「ほっ」と。キャンペーン

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冬鳥ぞくぞく水元公園野鳥情報  

皆さんこんにちはヨシダです。

ここ数日でだいぶ気温が下がりましたが、
東北育ちの自分には心地のいい寒さです。
またふれあいルームは11月から3月まで閉館時間が16:30と早くなります。
ご注意ください。

さて、今日は久しぶりに公園内の野鳥情報です。
水元かわせみの里~バードサンクチュアリ~水元大橋の間で、
見られた旬の野鳥はこちら。

コガモ
ヒドリガモ
キンクロハジロ
ホシハジロ
ユリカモメ
カンムリカイツブリ
ジョウビタキ
モズ
オオタカ 
アカハラ
シロハラ
マミチャジナイ

ぞくぞくと冬の鳥が集まってきています!

カモ類は水元大橋近くに多く、本来海にいるカンムリカイツブリも1羽いました。
こんな内陸にいるなんて驚きです。

ジョウビタキやモズは、かわせみの里やグリーンプラザ周辺で見られました。
特にモズは木のてっぺんでよく鳴いているので、見つけやすいです。

オオタカ、アカハラ、シロハラ、マミチャジナイはバードサンクチュアリーでの発見情報があます。
マミチャジナイに似ているアカハラもやって来ているので、
同定の際はご注意を!

そしてサトーさんからのプレッシャーを受けカメラをぶら下げ調査しましたが、

オオタカは空高く飛んでしまい、豆粒写真。
マミチャイナはタッチの差で林の奥へ・・・・・

そんな鳥運のないところへ現れたのがコチラ
d0121678_11183376.jpg

そうタヌキです!しかも2匹
バードサンクチュアリー内で寝ていました。
冬のタヌキは防寒のため毛がモフモフになります。

かわゆい・・・

そしてこの時期よく目にするのはカモのエクリプスです。

カモの多くは繁殖地でオスもメスも同じ模様をしています。
そして越冬地の日本にやってきた時に、綺麗な羽に生え変えて嫁捜しをします。
エクリプスとは羽が完全に生え変わっていない状態の事です。

奥のヒドリガモと手前のエクリプスを比べてみると違いが分かりやすいですね。
d0121678_11453473.jpg

奥は頭のクリームがはっきりしていますが、手前はまだ薄い印象です。
背中の灰色の部分も少ないですね。

このエクリプスはほとんどのカモに見られるので、
皆さんもカモの群れから探してみてはいかがでしょうか?

それでは、また。


追記
お客様情報で、昨日オシドリのオスが1羽入っていたそうです。
場所は小合溜の端(水産試験場の方)付近にいたようです。
自分たちは調査時間が足りず、水元大橋より先はほとんど行けません。
くやしい!
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-31 11:07 | 生きもの情報 | Comments(0)

20周年記念「かわせみフェスティバル」!!

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

じつは、
平成27年度、水元かわせみの里は、開設20周年を迎えます。


そこで、これまで支えていただいたみなさまへのお礼と
これからもよろしくお願いします、という思いを込めて、
「かわせみフェスティバル」
なるものを
開催する運びとなりました!

水元かわせみの里をより楽しんでいただけるイベントとすべく、
スタッフ全力をかけて、準備にかかっております。

d0121678_12105871.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水元かわせみの里 開設20周年記念イベント
「かわせみフェスティバル」
日時:平成27年11月23日(月・祝)
時間:10:30~15:00
※10:00より、記念式典も行います!

当日の催し物
・移動生きもの園
・クラフト教室
・カワセミ写真展
・生きものガイドウォーク
・水質浄化センター見学ツアー
・花の市
・・・他、多数予定!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各催し物の詳細については、これからのブログでご紹介していきますので、
どうぞご期待ください!
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-29 12:20 | イベント | Comments(0)

タシギと講座情報とヨシダ

皆さんこんにちは。

最近、刑事コロンボの再放送にハマっているサトーです。
吉田類とピーターフォークがいれば私は幸せ。

しかしうちのヨシダ君は何をしているのだ。
放浪しているのか。
ブログをアップしてくれ。


さて、
まずは自然学習講座のお知らせです。


昨日から受け付け開始となりました、
「秋の自然感察とリースづくり」は、早くも定員いっぱいでキャンセル待ちの状態です。

12月5日にも「野鳥のためのリース&ツリーづくり」という講座がございますので、
リース作りを行いたい方はコチラも是非お申込みください。
※申込は11月7日(土)から。


次は野鳥情報。

またまたカメラマンさんのsさんより写真をお借りしました。
いつもありがとうございます!
写真はコチラ
d0121678_146455.jpg

タシギです。
田んぼなどの湿地を好む鳥で、
水元公園ではヨシ原で見られます。

ただそうずっといる鳥ではないので、
もしかしたらもう移動してしまったかもしれません。

長いくちばしを使って、
地中のミミズなどを捕えて食べます。

その他ヒドリガモやコガモ、キンクロハジロなど、
冬鳥も結構入って来ています。

今はマミチャジナイも来ている模様です。


もうすぐヨシダ君が鳥類調査をする予定なので、
その際に見られた鳥をまたご紹介しますね。

たのんだぞ。


きょうはここまで。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-28 14:15 | 生きもの情報 | Comments(0)

オシドリの群れが飛来!アカガシラサギもイン!

皆さんこんにちは。

最近、「吉田類の酒場放浪記」にハマっているサトーです。

お酒も飲まず、酔っ払いも嫌いな私が、
なぜあの番組を見てしまうのか…。

吉田類のつかみどころのない味わいが、
私をテレビの前に座らせるのでしょう。

毎週月曜日が待ちきれない。



さて、
野鳥の世界でも放浪ではなく「渡り」が本格的にはじまっています。

今日もカメラマンさんからありがたいお写真の提供がありました。


Sさん、いつもありがとうございます。

まずご紹介するのは、
仲のいい夫婦を表す際に使われるあの鳥です。
d0121678_12553259.jpg

オシドリです。

いやー美しく、かわゆい。

毎年のように水元公園に入りますが、
あっという間にいなくなってしまう渡り鳥です。
d0121678_12565215.jpg

水元に定着しない原因は分かっていません。

私の推測として、
飛来するバードサンクチュアリ周辺は、
この時期になるとオオタカが多くいるため、
定着しないのではないかと考えております。

ちょっと真の理由は定かではありませんが、
何か気に入らないことがあるのでしょう。

明治神宮では定着するのになぁ。


その他にはこんな鳥も来ているそうです。
d0121678_1321185.jpg

アカガシラサギです。

昨年も来てくれましたね。
同じ個体でしょうか?

水元公園内には隠れ家となるヨシ原が沢山あるので、
気に入ってくれたのでしょうかね。

このまま居続けてくれるといいですね。



今日はここまでです。


たまには自分でもいい写真撮らなければいけないなぁ。
新しい望遠レンズ欲しいなぁ。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-21 13:05 | 生きもの情報 | Comments(0)

自然学習講座「樹木観察入門」受付中!

皆さんこんにちは。
先ほどずんだ餅を食べてご機嫌なサトーです。

今日は講座のお知らせです。

木の名前や生態について知りたい方、
必見です。

詳細はコチラ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
樹木観察入門
水元小合溜周辺を歩きながら、
秋の樹木の生態や特徴について解説します。

【講師】森 進(もり すすむ)(元 都立水元公園職員)

【日時】平成27年11月7日(土)午後1時から3時まで(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】小学校3年生以下は保護者同伴。
 
【費用】無料

【持ち物】ルーぺ(お持ちの方)

【申込方法】平成27年10月7日(水)午前9時から電話で受付開始(先着順)

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

d0121678_13424870.jpg

モミジバフウ。
美しく紅葉をします。


秋の水元公園の樹木は美しく輝きますので、
皆さん是非その美しい樹木の生態について学びに来てください。


今日はここまで。

ではまた。


ああ、熱が出てきた気がする。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-17 13:46 | 自然学習講座 | Comments(0)

秋のまにまに

皆さんこんにちは。

ここ1ヶ月くらい生野菜を食べていないサトーです。
今日の昼飯はパンと焼き芋です。
これからは週4回くらい昼飯が焼き芋になるなぁ。


さて、
最近は珍しく?多忙なため、
ブログの更新が滞っています。

カメラマンさんからの衝撃写真の提供のおかげで、
過去最高のブログ閲覧数を記録しましたが、
私自身は鼻水垂らしてボーっといるだけなので、
大変申し訳なく思っております。

カメラマンの皆様、有難うございます。



今日は閲覧者数が伸びないであろう昆虫の紹介です。
鳥好きな人はここから先は失神しながら読んでください。


まずはこちら。
d0121678_1022214.jpg

ヒメアカタテハというチョウです。

涼亭とガマ田という場所の間に植えてあるコスモス畑に来てました。

この時期はお花が少なくなってくるので、
限られた蜜源にチョウが大集合することがよくあります。

このチョウのほか、
ツマグロヒョウモンやモンシロチョウ、モンキチョウなどがたくさん飛んでいました。


チョウのおすすめスポットです。


次はコチラ。
d0121678_10251665.jpg

モンスズメバチです。

樹液に大集合してました。

スズメバチの仲間は女王蜂以外、
冬を迎える前に皆死んでしまいます。

このハチたちももうすぐ死んでしまうのかと思うと、
少し可哀そうだなぁ。

うーん、
確かに哀愁をおびた複眼をしている。

自分の子孫を残すということは、
とても大変なことなのですね。


今日はここまでです。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-12 10:33 | 生きもの情報 | Comments(0)

キビタキがクモの巣に!

皆さんこんばんは。

先日、生まれて初めて白バイに切符切られたサトーです。
罰金とられて以降、妻が目立って冷たくなりました。


さて、今日もカメラマンさんから衝撃的な写真が届きましたよ。
※人のふんどしで相撲を取ってばかりでスミマセン。

こちらです。
d0121678_12324617.jpg

なんと、
キビタキのメスがクモの巣に引っかかっているではありませんか!

こちらの写真は、
今日の午前Yさんが発見し、
Kさんが写真を撮り、
Sさんが届けてくれた写真です(なんとややこしい)。


しかしこんなことがあるのですね。
クモの巣の位置、糸の色からいって、
ジョロウグモの巣かなという感じですが、
とても珍しい瞬間です。


沖縄などに棲むオオジョロウグモの巣に
鳥がかかることがあると聞いたことはありますが、
いやー、クモの巣は丈夫にできているのですね。


ちなみにこの後、
キビタキは無事に脱出できたそうです。


今日もかわせみの里にキビタキがいたという情報もありますし、
公園内にはまだまだ渡り鳥がたくさんいるみたいです。


皆さん、是非野鳥に会いにこちらまで遊びに来てくださいね。


今日はここまで、
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-06 12:45 | 生きもの情報 | Comments(0)