人気ブログランキング |

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カワセミの巣の整備を行いました!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

26日に、キッズボランティアたちと一緒に
カワセミの巣の整備を行い、無事終わりましたので、ご報告です!

カワセミの繁殖期は2月ごろから始まりますので、毎年この時期に行っています。

カワセミは、土手などに長い横穴を掘り、そこを巣としてその中で子育てをします。
水元かわせみの里では、
カワセミが巣を作れるように、土壁(営巣壁)を作り、
ボランティアさん、キッズボランティアたちと、保全活動をしています


キッズボランティアたちは、
天敵のネコやヘビが、巣の入口に近づきにくいように、
よしずを設置したり、
カワセミの巣の整備を行いました!_d0121678_10125860.jpg

カワセミが周辺の危険を察知しやすいように、鎌を使って草刈りをしたり、
カワセミの巣の整備を行いました!_d0121678_10143610.jpg

カワセミの巣の整備を行いました!_d0121678_10271380.jpg
慣れない道具と格闘しながら、がんばってくれました。


カワセミの巣の整備を行いました!_d0121678_10292053.jpg
整備後のカワセミの営巣壁、こんな感じです。

近いうちにきっと、
子育てに目覚めたカワセミが巣の作れそうな場所か、様子を見に来てくれるはずです。
2019年には、2度の繁殖に成功しているので、
今年も期待したいと思います。


by kawasemiblog | 2020-01-28 10:34 | ボランティア活動 | Comments(0)

雨の日の水元かわせみの里

皆さま、こんにちは。コバヤシです。

今年の冬は暖かい方ですが、最近は雨が多くて普通に寒いですね。
雨が降ってるとカワセミも飛ばないのでは…と思われる方が多いようですが、
当のカワセミはあまり気にしていないようです。
雨の日の水元かわせみの里_d0121678_16260246.jpg
今日はくちばしを何度も大きく開くので、珍しくあくびでもしているのかと思ったら、何やらのど奥から楕円形の塊が…。
…卵か?卵なのか!?(※違います。)
雨の日の水元かわせみの里_d0121678_16260667.jpg
カワセミはそんなピッロ大魔王みたいな繁殖はしません。

これはペリットと言います。食べて消化しきれなかった胃内容物(堅い骨など)を、塊にして吐き出したものです。
この直後、ペリットをペッと吐き出して、ついでにフンもビュッと済ませてから飛び去って行きました。
相変わらず自由だなぁ。

また、近頃はバンも、水辺のふれあいルーム前の岩場にやって来ます。
雨の日の水元かわせみの里_d0121678_16261009.jpg
岩場に生えた草やコケなどをついばんでいました。
普段は人を警戒して、岸辺から離れた所を泳いでいるので、そのバンを間近で見られる機会は貴重です。
ぜひカワセミをはじめ、こうした水鳥たちの姿も見に来てください。


そして、水元かわせみの里では第11回フォトコンテストも絶賛開催中!
お客様からお寄せいただいた、様々な葛飾区内の生きものの写真68作品を展示しており、
入選作を決める投票を行っていただいております。
これぞ!と思うお気に入りの作品に、清き1票をよろしくお願いします。

by kawasemiblog | 2020-01-23 16:30 | 生きもの情報 | Comments(0)

管理作業のお知らせ

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

1月26日(日)10時から12時ごろまで、
水元かわせみの里の敷地内で、管理作業を行います。
管理作業のお知らせ_d0121678_22033192.jpg
カワセミの子育て期が始まる前に、
巣の周りの草刈りや剪定をし、ネコなどの天敵への対策を確認する活動です。
キッズボランティアや大人のボランティアさんと一緒に行います。
雪の予報もありますが、がんばります。

カワセミの観察に影響がでる可能性もありますが、
なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。



by kawasemiblog | 2020-01-23 10:51 | お知らせ | Comments(0)

フォトコンテスト作品展がはじまりました!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

本日・1月17日より、
第11回フォトコンテストの作品展がはじまりました!
フォトコンテスト作品展がはじまりました!_d0121678_20264051.jpg

葛飾区内に生息する生きものを主体とした写真をお客様からお寄せいただき、
今回は史上最多の68作品のご応募をいただきました!


フォトコンテスト作品展がはじまりました!_d0121678_20341916.jpg
おかげさまで、とてもにぎやかです。
生きものの美しい姿や印象的な行動などが切り取られていて、
撮影された方はさぞ楽しかっただろうな、と思われる作品をたくさんいただきました。
ありがとうございます!!

展示期間は、2月16日(日)までです。

展示期間中には、入選作を決める投票を行っていただいています。
フォトコンテスト作品展がはじまりました!_d0121678_20330992.jpg
これぞ!と思うお気に入りの作品に、清き1票を投じてください。
入選作に投票された方の中から、抽選で40名様に、
その作品のポストカードをお送りいたします。




by kawasemiblog | 2020-01-17 20:44 | イベント | Comments(0)

アライグマの激闘と最近の野鳥

お久しぶりです、タカハシです。
今日は変わった情報をお客様にいただきましたので、簡単にご紹介したいと思います。
まずはこちらの写真をご覧ください。
アライグマの激闘と最近の野鳥_d0121678_16123901.jpg
(アライグマ 2020.1.17 8時頃 ペンネーム:秋雅様より提供)

この写真は来館された方よりいただいたものです。
すごいのけ反りをしていて一瞬何かわかりませんでしたが、アライグマ2匹が水中で争っている様子とのことです。
他にも写真をいただきましたが、どれも背中を噛んだり水中に引き倒したり…。
生で見るとかなり迫力があったとか。
激闘の末、アライグマはそれぞれ別々の方向へ立ち去ったとのことでした。

こんな光景が見れるようになるほどアライグマが増えたのかと複雑な思いを抱えつつも、
いくら泳ぐのが得意だからって水中で争うなんて! と少し苦笑してしまいました。

アライグマの件も面白かったのですが、私が最近観察した野鳥たちもご紹介します。
アライグマの激闘と最近の野鳥_d0121678_16291175.jpg
少し前までめっきり姿を見せなくなっていたジョウビタキのメスでしたが、
1月12日から15日まで、連日のように水元かわせみの里近辺にやってきてくれました。
オスもやってきてくれると嬉しいのですが。

アライグマの激闘と最近の野鳥_d0121678_17550708.jpg
そのほか、年末12/29とちょっと古い話なのですが…
ガマ田付近では数羽のマヒワがハンノキの種子をついばんでいる姿が見らました。
この日は残念ながらオスの個体は見つからず。

また何か珍しい生きもの情報が得られましたら、ブログでお知らせしますね。

by kawasemiblog | 2020-01-17 18:28 | 生きもの情報 | Comments(0)

フォトコンテスト作品ご応募は、本日まで。

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

第11回フォトコンテストの作品ご応募は
本日が〆切です。
フォトコンテスト作品ご応募は、本日まで。_d0121678_10323695.jpg
みなさまの作品、お待ちしています!

by kawasemiblog | 2020-01-13 08:39 | イベント | Comments(0)

オオタカ出現!「冬のバードウォッチング(初心者向け)」

みなさま、こんばんは。コバヤシです。

本日は、自然学習講座「冬のバードウォッチング(初心者向け)」を行いました。
講師には、NPO法人生態教育センターの中村忠昌先生にお越しいただき、
主に水元小合溜で見られる野鳥を観察しました。
オオタカ出現!「冬のバードウォッチング(初心者向け)」_d0121678_19230420.jpg

水元かわせみの里を出発し、カワセミをはじめ、アオサギなどのサギ類や、マガモやカルガモといったカモ類などを観察しました。
オオタカ出現!「冬のバードウォッチング(初心者向け)」_d0121678_18592423.jpg
(マガモAnas platyrhynchos 2020.1.11 水元小合溜)

途中、カモたちを狙って、不意にオオタカが目の前を通過しました。
狩りはしませんでしたが、あまりに一瞬の出来事にカメラを構える隙もなく…無念!

そこからキャンプ場、ポプラ並木を進み、ツグミやカワラヒワ、モズなどを観察。
オオタカ出現!「冬のバードウォッチング(初心者向け)」_d0121678_18594191.jpg
(ツグミTurdus naumanni 2020.1.11 キャンプ場付近

最後は、せせらぎ広場に到着したところで終了となりました。

今回確認された野鳥は、
マガモ
カルガモ
コガモ
カイツブリ
キジバト
ドバト
カワウ
アオサギ
コサギ
ダイサギ
オオバン
ユリカモメ
オオタカ
カワセミ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
シロハラ
ハクセキレイ
シメ
ジョウビタキ

計28種類でした。

野鳥の生態や野鳥観察のコツを丁寧に解説してくださった中村先生、
また、お手伝いに来てくださったボランティアのみなさま、
そして、講座に参加してくださったみなさま、
どうもありがとうございました。
オオタカ出現!「冬のバードウォッチング(初心者向け)」_d0121678_18594714.jpg
(ハクセキレイMotacilla alba 2020.1.11 せせらぎ広場)

冬は木の葉が落ち、野鳥観察がしやすい上、多くの冬鳥が見られます。
本日観察できた他にも、様々な野鳥が水元公園では見られますので、
今後もぜひ、水元公園でバードウォッチングを楽しんでみてください。


なお、講師を務めていただいた中村先生がスタッフをされている葛西臨海公園の鳥類園でも、
いろいろな野鳥が見られ、それをスタッフが解説をしてくれます。
お隣の葛西海浜公園は、一昨年に都内で初めてラムサール条約湿地に登録され、
水鳥の生息地として、世界的にも貴重な湿地だということが認められました。

毎月第2日曜日には、1時間のガイドツアーも行われていますので、
気になる方はぜひ、葛西臨海公園鳥類園にも、足を運んでみてください。



by kawasemiblog | 2020-01-11 19:07 | Comments(0)

フォトコンテスト〆切まで、あと4日!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

第11回フォトコンテストの作品ご応募〆切まで、
残すところあと4日となりました。

フォトコンテスト〆切まで、あと4日!_d0121678_10323695.jpg

〆切は、
2020年1月13日(月・祝)(当日消印有効です。

葛飾区内で生息する
様々な生きものの写真をお待ちしています。

すでにご応募いただいたみなさま、
ありがとうごさいます。
写真の中の様々な生きものがステキなのはもちろんですが、
撮影された方の視点やこだわりもそれぞれで、
拝見していてとても楽しいです。

しつこいてすが、
あと4日で〆切です。
みなさんの作品をお待ちしています!


by kawasemiblog | 2020-01-10 00:00 | イベント | Comments(0)

新年最初の

みなさま、こんにちは。コバヤシです。

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本日より水元かわせみの里も開館日を迎え、新年スタートいたしました。
みなさま、今年も何卒よろしくお願いいたします。


早速ですが、新年一発目の生きもの情報をちょろり。

水元かわせみの里には、去年までと変わらずカワセミが飛んできてくれています。

また、水辺近くの木を探すと、カワラヒワがアキニレの実を食べにやって来ていました。
新年最初の_d0121678_17375733.jpg
実をくちばしに咥えたものの、飲み込む前にポロッと落としちゃった瞬間です。
実が浮いてるワケじゃないです。
新年最初の_d0121678_17380471.jpg
この時は30羽ほどの群れで、10分以上もあちこちでついばんでいました。アキニレ大人気。

また、ポプラ並木にはアオジも見られました。
新年最初の_d0121678_17381194.jpg
他にも、シジュウカラやコゲラの群れが木々を飛び回っていたりと、小鳥の観察が楽しい新年です。


そしてそして、そんな水元公園の野鳥を観察する自然学習講座
冬のバードウォッチング(初心者向け)
1月11日(土)に開催します。
まだ予約に空席がありますが、ホントに残りわずか!
まだ申し込まれていない方は、ぜひお早めに水元かわせみの里までお電話ください!

くわしくは、こちら!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座「冬のバードウォッチング(初心者向け)」

水元公園の野鳥を観察しながら、その生態や他の生き物との関係について解説します。
【日時】令和2年1月11日(土)午前10時~12時まで(雨天決行)
   
【会場】
水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】どなたでも。小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【講師】中村 忠昌 (NPO法人 生態教育センター 上席指導員)

【費用】無料

【持ち物】双眼鏡(お持ちの方)

【その他】暖かい恰好でお越しください。

【申込方法】水元かわせみの里へお電話、または窓口まで。

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by kawasemiblog | 2020-01-05 17:56 | 生きもの情報 | Comments(0)