水辺のふれあいルーム前に生えているツメクサ類を観察しています。)

これがコケ観察の基本姿勢。
ルーペを目元にくっつけ、その上で地面に生えるコケに顔を近づけて観察するのです。

観察の基本を教わった後は、藤井先生の案内のもと、園路脇に生えるコツボゴケやヒツジゴケなどを観察しました。

自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12031229.jpg
こちらは、岩場に生えていたケギボウシゴケ。観察中に参加者が発見してくれました。
コケは全身から水分を吸収するため、水がかかると葉がひろがり、下の写真のような姿に。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12041786.jpg
このように、コケは水をかけることで、多様な形態の観察も楽しむことができるのです。

また、コケとは少し異なるのですが、地衣類(ちいるい)の観察も案内してくれました。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12050780.jpg
岩や石垣などに見られる、鳥のフンだかチョークの落書きに見えるような、このシミのようなものがそれです。
地衣類とは、藻類(そうるい)と菌類が共生してできたものです。これも水をかけると緑味を帯びるように変色します。
この変色の様子も、霧吹きをかけて観察しました。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12051214.jpg
そんなこんなで観察を続けていたら、あっという間に観察時間が終わってしまいました。
ちょっと慌てて水辺のふれあいルームに戻り、今回見られたコケも含め、まとめの解説をいただきました。
自然学習講座「はじめてのコケ観察会」を実施しました!_d0121678_12095513.jpg
コケは漢字で「苔」と書くように、草などの植物が生えるための「土台」ともなる重要な生きものの一つです。
しかし、近年はコケを観賞用に、山からごっそり採っていかれてしまうことが多いそうです。
むやみやたらと採っていかずに、ありのままの自然の姿を楽しんでもらえたら嬉しいです。


今回の講座を受けて、参加者の皆さまからは、
「コケ自体の理解を通じて自然のつながりや面白みを感じられた。」
「ただ歩いていた道も楽しい発見がたくさんあった。」
「コケを拡大して見るととてもキレイでした。」
「コケにもいろいろと種類と形があるところに魅力を感じた」
などの感想をいただきました。

講師を担当してくださいました藤井久子先生、
講座に参加してくださった皆さま、
お手伝いくださったボランティアの皆さま、
どうもありがとうございました。

# by kawasemiblog | 2021-03-30 12:11 | 自然学習講座 | Comments(0)

第12回フォトコンテスト ポストカード販売開始!

皆さまこんにちは。
水元かわせみの里の野間です。

皆様大変お待たせいたしました。
第12回フォトコンテストの入選4作品のポストカードの販売がいよいよスタートします!
※入選作品の詳細は下記の記事をご覧ください。

皆様の素敵な作品のご応募とご投票、誠にありがとうございました。とっても素敵なポストカードが出来上がりました!

フォトコンテストのポストカードは、水元かわせみの里のみの限定販売です。
ご興味のある方はぜひ、スタッフまでお問い合わせ下さい!

第12回フォトコンテスト ポストカード販売開始!_d0121678_17231364.jpg

ちなみに、すでに完売してしまった回もございますが、過去のポストカードも一部は在庫がございます。
宜しければ、この機に併せてご覧くださいね。とっても素敵なポストカードがそろっていますよ!


# by kawasemiblog | 2021-03-28 15:34 | イベント | Comments(0)

かわせみの里のかわいいコケたち!

みなさんこんにちは、ヨシダです。

今日は自然学習講座、「はじめてのコケ観察会」を実施しました!
詳しい報告は後日にするとして・・・
コケ観察会で見られたコケたちの一部をご紹介したいと思います!

まずはコツボゴケ。桜土手の道沿いの地面に生えてました。
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_18453480.jpg

葉っぱが薄く透明感があるのが特徴です。キレイですね。
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_18463143.jpg

次は、ヒナノハイゴケ。樹皮にびっしり`這う(はう)`コケです。
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_18583777.jpg

コケから伸びているのは胞子が詰まった`胞子体`です。ルーペで見ると咲いた花のような形をしています。
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_19354317.jpg

そして、羊の毛のような形をしたその名もヒツジゴケ。
桜土手の道沿いでコツボゴケの近くで見つけることができました。
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_19030047.jpg

そして、最後は先生のテンションを上げたホウオウゴケ
名前の通り、鳳凰の尾羽の様な形をしたカッコいいコケです。▼
かわせみの里のかわいいコケたち!_d0121678_19072981.jpg


他にも、ノミハニワゴケ、ヤマトヨウジョウゴケなどなど、1時間30分の講座で7種類のコケが見られました!
ぜひ、皆さんも足元のコケに目を向けていてくださいね♬


# by kawasemiblog | 2021-03-27 19:36 | 生きもの情報 | Comments(0)

手すりの上にカラスハエトリ

皆さま、こんにちは。コバヤシです。

今日、園内の手すりの上で、ハエトリグモが歩いているところを見つけました。
これは恐らく、カラスハエトリかと思われます。
手すりの上にカラスハエトリ_d0121678_19275267.jpg
色模様や、頭の両脇に見える黒くて大きな前脚からして、この個体はオスでしょう。
カメラを近づけて撮影する私を、不審そうに見上げています。

ちなみに、真正面からその姿を捉えてみました。
なんか・・・カニみてぇ。
手すりの上にカラスハエトリ_d0121678_19275889.jpg

カラスハエトリなど、ハエトリグモの仲間は、木の枝や葉の上などの開けた場所でよく見られます。
が、個人的にオススメな観察スポットは、野外の手すり。
ここにもハエトリグモの仲間がよく見られる上、こちらとしても手軽に観察できる場所だからです。

ハエトリグモの仲間だけでなく、アリやテントウムシ、ハムシの仲間など、手すりではいろんな虫たちが歩き回っていますよ。
皆さまも、お散歩の際は、手すりの上も眺めながら歩いてみてくださいね。

# by kawasemiblog | 2021-03-26 19:29 | 生きもの情報 | Comments(0)