「ほっ」と。キャンペーン

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

止まり木設置しました!

皆さんこんにちは。

来館した子どもたちに「自分の顔を見て見なよ!」と、
顔を馬鹿にされたサトーです。

イケメンバイトのマツオ君がいるせいで、
私は常にけなされています。

さて、
今日早速カワセミの止まり木を直しました。
d0121678_1725768.jpg

秘密兵器の船を出し、
補修に向かいます。

d0121678_1741776.jpg

補修はボランティアのイリエさんがやってくださいました。
イリエさんは器用で、何でも作ってくれます。

トキオでいう山口君みたいな感じです。

高倉健より不器用なサトーは、
後ろでボーっとしてますね。

皆さんのご協力のおかげで、なんとか直せました。
ちょっと木が低くなりましたが、ご了承ください。


ボランティアの皆さん、お疲れ様でした!


そして今日のおまけ。
d0121678_1784035.jpg


アオダイショウが泳いでました。

手足もないのに大したもんです。



ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-25 17:09 | お知らせ | Comments(0)

カワセミの止まり木が折れてしまいました…

皆さんこんばんは。

最近贅沢なものを食べすぎて体調が悪いサトーです。
体の中の荒ぶる神(悪玉コレステロール)が食べすぎを注意しているのです。


さて、今日はちょっとした事件が起きました。

d0121678_1816976.jpg

アオサギにカワセミの止まり木を折られてしまいました。
ショック。

この補修には舟を出さなければならないので、
復旧には少し時間がかかります。
予めご了承ください。

直り次第ご連絡します。


あと関係ないですが、
昨日園内のポプラに雷が落ちました。
d0121678_18184269.jpg

幹の部分に龍が通ったような跡が残りました。

スゴイ、樹皮がはがれている。

この「神渡り」をした木は、
水元かわせみの里から徒歩五分のところにありますので、
是非見に来てください。

施設に落ちなくてよかった。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-24 18:21 | お知らせ | Comments(0)

コアジサシゴリ押し情報

皆さんこんにちは。

今日が誕生日のサトーです。
本居宣長と、元近鉄の石井浩郎と同じ誕生日です。


さて、最近はカワセミが1日に2,3回しか来ないので、
もっぱらコアジサシ情報です。

というか、コアジサシは環境省で絶滅危惧Ⅱ類に指定されている希少な鳥なので、
こんなに身近に見られるのはすごいことなのですよ!

一応声を大にしてお伝えしておきます。


そのコアジサシ、
相変わらずかわせみの里の前で魚を獲ってくれています。
d0121678_1593385.jpg
d0121678_1594953.jpg


よく見ると、モツゴをとっています。

モツゴは口がシャクレていて、
水面近くの獲物を獲るのに適してます。

その水面近くに来るモツゴをコアジサシが獲る、というわけです。


自然界の出来事にはちゃんと理由があるのです。


ちなみにこのコアジサシ、
魚をくわえて大場川の方に飛んでいきました。

三郷のどこかでヒナを育てているみたいです。
どこだろうな。


ということで今日はここまで。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-21 15:17 | 生きもの情報 | Comments(0)

今年のコアジサシ情報。

皆さんこんにちは。

今度、針治療を受ける予定のサトーです。
もう巨人の江川のようになってきたな。


さて、今年のコアジサシの情報です。

私が水元に着任した8年前くらいは、
水元小合溜でたくさん飛んでいましたが、
それに比べるとやはり少ないです。

今年は数羽程度でしょうか。


ただ、水元かわせみの目の前でも、
毎日コアジサシが狩りをする姿が見られるようになりました。

久しぶりの光景です。

d0121678_12282298.jpg

※写真は昔のです。スミマセン。

あの白いシルエットを見ると、
いよいよ夏だなという感じがします。


繁殖地が増えないことには、
コアジサシの個体数が増えることはないのでしょうが、
このままずっとこの姿を見たいものです。


かわせみの里の屋上に、砂利でもひこうかしら。


何か皆さんもいい保全の策がありましたら、
是非教えてください。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-17 12:31 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ、来てます。写真は、ないです…。

皆さんこんにちは。

昨日、毎週土曜にBSでやっている「男はつらいよ」を見逃し、
軽く失神したサトーです。

私は中学校時代からの「男はつらいよ」ファンで、
周りの同級生がアイドルなどに走る中、
誰よりも寅さんにシンパシーを感じていました。

ある意味不幸な青春ですね。


でもこうして葛飾区で仕事をしているのは、
何かの縁でしょうか。

寅さんに会いたかったなぁ。


余談が長くなりました。


今日はカワセミ11回飛来しました。
昨日、今日と、午後にたくさん飛来してます。

写真撮るなら午後がオススメです。



そして今日紹介する生きものはコチラ。
d0121678_1727475.jpg

スミウキゴリ。

最近水元小合溜でよくとれるハゼの仲間です。

今、かわせみの里でも飼っていますが、
水底にいる他のハゼと違い、水面近くで浮かんでいます。
だから「ウキゴリ」なのでしょう。

こうやって生息域を変え、
食べものなどが競合しないように棲み分けているのかもしれません。

中学校時代、
周りの男子が広末涼子が好きだった中、
私が寅さんに走ったのも棲み分けなのでしょう(違うか)。


くだらないお話になりましたが、
とりあえず「ハゼ」と言ってもイロイロ種類がいて、
それぞれ棲み分けているということだけほんのり覚えておいてくださいね。


ではまた。


しかしそろそろヨシダ君ブログ更新しないかな。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-14 17:47 | 生きもの情報 | Comments(0)

ホットでナウなカワセミ情報はTwitterで!

皆さんこんにちは。

明日、病院をはしごする予定のサトーです。
私の趣味は神社仏閣めぐりと通院です。

元気があれば何でもできる、
その通りだ。


さて、ここからはCMです。

「サトーの野郎、最近カワセミの情報流さねえな」
と思われている方が多いかと思います。


実は頻繁に流しています。
Twitterで!
https://twitter.com/kawaseminosato

毎日飛来回数など、
ひそかにこまめに流してますので、
是非こちらもチェックしてください。

しかし、ブログ、facebook、Twitterすべてを駆使しているのに、
うちの施設は地域にあまり知られていないなぁ。

あの若大将・加〇雄三先生も訪れたのになぁ。


きゃりーぱみゅぱみゅさんこないかなぁ。


愚痴はこれくらいにして、
今日も頑張ります。


ではまた!
d0121678_1459258.jpg

内股のカワセミ幼鳥。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-10 14:59 | お知らせ | Comments(0)

最早、「夏の昆虫たちを観察しよう」定員いっぱいです。

皆さんこんにちは。

ラザニア大好きサトーです。
誰かラザニアでできたベッドを開発しないかな。


さて、
本日は自然学習講座「夏の昆虫たちを観察しよう」の申し込み開始日でしたが、
なんと受付開始1時間ほどで定員いっぱいになってしましました。

ただ今はキャンセル待ちのみの受付となりますので、
予めご了承ください。


そして関係ないですけど、
おまけでネコとアオダイショウの争いの様子。
d0121678_17305479.jpg

アオダイショウはネコパンチにやられてしまいました。

ネコはかわゆいですが、
やはり野生動物への影響は少なくないようです。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-07 17:41 | 自然学習講座 | Comments(0)

出張に行っていたわけで。

皆さんこんにちは。

出張から帰ってきたサトーです。

河童の里に行っておりましたため、
ブログ更新が滞ってました。

心なしか顔色が緑になってかえってきました。


さて、
あまりにブログ更新が滞っていたため、
更新するべぇと打ち込み始めたものの、
ネタがないことに気が付きました。

どうしよう。

困ったときはあの生きものに限る。
d0121678_1475357.jpg

サトキマダラヒカゲです。
※何回も紹介した気がします。

いぶし銀的チョウの仲間です。


ちょっと薄暗い場所を好むこのチョウが、
私の手にとまってくれました。

別に私にナウシカ的能力があるわけではなく、
ただ汗を吸いに来たのです。

図鑑には、
「獣糞や果実などにも集まる」
とあります。

私に獣糞的なものを感じたのでしょう。
野郎!


ちなみにチョウがうじゃうじゃいる南米などでは、
汗にまみれたシャツなどを林縁に放置しておくと、
チョウがウジャウジャ集まります。

そういった意味では、
サトキマダラヒカゲも見た目は和風でも、
根は南米系なのかもしれません。


とにかく今日はここまで。

とりとめもない話ですみません。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-06-02 14:16 | 生きもの情報 | Comments(0)