人気ブログランキング |

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生きもの情報( 744 )

ハグロトンボ!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

今朝はこんなトンボに出会いました。

d0121678_10083867.jpg
ハグロトンボ。

はねが黒いトンボは水元公園ではあんまり見ないので、ちょっとした憧れがあります。

「小合溜井~水元公園の自然と文化~」(1999年 葛飾区郷土と天文の博物館発行)に掲載されている
水元の動植物目録にも、ハグロトンボの記録があるので
昔から水元公園で生息していたようです。

じつは、去年は写真を撮り損ねて、記録できなかったので、
1年ぶりに雪辱を果たすことができました。

今度は水辺を飛ぶ姿が見たいなあ。

by kawasemiblog | 2019-08-02 10:24 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ なわばりバトル中

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

今日は朝からカワセミがにぎやかでした。
先日、雛が巣立ったようですが、
今度はなわばり争いがはじまったようです。

やってくるのは、
オスの成鳥と、幼鳥たち。
幼鳥は少なくとも2羽はやって来ています。

中でも一番、はりきっているのが、下の写真の幼鳥のメス。
d0121678_16191970.jpg
この個体は、成鳥のオスを追いかけまわして追い払っていました。

ちなみに、幼鳥と成鳥の違いは、
幼鳥は羽の色がくすんでいて、脚の色も黒っぽいところです。
おとなの脚は赤~オレンジ色です。

だれが水元かわせみの里の主になるのか、これからが楽しみです。




by kawasemiblog | 2019-07-09 16:26 | 生きもの情報 | Comments(0)

どうもカワセミの雛が巣立ったようです!

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

どうも なんだか カワセミの雛が巣立った、ようなのです。

なぜ、こんな奥歯にものが挟まったような言い方かというと、
巣立ちの場面をスタッフが確認できなかったからです。

今朝もカワセミの父がやってきて、大きなエビを捕ったのですが、
その後、雛が待っているはずの巣穴ではなく、
よそへ運んで行ってしまいました。
d0121678_17042770.jpg
よその場所に、巣立った雛を連れて行って、
そこで食事をあげているのだと思います。

お客様からは、
「かわせみの池で、親子を見たよ」
「大場川の方に行ってたよ」
という情報もいただいていますので、間違いなさそうです。


かわいい巣立ち雛の写真をお届けできず、申し訳ない。
でも、カワセミカップルとしては、
今シーズン2回目の繁殖も成功したようで、とてもめでたい!

という複雑な気持ちです。
もしかしたら、まだ巣の中に、雛が居残っているんでは?と思い、
明日も待ってみたいと思います。

by kawasemiblog | 2019-07-06 17:15 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミがめちゃくちゃ来ています

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

カワセミがめちゃくちゃ来ています。
おとついは23回!
本日は、12:40分現在でもう15回!!
新記録なるか。

親カワセミが、巣の中のヒナに魚を運んでいる姿が見られることが多いです。
繁殖期で警戒心が強い時期なので、
あまり長居してくれるわけではありませんが、チャンスは多いですよ!


というわけで、カワセミ話題が多いので
今日見られた植物を。

d0121678_12480562.jpg
ネムノキ。
ピンク色の部分は、おしべです。
チョウやハチの仲間が花の蜜に集まってきます。
あまい香りがしますよ。

d0121678_12551433.jpg




d0121678_12480937.jpg

こちらはネジバナ。
花がらせん状につくので、この名前があります。
草地などに咲く小さな花なので、足もとをよく探してみてください。

どちらも水元かわせみの里の周りで見られます。
そして、どちらもたまたまですが、かわいいピンク色です。

by kawasemiblog | 2019-06-18 13:03 | 生きもの情報 | Comments(0)

水元昆虫探訪之記

皆さんご無沙汰しております。

サトーです。
無事です。

長らくブログ更新サボっておりました。

心のゆとりが無いと、
ブログは書けぬのです。
そう、書けぬのですよ。

わずかなゆとりをかき集めて、
ブログを更新したいと思います。


まずはこちらの生きものをご紹介。

d0121678_16083276.jpg

アオオビハエトリ。
アリを好んで捕食するクモです。

なぜ第一脚を高々と上にあげているのだろう。

調べると、「獲物であるアリに擬態している」と書いてある所が多かったです。

本当かしら。

アリってそんな高々と触覚あげながら歩かないと思いますしね。

ご存知の方いらっしゃいましたらサトーまでご連絡ください。


次はアブラムシ。
嫌いな人はゴメンナサイ。
すみやかにページ移動してください。


d0121678_16180760.jpg

モモコフキアブラムシ。
ヨシの葉にたくさんつきます。

色んな形のものがいますが、
中に妙に真ん丸な奴いますね。

おそらくこれは寄生蜂に寄生された個体だと思われます。
このようになった個体のことを「マミー(ミイラのこと)」といいます。

そのうち腹部からパカッとハチが出てくると思います。

余談ですが、
日本で人気の映画「ハムナプトラ」の原題も、
「ザ・マミー」ですね。


d0121678_16271694.jpg

ヒメジョオンの花にはベニシジミが。

普通にみられる種なので馬鹿にされがちですが(してないか)、
写真でしっかり撮ると、とても綺麗なチョウです。
前にもこんなこと書いた記憶があるな。


しかしこんな派手で鳥に狙われないのかしら。

幼虫期はギシギシなどのシュウ酸をよく含む葉っぱ食べるから、
おいしくないのかもしれません。

テントウムシと同様、
「私まずいです」アピールしているのかもしれませんね。

これは私の勝手な推測ですので、
気になる人はベニシジミを食べてみてくださいね(嘘よ!)。


今日はこんな所で。


ではまた。

by kawasemiblog | 2019-06-05 16:35 | 生きもの情報 | Comments(0)

水元公園のショウブの咲き具合情報

こんにちは、高橋です。

現在、水元公園では2019葛飾菖蒲まつりが開催されております。
そこで、水元のスタッフが確認したショウブの開花状況をお伝えしたいと思います。
まず、そもそも咲いているのかといえば…

d0121678_15400993.jpg

ショウブは青々とした花を咲かせていました!
かつまるガイドによると、一番花は5月14日に咲いていたようですね。
紫や白のショウブも咲いており、特に白は密集している場所が多いようでした。
花の咲き具合は、まだ満開とはいかないようです。

d0121678_15421888.jpg
開花状況は2~3割といったところで、咲いている場所と咲いていない場所の差が大きいですね。
上の写真は水元大橋そばの、はなしょうぶ園東側のものですが、ここが最もショウブが密集していました。
そこでも開花状況は4割程度で、満開とは言えない状況です。
ですが、続々と花開いていっておりますので、見ごろはまだまだこれからといった所です。

なお、グリーンプラザ付近のショウブも咲き始めています。こちらも2割程度ですので、まだまだこれからですね。

2019葛飾菖蒲まつりの開催期間は2019年5月27日(月)から6月16日(日)となっておりますので、
ぜひショウブを見に水元公園までいらしてください。

by kawasemiblog | 2019-06-02 18:13 | 生きもの情報 | Comments(0)

5月の生きもの情報:季節の鳥と生きものたちの成長

こんにちは、高橋です。

今週に確認された、この季節ならではの生きものたちの様子をご紹介します。

記念広場付近の水辺ゾーンでは、オオヨシキリが枝先でさえずる姿が見られるようになりました。
d0121678_14163501.jpg
写真:オオヨシキリ さえずり中

季節の鳥は、サンコウチョウの目撃情報が。昨日はバードサンクチュアリでメスが確認されています。
そのほか、水元公園は幼鳥ラッシュが始まっています。
カワセミの幼鳥もですが、シジュウカラやハシボソガラスも幼鳥が見られるようになりました。

一年中見られる鳥ですが、写真を狙うと意外と撮りづらいエナガもなんとか写真が撮れました。
水浴びをした直後のため、とてもワイルドな姿になっています。
d0121678_14244182.jpg
写真:エナガ 水浴び直後

また、本日は一週間ほど前から飼育していたヤゴが羽化しました。
トンボの姿で判明しましたが、オオシオカラトンボのヤゴだったようです。

d0121678_15440919.jpg
写真:オオシオカラトンボの抜け殻
d0121678_15255097.jpg
写真:オオシオカラトンボ成虫

春の終わりから初夏にかけて、夏鳥の渡来以外にも、鳥類の育雛や、
昆虫たちの羽化など、様々な生きものの成長を楽しめる時期となっています。

水元公園にお立ち寄りの際は、季節の生きものや、生き物たちの成長にぜひご注目ください。

by kawasemiblog | 2019-05-18 18:15 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミの求愛給餌が見られました!

こんにちは。小林です。

先週、カワセミの雛が巣立ちましたが、
再び子育てを始めるようです。
今週は求愛給餌が見られました。

メスがひっきりなしに鳴いて、オスを呼び立てます。
オスはすぐそばで魚を獲り、そのままメスのもとへ。

d0121678_14500807.jpg

左がオスで、右がメスです。よく見ると、オスは魚を咥えています。
ササッと獲って来るあたり、さすがは旦那さん!

d0121678_14501449.jpg
d0121678_14501835.jpg

メスへ魚をプレゼントした後、交尾も行われました!
…が、一瞬の出来事だったので、そこは撮り逃してしまいました…。残念!

また新たな雛が見られるようになるのでしょうか?楽しみです。
引き続き、2羽の進展を観察します。

by kawasemiblog | 2019-05-16 15:58 | 生きもの情報 | Comments(0)

5月の生きものたち


こんにちは、高橋です。

5月も中ごろ、寒暖の差も激しい今日この頃ですが、
植物たちは少しずつ実をつけ始めてきました。

野草園内ではヤマモモが。
d0121678_15302359.jpg

かわせみの里の近くではヤマグワの実が熟しはじめています。

d0121678_17002024.jpg

ヤマグワの写真を撮っていると、さっそくごちそうを狙ってキジバトがやってきました。
黒く熟した美味しいヤマグワの実をついばんでいます。
既に地面に落ちている実を食べるキジバトもいて、ヤマグワは彼らに大人気のようです。

d0121678_17081184.jpg


そのほか、水元かわせみの里で飼っている生きものにも変化が…


d0121678_17150963.jpg

ニホンアカガエルのオタマジャクシを飼育していましたが、
ついにカエルになる個体が出てきました!
(ガラスに張り付いていますが、彼らの指には吸盤はありません。水のおかげで張り付いているだけで、この後すぐに落ちてしまいました)
この個体は尾が少しだけ残っているところに愛嬌を感じます。

カエルになった個体は順次野草園へ返す予定ですので、
愛嬌のあるニホンアカガエルたちに会いたい方は、
お早めに水元かわせみの里にお越しください。

by kawasemiblog | 2019-05-14 18:10 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ巣立ちました!

おはようございます、ヤマザキです

カワセミの雛、巣立ちました!

お客様からの情報によると
5月8日に1羽、
5月9日(今日)は2羽。

なんとスタッフが不在の休館日に巣立ちしてしまいましたが、
でも無事に巣立ってよかった。
見守ってくださったみなさま、ありがとうございます!!

かろうじて、9日の巣立ち雛を見ることができました。

d0121678_10151346.jpg
撮影時間は朝8時ごろ。
巣立ったばかりの幼鳥です。
全体的に成鳥よりも色がくすんだ感じです。


この30分ほど後、
親鳥がよそに連れて行ってしまいました。
おそらく大場川方面にいったのかと思います。


親鳥が巣穴に入っていったので、
もしかしたら、まだ巣の中にいるのかもしれません。
だったらいいな。
引き続き観察します。

by kawasemiblog | 2019-05-09 10:24 | 生きもの情報 | Comments(0)