水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

高砂小学校の皆さんが来館しました!

皆さんこんにちは。
サトーです。

大丈夫、生きてますよ。
ご無沙汰していて申し訳ありません。

別にプロ野球が始まったから、
ブログ更新しなくなったわけではありません(多少あるかもしれませんが)。


頑張って色々お届けしますので、
今年度も一つ、よろしくお願い致します。


さて、
まずはカワセミ情報。

一言で言うと、
まったく来ていません。
原因は不明です。
近場で営巣していないのかな。

いやーしかし、新しいパンフレットに、
「日本一カワセミが来る!?」と大々的に書いてしまったのに、
どうしたものか。

スタッフのキブシ君を青く塗って、
ワイヤーで吊るすしかないか。
パワハラか。


まあ、カワセミの幼鳥が巣立ちする
5月くらいまではこの状態が続くかもしれませんね。

また動きがあればお知らせします。



さてさて、
今日は葛飾区立高砂小学校の3年生の子たちが団体で来てくれました。
今年は人数が多く、80人も来てくれましたよ。
毎年利用していただき、ありがたい限りです。


今日は室内でスタッフのコジマさんがカワセミのお話を、
野外ではサトーが昆虫観察を行いました。



d0121678_17210095.jpg

昆虫の体の特徴や、
生息するのに大切な要素などをクイズで紹介した後、
みんなで実際に昆虫を探しました。


その時、おあつらえ向きに、
針が無いキムネクマバチのオスが飛んでいたので、
補虫網で捕まえました。

そして私がいきなり素手でハチを網から出したので、
児童から叫び声が!

「私は特殊な訓練を受けているから大丈夫なのだよ」と、
定番のジョークをかますと、
子どもたちの目は、「このハゲたおじさん(サトー)は、実はすごい人なのではないだろうか」
という羨望のまなざしへと変わりました。

キムネクマバチさん様様です。


その後みんなにハチを触ってもらい、
ハチの筋肉の振動などを感じてもらいました。
みんなおっかなびっくりでしたが、
「すごいブルブルしてる!」など色々感想が上がりました。

触る前は「怖い」という声が上がっていましたが、
少し愛着がわいたようでよかったです。


d0121678_17440859.jpg

昆虫採集では男の子も女の子も、
「あ、テントウムシがいた!」など、
嬉しそうに昆虫を捕っていたのでよかったです。


葛飾の豊かな自然について、
感じてもらえたかな。


「また来ます!」といってみんな元気に帰っていきました。


高砂は遠いですが、実際、毎年何人か「また来ました!」と、
施設に来てくれるので、とても嬉しいです。

今度はカマキリ採ろうな!

高砂小のみなさん、
またのご来館お待ちしております!







[PR]
by kawasemiblog | 2018-04-20 17:53 | 水辺のふれあいルーム | Comments(0)