人気ブログランキング |

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年最後の

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

いつ間にやらクリスマスが終わり、
水元かわせみの里は、本日が2019年最後の開館日です。
明日・12月28日からしばらくお休みです。

今年もみなさまには大変お世話になりました。

今年もいろいろありましたが、
水元かわせみの里として一番のニュースは、
やっぱりカワセミのヒナが、敷地内の営巣壁から無事巣立ったことでしょうか。

しかも2回も。

これにあやかって、
また来年もうまく繁殖してくれたらと祈るばかりです。

こちらは本日のカワセミ。
今年最後の_d0121678_12274138.jpg
朝日を浴びて、羽がきらめいていました。
カワセミには年末年始のお休みはないので、ずっといてくれると思いますが、
また来年もお願いしますよ。

そして、
2020年は、1月5日(日)から開館です。

もしも、
フォトコンテスト の作品の応募忘れてた!
という方がいらっしゃいましたら、
1月5日にお待ちしています。
ちなみに、〆切は1月13日(月・祝)ですので、お気をつけください。

その他、2020年もいろいろなイベントや講座、
ボランティアさんやキッズボランティアとの活動を行っていきます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

みなさまよいお年をお迎えください!

by kawasemiblog | 2019-12-27 12:42 | 生きもの情報 | Comments(0)

1月のガイドウォーク

みなさま こんにちは、コバヤシです。

いつの間にか、もうクリスマスですね。
ということは、もうすぐ年が明けて、1月がやって来ますね。

ということで、1月の生きものガイドウォークのお知らせです!

生きものガイドウォークでは、
水元かわせみの里のスタッフが
施設周辺の昆虫や野鳥、植物などを解説しながらご案内します。

最近、水元かわせみの里周辺にはコゲラがよく飛んで来ています。
「ビィ」と短く鳴きながら、木の幹から枝先へと、登りながら木をつついています。
1月のガイドウォーク_d0121678_14421703.jpg
そんなコゲラのお目当ては、木の中に隠れている小さな生きものたちです。
例えば、並木道にあるポプラの木の皮の間には、ヨコヅナサシガメなどの昆虫がよく見つかります。
1月のガイドウォーク_d0121678_14555167.jpg
狭い場所に隠れることで、鳥などの外敵や、寒さや乾燥からも身を守っています。

冬に多く見られる野鳥たちや、厳しい寒さを乗り越える昆虫たちの姿を、少しだけ覗きに行きませんか?
もちろん、施設周辺にやって来るカワセミやカワウが、魚を捕まえる姿もまだまだ見られますよ。


ガイドウォークの時間は、
午前11時から、
午後1時30分から、それぞれ30分。

事前申し込みは不要。
時間までに、水元かわせみの里カウンターへお越しください。

しかも無料!

ということで、開催日は以下の通りです。

1月のガイドウォークスケジュール(◯の回は開催します!)
1月のガイドウォーク_d0121678_14361881.jpg

※開催日は変更となることがありますので、ご了承ください。
 変更があった場合はこの記事を更新しますので、ご確認をお願いいたします。

1月12日(土)は、午前・午後とも、ミニイベント「えほんタイム」を行います。
絵本を読んで、絵本に登場した生きものを観察しよう、というものです。
ぜひこちらもご参加ください!
事前申込不要・無料です。

by kawasemiblog | 2019-12-24 15:06 | 生きものガイドウォーク | Comments(0)

年末年始の休館日のお知らせ

皆様、こんにちは。コバヤシです。

曇りや雨の日には気温がグッと下がり、外に出るのもおっくうになるほど寒いですね。
そんな中でも、カワセミは毎日飛んで来てくれています。
年末年始の休館日のお知らせ_d0121678_16050592.jpg
さて、恐らく年末年始もカワセミは変わらず飛んで来てくれるのでしょうが、水元かわせみの里はお休みをいただいてしまいます。
今年は
12月28日(土)~1月4日(土)までお休みです。

皆様、良いクリスマス、良いお年をお過ごしください。

by kawasemiblog | 2019-12-21 11:29 | Comments(0)

自然学習講座「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

今日は、
水元かわせみの里の自然学習講座
「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。

野鳥が生きていくために大切なものは、なんでしょう?
という、壮大な問いかけから始まりましたが、
要は、
野鳥が好きな「水」「かくれ場所」「食べ物」を知ろう、そして、観察しに行こうというものです。

鳥の気持ちになって、食べ物をとるゲームをやってみて、


自然学習講座「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。_d0121678_17202350.jpg

その後は、水元公園で野鳥観察をしました。

自然学習講座「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。_d0121678_17220345.jpg

よーく姿を見せてくれたダイサギ。
食べ物は魚。
水元公園の池、水元小合溜は、獲物となるお魚が豊富です。

自然学習講座「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。_d0121678_17190561.jpg


マガモの群れも見られました。
かくれ場所にぴったりな水辺の木陰が、水元公園にはたくさんあります。

自然学習講座「野鳥がよろこぶ環境を知ろう」を行いました。_d0121678_18113329.jpg

もちろん水も豊富。
でも、ヒヨドリなどが首を伸ばして苦労しながら水を飲んでいたので、
小鳥たちが安心して水を飲めるような、
浅い水辺がもっとあるといいですね。

水元公園は、野鳥がよろこぶ環境のようだ、ということがわかりました!

ご参加いただいたみなさん、寒い中ありがとうございました!
また観察に来てください。
そして、おうちの近くに、野鳥のよろこぶ環境がないか、探してみてください。

最後に、
今日見られた鳥たち(見つけた順に)

カワウ
ヒヨドリ
オナガ
カワセミ
ツグミ
ダイサギ
オオバン
アオサギ
バン
ハシブトガラス
カルガモ
マガモ
カイツブリ
キジバト
ジョウビタキ(オス)
ホシハジロ
ムクドリ
ハシボソガラス

以上18種類でした。




by kawasemiblog | 2019-12-15 18:11 | 自然学習講座 | Comments(0)

本日より、フォトコンテスト受付開始!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

本日12月14日より、
第11回 フォトコンテストの作品の受付を開始しました!

本日より、フォトコンテスト受付開始!_d0121678_10323695.jpg

今回は、
写真の対象を、葛飾区に生息する 生きもの、としています。
これまでよりも、いろいろな生きものの写真を
お寄せいただければと思っています。

みなさんの作品を
スタッフ一同、楽しみにお待ちしています!

by kawasemiblog | 2019-12-14 21:23 | イベント | Comments(0)

もうすぐクリスマス

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

もうすぐクリスマス。
ということで、水元かわせみの里もちょっとだけクリスマス仕様になりました。

もうすぐクリスマス_d0121678_17035387.jpg

もうすぐクリスマス_d0121678_17072861.jpg
もうすぐクリスマス_d0121678_17054999.jpg
もうすぐクリスマス_d0121678_17132552.jpg
ボランティアさんと作ったリースは立派にできました。
飾りの植物は、みんな施設周辺のものです。
どの植物だか探してみてください。


さて、カワセミは、ここ数日は午後の方がよく姿が見られます。
魚をとることもあり、
ライバル2羽がバッタリかち合うこともあり、
いろいろな姿が見られますよ。

by kawasemiblog | 2019-12-12 17:23 | 生きもの情報 | Comments(0)

冬の野鳥観察イベント 絶賛予約受付中!

皆様、こんにちは。コバヤシです。

12月7日の「冬越しする昆虫を探そう」の講座は、当日雨が降ってはいたものの、なんとか野外での観察もできて、たくさんの生きものを見つけることができました!
雨で寒い中お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。ぜひまた水元かわせみの里まで、生きものを探しに来てくださいね。


さて、冬の昆虫観察の講座が終わり、次は野鳥観察の講座です。

12月15日(日)「野鳥のよろこぶ環境を知ろう」
1月11日(土)「冬のバードウォッチング(初心者向け)」

「野鳥観察は初めて」という方も大歓迎!一緒に水元公園の野鳥たちを観察しましょう。
「冬のバードウォッチング(初心者向け)」では、葛西臨海公園鳥類園でも観察ガイドを務めている中村忠昌先生が講師を務めてくださいます。
どちらもまだ少し予約に空席が残っていますので、参加ご希望の方は、ぜひ水元かわせみの里までお電話ください!
冬の野鳥観察イベント 絶賛予約受付中!_d0121678_19583287.jpg
冬の野鳥観察イベント 絶賛予約受付中!_d0121678_19582104.jpg
くわしくは、こちら!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座 かつしか生物多様性講座(初級)「野鳥のよろこぶ環境を知ろう」

かつしかの生きものを知る第一歩として、野鳥が好む環境について知り、野鳥観察を行います。
【日時】令和元年12月15日(日)午後1時から3時まで(雨天決行)
   
【会場】
水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】親子・子ども向け。小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【講師】水元かわせみの里スタッフ

【費用】無料

【持ち物】双眼鏡(お持ちの方)

【その他】暖かい恰好でお越しください。

【申込方法】水元かわせみの里へお電話、または窓口まで。

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座「冬のバードウォッチング(初心者向け)」

水元公園の野鳥を観察しながら、その生態や他の生き物との関係について解説します。
【日時】令和2年1月11日(土)午前10時~12時まで(雨天決行)
   
【会場】
水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】親子・子ども向け。小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【講師】中村 忠昌 (NPO法人 生態教育センター 上席指導員)

【費用】無料

【持ち物】双眼鏡(お持ちの方)

【その他】暖かい恰好でお越しください。

【申込方法】水元かわせみの里へお電話、または窓口まで。

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


by kawasemiblog | 2019-12-08 20:38 | 自然学習講座 | Comments(0)

明日・12月7日「冬越しする昆虫を探そう」空席あります!

皆様、こんにちは。ヤマザキです。

明日の自然学習講座「冬越しする昆虫を探そう」ですが、
キャンセルの方があり、少し空席がでました。

参加したい!という方は、ぜひ水元かわせみの里までお電話ください。
明日・7日の朝9時から受付ます。

明日は雨で、寒いですが、それでも水元公園には昆虫はいます!観察できます!

大雨だったら、野外に行くのは控えますが、室内で観察します。
冬の昆虫探しのコツはわかっていただけると思います。
明日・12月7日「冬越しする昆虫を探そう」空席あります!_d0121678_19353591.jpg
明日・12月7日「冬越しする昆虫を探そう」空席あります!_d0121678_19352310.jpg


くわしくは、こちら!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座「冬越しする昆虫を探そう」

冬を越す昆虫の見つけ方や、生態について解説します。
【日時】令和元年12月7日(土)午後1時から3時まで(雨天決行)
   
【会場】
水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】親子・子ども向け。小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【講師】水元かわせみの里スタッフ

【費用】無料

【持ち物】なし

【その他】暖かい恰好でお越しください。

【申込方法】(先着順)

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


by kawasemiblog | 2019-12-06 19:38 | 自然学習講座 | Comments(0)

中学生とヤゴ調査

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

先日、葛飾区内のK中学校の生徒さん2人が、
水元かわせみの里に来てくれました。
中学校の授業の職場体験の一環で、水元かわせみの里のお仕事を体験してもらいました。

最終日のお仕事は、
田んぼビオトープのヤゴ調査。

この田んぼビオトープは、
葛飾区の生物多様性推進協議会の小さな水田普及啓発部会の活動の一環で設置したもので、
キッズボランティアによる稲刈りが終わり、
現在は「ふゆみず田んぼ」として、
冬も水を入れて、生きものが利用できるようにしています。
中学生とヤゴ調査_d0121678_18194922.jpg
ヤゴ調査は、「ふゆみず田んぼ」の表面に浮いた水草や、泥をすくいとって、
トンボの幼虫・ヤゴがいないか探すというものです。
中学生とヤゴ調査_d0121678_18370984.jpg
はじめはおっかなびっくりだった中学生さんですが、
1匹見つけると、次々に小さなヤゴを発見!


結果は、
イトトンボ科のヤゴが32匹も!
種類は確定できませんでしたが、アオモンイトトンボかアジアイトトンボのようです。
中学生とヤゴ調査_d0121678_18174613.jpg
中学生とヤゴ調査_d0121678_18171458.jpg
「ふゆみず田んぼ」は、ちゃんとトンボに利用されていました。

そして
「虫はさわったことありません」と涼やかに話していた中学生さんが、
ヤゴを自らさわってみたり
「ヤゴかわいい」とまで言ってくれたことに感動しました。
中学生さんたち、がんばってくれてありがとう。
ヤゴ調査をお仕事にする確率は低いと思いますが、
ここで体験したことが、今後の進路のなにかの役にたったらいいな。

ヤゴたちは再び「ふゆみず田んぼ」に戻し、
トンボになるのを待ちます。
ということで、「ふゆみず田んぼ」をあたたかく見守っていただけるとうれしいです。

by kawasemiblog | 2019-12-03 18:45 | 生きもの情報 | Comments(0)