水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 35 )

昨日はカワセミフィーバー!

みなさまこんにちは、コジマです。

一昨日の24日はカワセミの飛来が0回で、また来なくなってしまったのかと思いきや、
昨日はなんと16回!も来てくれました。
d0121678_17414659.jpg
しかも閉館直前の17時半頃には幼鳥が3羽同時に来てくれました!
同じ巣で育った幼鳥同士なのか分かりませんが、追い払う様子は見られず、3羽とも近くの枝に止まっている様子がしばらく見られました。

d0121678_11065041.jpg
望遠カメラを持っていなかったので、奇跡の3羽ショットは撮れず…、、上の写真は去年の様子ですが、こんな感じで見られました。

今の時期はまだ縄張りを持っていない幼鳥が複数羽見られることもあります。
ぜひ探しに来てみてください!


[PR]
by kawasemiblog | 2018-07-26 17:42 | Comments(0)

夏鳥、続々やってきています!

みなさまこんにちは、コジマです。

この前の土日は日差しが強く、夏がそろそろやってくるなぁという感じでしたが、渡り鳥たちも南の方から順調に来ているようで、コマドリ・キビタキなどの夏鳥が見られるようになりました!

今日は公園全域の鳥類調査をしましたが、
d0121678_15030691.jpg
今季初のコアジサシや、

d0121678_15035451.jpg
キビタキなど多くの夏鳥に出会うことができました。

今の時期は街中のちょっとした街路樹や桜並木で出会うこともありますが、「どうしてもキビタキを見たい!けどまだ会えていない!」という人は鳴き声の予習をしてから散策するのがオススメです。出会える確率がグッとあがりますよ!鳴き声図鑑などを参考にしてみてください。

[PR]
by kawasemiblog | 2018-04-24 15:38 | Comments(0)

春さがしとカワセミ

皆さんこんにちは。

サトーです。

昨日、80代のご年配の来館者の方に、
「旦那さん(サトーのこと)は、50代、60代、70代?」、
と、質問されてしまいました。

サトー「30代です。」
おじい「またまた~、それでホントはいくつなの?」
サトー「36歳です。」
おじい「やっぱり。56歳か!」
サトー「36歳です。」
おじい「え!(絶句)」

これが現実です。
私の青春はもう帰ってきません。


そんな自分を慰めるために、
春を探しに行きました。


自然界ではいたるところで春の足音がしていました。

d0121678_13421383.jpg
野草園ではコゴメイヌノフグリが開花。
オオイヌノフグリもすでに咲き始めています。


d0121678_13430582.jpg
フキも力強く咲いていました。
いわゆる一つの「ふきのとう」ですね。

日当たりのいいところを好んで咲いていました。


春の息吹だけでなく…

d0121678_13442391.jpg
昨年の空蝉。

なんとなく空蝉に感情移入してしまう私。


とにかく春はもうそこまで来ています。


ちなみに、
カワセミもメスが盛んにオスを呼んでいる模様。
でも一向にオスが来てくれません。

私も早くオスが来ないかなと、
気をもんでいます。

頑張れ、カワセミ。



今日はここまで。
頑張れ、女子カーリング。




[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-24 13:53 | Comments(0)

足環を調べると…


皆さまこんにちは、コジマです。

先日、毎月1回行っている水元公園全域の鳥類調査をしました!
普段水元かわせみの里周りを見るのとは違い、公園全体を周ってみると50種類もの野鳥が見つかりました。
d0121678_10133570.jpg
キャンプ場北側の小合溜には、コガモと、亜種アメリカコガモ(写真中央の白矢印)がやってきていました。アメリカコガモの雄は胸に縦の白い線があり、コガモには無い点で見分けることができますよ。


さて、その他、公園を回っているとユリカモメの足環付きの個体をいくつか見つけました。

これらの足環は、研究者がユリカモメの移動状況や野外での生存率、年齢による経年変化などを調べるために付けているためで、もし見かけた場合は山階鳥類研究所に連絡すると「いつ、どこで捕獲された個体でその時何歳か、その後どこで見つかっているか」などの情報を教えてもらえます。(足環は、鳥の負担にならないよう十分に軽い素材で作られています)
d0121678_15310220.jpg
この個体は、右足に金属リング、左足に青いリングをつけていて、青リングにはKAと書かれています。この個体は2014年12月に捕獲され、その時に既に成鳥だったので、現在4才以上。
千葉県市川市~葛飾区の堀切橋~水元公園のあたりで確認例がありました。

d0121678_15454063.jpg
こちらの青LRのリングをつけている個体は、なんと2007年生まれ!ということはこの冬で10歳半になります。ユリカモメの長寿記録は、今の所15歳ほどなので、もしかしたら記録を塗り替えてくれるかもしれませんね。
ちなみにこの個体は今までに手賀沼~市川市~旧江戸川などで目撃例があり、水元で見つかったのは今回初?のようです。

普段何気なく見ているユリカモメたちも、足環の情報を通して1羽1羽の詳細が分かるのでとても面白いです。
今年来ていた鳥たちが、また来年、再来年もやってくるかもしれませんし、また別の場所で再会することもあるでしょう。

ユリカモメに限らず、他のいろんな鳥にも足環は付けられています。
研究者の方たちが情報を集めているので、もし足環付きの鳥を見つけたらぜひ教えて下さい!

(かわせみの里のコジマまで連絡して頂いても良いですし、山階鳥類研究所に直接連絡するのでも大丈夫ですよ。)

[PR]
by kawasemiblog | 2018-02-02 10:47 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!


あけましておめでとうございます!
コジマです。

2017年が終わり、新たな年が明けました。

昨年はカワセミの繁殖が成功し、かわいいヒナが見られましたが、今年はどうなるでしょうか?

新年初開館の今日は、午前中だけでもカワセミが3回ほど来ています!
中央の止まり木に長く止まってくれ、きれいな姿を見せてくれました。

ただ、ちょうど来ていた小学生たちにカワセミを見せていたら、写真を撮り損ねてしまったので、代わりに…
d0121678_14464463.jpg
朝一でやってきたシジュウカラ。ヨシを割って小さな虫やクモなどを食べてました。

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-05 15:06 | Comments(0)

おまっとうさんでした。水元公園野鳥情報・総本山。~カモまつり~

皆さんこんにちは。

昔神経を抜いたはずの奥歯が痛むサトーです。
歯医者は何を抜いたんだ。
あんな痛い思いさせて。


さて、久しぶりに濃厚な野鳥情報をお届けしたいと思います。

今年は水元小合溜に、
大量に水草が繁殖しているせいか、
多種多様な水鳥が見られます。

その一部をご紹介したいと思います。


まずはコチラ。



d0121678_10031418.jpg





















カンムリカイツブリ。
今年は多い!
10羽くらいいるのではないでしょうか?

例年だと2,3羽いるだけでおじさん達がウキウキしてしまうのに、
今年は本当によく目につきます。

水草増えて、魚も増えたのかしら。



次はコチラ。



d0121678_10080793.jpg



















ミコアイサ。

メスに見えますが、
背中が一部黒く、
白い羽もまばらに生えているので、
オス個体の可能性があります。

スタッフのコジマさんにも聞いてみますので、
分かり次第結果をお知らせしますね。



d0121678_10170091.jpg




















ヨシガモ。
かわゆい。

今年はヨシガモも近くで見られます。
5羽くらいいましたよ。



d0121678_10193138.jpg




















トモエガモのメス。

水元ではなかなか珍しいカモ。

ここ数年、少数のみ密かに入っているようです。



最後はコチラ。



d0121678_10224449.jpg




















オカヨシガモ。

シックな色合いでステキ。
つぶらな瞳。

5羽で固まって泳いでいました。



その他の傾向として、
今年はホシハジロがとても多いです。

水元のカモ会において、
ヒドリガモをおさえて第一党の地位を占める勢いにあります。

オナガガモは見られなくなったなぁ。



なお、園内の紅葉も最高ですし、
オオタカなどその他の鳥も良く見られているので、
年末はぜひバードウォッチングにお越しください。


水元かわせみの里のカワセミは相変わらず不調ですが…。



今日はここまで。

ではマタ。



[PR]
by kawasemiblog | 2017-12-08 10:31 | Comments(0)

赤い襟をもつ鳥

皆さまこんにちは、スタッフのコジマです。

夏は鳥の種類も数も少ない時期ですが、実は先月から水元公園にちょっと珍しい鳥がやってきていることをみなさんご存じでしょうか?

d0121678_15333755.jpg
アカエリカイツブリ(水元公園内溜 2017.8.17 コジマ撮影)

水元公園では、冬にカイツブリの仲間のカンムリカイツブリやハジロカイツブリなどが見られますが、アカエリカイツブリは関東でも冬の湾岸でしかなかなか見られない鳥です。
夏は北海道の湖などで繁殖しているのですが、この個体は繁殖が早く終わって渡ってきた為か、7月中旬からしばらく見られています。首が赤い夏羽の姿は関東では普通見られないので、見たことがない方はぜひ来てみてください。

アカエリカイツブリがいる内溜は、釣り堀となっていて釣り人がたくさんいらっしゃいます。カメラマンの方は、釣り人や周りの人の迷惑にならないよう、マナーを守って観察してください。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-08-24 17:57 | Comments(0)

お盆休みの生きもの

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

お盆休みいかがお過ごしでしょうか。
水元公園の生きものは、お盆休みなく活動しています。
ついでに水元かわせみの里もお盆休みありませんので、
通常どおり開館しております。
ぜひお越しください。

今日の1枚は、
チャバネセセリ。

d0121678_15440481.jpg
施設のまわりに植えたアップルミントのお花にやってきました。
小さなお花には、こういう小さなチョウが好んで蜜を吸いに来ます。
茶色いはねのせいか、ガに間違われることがありますが、
セセリチョウというチョウの仲間です。
つぶらなおめめがかわいらしいですよ。


さて今日のカワセミですが、

カワセミもやはりお盆休みなく、
求愛給餌に交尾も確認できました。

向かい合い、果し合いが始まりそうな雰囲気でしたが、
d0121678_15345263.jpg
その後、交尾。
d0121678_15344659.jpg
幼鳥と、メスの成鳥という異例のカップルです。
今後も見守っていきたいと思います。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-08-12 15:48 | Comments(0)

カワセミ見放題

こんにちは、ヤマザキです。

カワセミが、今日は見放題。
現在、飛来回数すでに18回です。

なわばり争いがおこっているようで、
何度か2羽がはちあわせし、追いかけあいをしています。

14時ごろには、
追いかけられてパニックになった個体が、施設のガラス窓に衝突するという事件がおこったものの
再び飛びたっていきました。
よかった。
d0121678_16185099.jpg
ちょっとくたびれた様子のカワセミ。
子育てって大変、という空気が漂っています。
長く居座るのは、他のカワセミになわばりを取られちゃ困るからなのかな。

と、言っていたら、またカワセミやってきました!
それでは!


[PR]
by kawasemiblog | 2017-07-30 16:15 | Comments(0)

キュートなスズメガたち

皆さんこんにちは。
おひさしぶりです。

嫁に内緒で、
小松政夫の「しらけ鳥」のパペットをヤフオクで購入したサトーです。

2歳になる娘の誕生日にプレゼントする予定です。

2017年の現在、
娘に「しらけ鳥」をプレゼントする親は世界で私一人だけでしょう。
すまん、娘よ。

ちなみに私は小さいころから「しらけ鳥」が大好きで(私は何歳なのだろうか)、
「しらけどーり、飛んでゆーくー、南のそーらーへ、みじめ、みじめー」と、
よく歌っていました。

南の空に帰っていくのだから、
「しらけ鳥」は夏鳥なのだろうか。

どうでもいい考察してしまった。



さて、唐突ですが、
施設の壁に蛾がとまっていました。






d0121678_17573266.jpg






















コスズメ、という蛾です。
「スズメガ」の仲間は、みんな大型なので、
嫌いな人が見れば、泡吹いて倒れてしまうかもしれません。







でもよく見ると、




d0121678_17581533.jpg



















かわいい気がする。

ウサギみたい。

え、見えない?
そうですか…。



ちなみにこの蛾の幼虫は、
アカバナ科、ユキノシタ科、ブドウ科の植物の葉を食べるとのこと。

全部水元かわせみの里に生えているな。

だから飛んできたのかな。


施設の周りは草刈りされてしまったから、
かわせみの里が最後のオアシスみたいになっているのかもしれません。

オアシス最高。


今日はここまで。


ではまた。


ちなみにカワセミは10回以上来てますので。





[PR]
by kawasemiblog | 2017-07-25 18:06 | Comments(0)