人気ブログランキング |

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

自然学習講座 冬の生きもの観察会

テレビやラジオでおなじみの、藤本和典先生をお招きし、自然学習講座「冬の生きもの観察会」を行いました。最高気温5度、天気予報は雪にもかかわらず、薄日が射すときもあり、2時間楽しい時間を過ごしました。

〜藤本先生の生きものなるほどメモ〜
・カイツブリ発見!エサはカワセミと同じくモツゴなどの水生生物です。
・薮は一見すると汚くて刈り取ってしまいたくなりますが、生きものにとっては大切な隠れ場所です。
・ドバトはもともとユーラシア大陸の乾いた土手などに生息していました。
・カンツバキの花をよく見ると、、メジロが蜜を吸ったであろう爪のあとが!
・アオジは地味な鳥。それは土や落ち葉にまぎれて天敵の目をごまかす為でもあります。
・ハンノキの花が咲いてます!といっても花らしい花はないけど、、よく見ると、この穂のような垂れ下がったものがオスの花で花粉を出し、つんと上向きの小さなものがメスの花です。そして松ぼっくりの小さなもののようにみえるものが、昨年の実(球果)です。
・お、ハクセキレイが波打つように飛んでいます!
・ジョウビタキのメスですね〜。シベリアから飛来しました!
・ハシビロガモの英名には、シャベルという文字が入ります。文字通りくちばしがシャベルのように平たいからです。
・カルガモがいます。夏も留まることから夏留ガモ、、なんです。
・たくさんのモグラ塚を発見。地面の下にはトンネルがあるはずです。寝るときは木の根元が多いそうです。
・エノキの木があります。ゴマダラチョウという美しいチョウの幼虫が食草としていますが、今は幼虫で越冬しています。温度変化の少ない北側に多いといわれています。
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_17392521.jpg
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_17394146.jpg
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_17395234.jpg
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_1740625.jpg
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_17401827.jpg
自然学習講座 冬の生きもの観察会_d0121678_1740292.jpg

by kawasemiblog | 2008-02-09 16:47 | 自然学習講座 | Comments(2)
Commented by のん at 2008-02-17 12:07 x
冬の公園はいいですね~。人が少なくて、何がいいことを発見すると喜びもひとしおです。今朝のバードサンクチュアリーはたまたま誰もいなくて一人のんびり眺めることが出来ました。間もなくすると、かわせみが飛んできてくれ、木の枝や水面に降りる姿を近くでみせてくれました。かわせみの里の水辺でも出会えました。やっぱりうれしいひとときです。先日「日本の生きもの図鑑」(講談社編)という小さな本を購入しました。いつか持参して水元公園の自然観察に伺いたいです。
Commented by 水辺のふれあいルーム 小林 at 2008-02-17 17:38 x
のんさんコメントありがとうございます。寒い日は人もやはり他の生きものと一緒で、外にあまり出なくなりますね(^^)
バードサンクチュアリでひとりでじっくりカワセミを見られるなんて素敵ですね!私もふれあいルームで毎日カワセミを見ていますが、じっくりと観察する時間があまりないので、うらやましいです。
かわせみの里周りでは最近、ふきのとうが顔を出しています。寒い毎日ですが、着実に春は近づいていますね。