水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

夏とチョウと腸

皆さんこんばんは。

サトーです。

恥ずかしながら、帰ってまいりました。


ちょっと水元以外の仕事が多くて、
だいぶお留守にしておりました。


今日も本当はこのまま帰って、
プロ野球でも見ようかと思ったのですが、
良心の呵責に負け、久方ぶりにブログを更新しました。

まあ、早く帰りたいことにかわりはないので、
さくっと今日見られたチョウをご紹介。

まずはこちら。

d0121678_19152231.jpg


コムラサキ。
樹液をチューチュー吸っている姿はキュート。

ただ周りにうごめくシロテンハナムグリを翅で叩き、
追い出す姿も見られるなど、
意外と性悪(?)です。


次はコチラ。


d0121678_19210965.jpg


外来種でおなじみのアカボシゴマダラの幼虫。

なんとなくコアラっぽくてかわゆい。


上手く写真を撮ろうとして葉っぱをさわったら警戒したらしく、
顔を伏せてツノを突き出す格好になりました。

一応この角は身を守るためにあるようですね。


アカボシゴマダラの幼虫は、
エノキの小さい木についていることが多いです。
道端に生えてる実生の木です。

是非探してみて下さい~。


今日はここまで。

次回は甲子園決勝の日当たりに更新します。


ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-08-01 19:27 | 生きもの情報 | Comments(0)