水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生きもの情報( 693 )

アリの巣大解剖!

皆さんこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

現在水元かわせみの里では、「土の中の生きもの展」を開催しています!

d0121678_07181740.jpg

土の中にすむ生きものや、ダンゴムシの生態、土の中の生きものの自然界での
役割など、土の中の生きものの、さまざまなことを紹介しています。

その展示物の1つとして、トビイロケアリの巣を飼育展示していますが、
アリが体長約3~4mmと小さいので、慣れないと観察がしにくい...
そこで、今回はトビイロケアリの、巣の中について簡単に紹介します。


始めに女王アリ

d0121678_18005480.jpg
中央にいる大きなアリが女王アリです。
この種の女王アリは1つの巣に1匹ですが、
種類によっては1つの巣に複数の女王アリがすんでいます。


次は卵

d0121678_18031266.jpg
中央の白いツブツブがすべて卵です。推定150個くらい?
周りで、働きアリが卵の世話をしています。


その次は幼虫


d0121678_18293403.jpg

さっきの卵が孵化するとイモムシになります。
左側に見えている緑色の物体は、働きアリが幼虫の食べものとして運んできたアブラムシです。
実はアリの小さいころはイモムシだってこと、皆さんは知っていましたか?


次は蛹

d0121678_18114288.jpg
幼虫がある程度大きくなると、働きアリが幼虫の周りに土や食べかすをのせて、
幼虫が繭を作りやすいように手助けをします。
繭の端っこに見える黒い点は、幼虫が蛹になる寸前に出したフンです。


蛹が羽化して、ついに働きアリが生まれます。

d0121678_18150168.jpg
生まれたばかりは、色がとても薄いです。
何日かすると、だんだん色が出てきて黒くなります。

このように、アリは 卵 → 幼虫 → 蛹 → 成虫(働きアリ)という流れで成長します。

アリの巣は普段は土の中など、目に見えない場所にあることがほとんどです。
そんなアリの巣の中での様子が、館内で観察できます!
他にもダンゴムシやダンゴムシの迷路など、楽しい展示がたくさんありますので、
水元かわせみの里へぜひ、遊びに来てください!

[PR]
by kawasemiblog | 2018-04-13 18:36 | 生きもの情報 | Comments(0)

春の生きものぞくぞく

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

4月に入り、あっという間に1週間たってしまいました。
夏のような暑い日だったかと思えば、
今日は強風で、花曇りのお天気です。

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、
春らしいお花や昆虫がいろいろ見られるようになりました。

d0121678_16590299.jpg
ドウダンツツジの花。

d0121678_16595037.jpg
ヤマブキの花。

ナナホシテントウや、キムネクマバチ、モンシロチョウなども。

その中で今日の一押しは、こちら。
d0121678_17225890.jpg


ミノウスバ というガの幼虫です。
食草のひとつである、マユミの葉を食べていました。

毒はありませんので、触っても問題ありません。
ムニムニした手触りです。
今日のガイドウォークに参加してくれた小学生の女の子は、「やわらかくて気持ちいい!」と言ってくれました。

この後しばらくするとさなぎになり、
11月ごろには、蓑笠のような体をして、透明なはねを持つ成虫になります。
幼虫が見られるのはこの春先だけなので、
春を感じさせてくれる生きもののひとつです。


そんな春真っ只中ですが、カワセミはただ今行方不明です。
かわせみの池でもここ数日はあまり見られません。
どこで繁殖してるんでしょう。
見かけた方、いらっしゃいましたら教えてください。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-04-06 17:23 | 生きもの情報 | Comments(0)

ついに巣作り始まる!?

みなさま こんにちは、ヤマザキです。

今朝は、
ついに、
カワセミが敷地内の営巣壁を掘っているのを確認しました!

カワセミの巣作りが始まるようです!


d0121678_20313447.jpg

営巣壁の前から飛び立って、

d0121678_20293574.jpg

土壁にくちばしでアタック!

これを何度か繰り返していました。
地道ですね。

過去には、
営巣壁で子育てをしていたのに途中でやめて、よそに行っちゃったり、
ということもあったので、
今回もそんなことがないとは言えませんが、

でも、今はとりあえず、
また今年も営巣壁からヒナが巣立ってくれるかも!
と夢がふくらんでいます。

みなさまも、あたたかく見守ってください。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-03-13 20:42 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミのオスとメスを確認しました!

皆さまこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

八王子の山間部で、スギ花粉をしこたま浴びて、2日間鼻水が止まりませんでした。
噴火しているかのような、花粉の飛び散る様子は圧巻でしたね...

話は変わり、水元かわせみの里前の水辺に訪れている、カワセミの最近の状況ですが、
ここ数日は少し飛来回数が減少しており、記録なしの日もありました。

しかし、本日3月8日に、カワセミのオスとメスが一緒にいる姿を確認しました!



d0121678_11072336.jpg

クチバシが見えていませんが、右がオスで左がメスです。
さかんに鳴きあってもいましたので、つがいになる期待が持てそうです。

ぜひ、様子を見に来てください!

[PR]
by kawasemiblog | 2018-03-08 11:09 | 生きもの情報 | Comments(0)

お久しぶりのマスクラット

皆さまこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

カワセミが安定して見られるようになり、かわせみの里に賑わいが戻ってきました。
戻ってきたというと、施設前の水辺に、久しぶりにマスクラットが現れました。




d0121678_16283480.jpg

すい~っと、施設前の橋の向こう側から泳いできました。
イネ科の植物をちぎっては、むしゃむしゃと食べていました。




d0121678_16372875.jpg


葉っぱを運んでいるところ。

カワセミも、ここ最近は一日10回以上の飛来記録があります。
朝から昼頃の時間帯によく見られていますので、
カワセミやマスクラットを見るなら、ぜひ水元かわせみの里へお越しください!


d0121678_16545446.jpg

[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-18 16:57 | 生きもの情報 | Comments(0)

見たか!カワセミざんまい!

皆さんこんにちは。

休みの日にちょっと電車に乗っただけで
妻に怒られるサトーです。

最早、お金がかかる交通手段は使えません。
馬でも飼ったろか。


さて、昨日に引き続きカワセミ速報。

オリンピックの盛り上がりと共に、
水元かわせみの里もアツくなってきました!

どうやら水元かわせみの里のまわりでオスメスが盛んに鳴きあっているので、
繁殖期に突入した模様です!

今日もすでに施設前に11回も飛来しております!
10回以上きたのは、なんと1月6日以来!

長かった!


みなさん、見に来てくださいね!

d0121678_13170548.jpg

※これは昔の写真です。


ではまた、
おまちしております!



[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-14 13:20 | 生きもの情報 | Comments(0)

カムバック カワセミ

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

水元かわせみの里に飛来するカワセミが激減し、確認されても通過だけの日々...。
しかし!ついに!長く留まるカワセミが現れました!


d0121678_19062269.jpg
施設へ来館された、お客さまからの情報でした。
クチバシの色がとても鮮やかなメスです。

施設からだと、枝かぶりなうえに木の裏側という、
発見情報がなければ、しばらくは気が付かないような場所にいました。
なんと、1時間前くらいから同じ場所にいたそうです。

その後もカワセミは確認でき、本日(2月12日)の飛来回数は、合計で6回でした!

水元 ”元” かわせみの里なんて呼ばれないよう、このまま
施設前の水辺に居ついてくれると良いのですが...。

[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-12 19:16 | 生きもの情報 | Comments(0)

草刈りのあとには...

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

水元かわせみの里に飛来する、カワセミの飛来回数が一向に回復しない中、
施設前の葉の落ちた低木に、ベニマシコのメスがやってきました。

d0121678_17242471.jpg
若干枝っかぶり。
施設周りの茂みを行ったり来たりしていました。


以前 よく鳴き声が聞こえていたヨシ原が刈られたため、こちらにやってきたのでしょうか?
刈られた後のヨシ原に行ってみたところ、ツグミやジョウビタキ、ウグイスなどが観察出来ました。


そして、モズもいました。
サッと地面に降り立った後、何やら緑色の物体をくわえながら出てきました。


d0121678_17355074.jpg
クビキリギス という、成虫の姿で越冬するバッタの仲間が捕まっていました。
器用に足でしっかりと掴んでいますね。
上手く隠れている昆虫を、あっさりと見つけることができる野鳥は凄いですね...
その能力を、少し分けてもらいたいです。

今回は以上です!
なお、ヒクイナはいまだ観察出来ず...


[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-07 17:50 | 生きもの情報 | Comments(0)

オオタカとカワセミの夢のコラボ的な。

皆さんこんばんは。

にわかに忙しくなって、
失神しそうな佐藤です。

こういう時はすべてを投げ出し、
ブログ更新するにかぎる。


さて、最近のカワセミ情報ですが、
水元かわせみの里は「カワセミ砂漠」状態。
つまりほとんど飛来しないということです。

どうしたらいいんや。

公園内では普通に見られます。

d0121678_17582789.jpg
やはり金魚展示場前あたりの水路がオススメ。
あそこは魚が捕りやすいみたいで、
間近でダイブが見られます。

またかわせみの里の客足が遠のきますな…。
高橋一生でも来館しないかな。


その他、
「ラクウショウの森」の近くでオオタカに遭遇。

d0121678_18010696.jpg

しばらくじっとして、
シャッと飛び立ちました。

どうもムクドリを襲いにいったように見えたのですが、
はたして。


今日はここまで。


ではまた。



[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-06 18:10 | 生きもの情報 | Comments(0)

トラツグミ、まだいます。エナガもかわゆい。

皆さんこんにちは。

サトーです。


ああ、突然ビフテキが食べたくなったなぁ。
久しぶりにコクがあるものが食べたいなぁ。
孤独のグルメのようだ。


それはそうと、
トラツグミはミミズのことを「ウマい」と感じているのだろうか。

「このミミズののどごし、たまらん。」
とか感じながら、ミミズ食べているのかなあ。

d0121678_15452805.jpg

ようやく今日撮影に成功したトラツグミ。

茂みと草地を行ったり来たりしながら、
ミミズを食べていました。


お次はエナガ。

d0121678_15521497.jpg
まるで妖精さんのよう。

エナガも木々を移動しながら、
枝につく昆虫などを食べているようでした。

相変わらず、水元のエナガは頭が白っぽいです。



最後はキッズボランティア活動報告。


d0121678_15540752.jpg

皆で一生懸命、
カワセミの営巣壁の整備をしました。
カメラマンさんが撮りやすいよう、
少し見晴らしをよくしましたよ。

カワセミ巣をつくってくれるといいなぁ。


今日はここまで。

ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-28 15:56 | 生きもの情報 | Comments(0)