水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

在来種と外来種とバルサミコ酢。

皆さんこんばんは。

最近、バルサミコ酢にハマっているサトーです。
あれを料理にかけるとコクが出るんだよな。

さて、
最近世間が騒がしいですねぇ。

南北の歴史的会談はともかく、
解任されたサッカー監督の会見や、
某アイドルメンバーの会見など、
もう何が何だかわからねぇ。

なぜ名前の後ろに「メンバー」って付けるんだ。


こんなわけが分からない時は、
そうだ、身近な自然に目を向けよう。


今、見ごろを迎えている木があります。

d0121678_18090119.jpg

ハリエンジュ(ニセアカシア)です。

たくさんの花をつけ、
辺りには何とも言えない、いい香りが広がります。

ただ、この木はいわゆる「外来種」で、
猛烈な繁殖力がある為、
最近は駆除されることが多い木でもあります。


しかしその一方、
花には多くの昆虫が集まる木でもあります。


外来種だから日本の昆虫たちはまったく利用しないかと言うとそうでもなく、
「使えるものは使う」というスタンス?で、
外来の植物も利用しているようです。


実際、花に来るメスバチを狙い、
キムネクマバチのオスが木のそばで縄張りをはっていました。


d0121678_18154636.jpg


ホバリングを撮影するのは難しい。

イライラして、思わず素手でキャッチ!


d0121678_18163651.jpg

ハチさん激怒。
申し訳ない。

オスバチは大きな複眼と、
その間に三角形の「付け鼻」のようなものがあるのが特徴です。


その他にも、
ニホンミツバチやクロアゲハ、ナガサキアゲハなどが花の周りを飛んでいました。


最近、すっかり「外来種は悪!即刻駆除!」という世間の風潮ですが、
ちゃんと外来種を利用している在来種がいることも見逃せない事実です。

もちろん故意に外来種を放すのはもってのほかですが、
自然界は「善悪」で簡単に割り切れないのがおもしろい所だなぁ、
と感じた今日この頃です。

皆さんもこのことについて、
居酒屋で話し合ってみて下さい。



珍しくまじめな話をしてしまいました。

お腹が空いたので今日はここまで。


ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-04-27 18:29 | 生きもの情報 | Comments(0)