水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年末年始の休館のお知らせ

皆さんこんにちは。

サトーでございます。

水元かわせみの里の年末年始の休館のお知らせです。

水元かわせみの里は、
12月28日(日)~1月5日(月)
までお休みさせていただきます。

予めご了承ください。
休みたいのです。

今年最後の写真です。
d0121678_16245156.jpg

柿食うヒヨドリ。

「う、うまい!」
と言っていますね。たぶん。


ではまた来年。


良いお年を。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-27 16:25 | お知らせ | Comments(0)

今年最後かな?野鳥情報。

皆さんこんばんは。

クリスマスのため、3日で2キロ太ったサトーです。
朝から鳥のモモ肉を食べるのはよくないことです。
学びました。


さて、明日で水元かわせみの里仕事納めです。
ふふふ。


今年最後の野鳥情報です。


今回は、
常に日焼けしていることから、
「三郷のブラックサンダー」
という二つ名でよばれている、
バイトのモチヅキ君の写真を紹介します。


まずはこちら。
d0121678_17245690.jpg

d0121678_17255542.jpg

ノスリです。
うらやましい。

ネズミや小鳥、両生類など、
比較的小さな獲物を捕らえる猛禽類です。

うらやましい。


d0121678_173082.jpg

亜種アカウソだそうです。

鳥キチのモチヅキ君が、
羽の斑の入り方などから、おそらく間違いないといっていました。

彼は学校をさぼってでも(ジョークです)、
様々なフィールドに出かけている、
とても熱心な学生さんです。


タイシタモンダ。


有望な若者がたくさんいて、日本の夜明けも近そうです。


それでは今年はここまで。


1年間ブログをご覧いただき、ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします!


また年内更新したらゴメンナサイ。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-26 17:35 | 生きもの情報 | Comments(0)

かわいいイソシギのナゾ

みなさんこんにちは、ヤマザキです。

水元かわせみの里の裏手にある橋のたもとに
イソシギが来ていました。
d0121678_1456408.jpg


ここは潮の満ち引きの影響で大場川の水がひくと、干潟のようになります。
そこにいる虫などを食べているようです。

尾羽を動かしながら、チョコチョコと歩き回って地面をつつく姿は
とてもかわいらしいのです。


ところで、昔の外国の映画で「いそしぎ」というお話があります。
あらすじを読むと、なかなか大人のメロドラマなようで、
この映画と、かわいいイソシギのイメージが合わないと思い、調べたところ、
主人公が保護して大空へ放した鳥がイソシギだったようです。

ナゾがひとつ解け、すっきりしました。

クリスマスとは、まったく関係ない話題でしたが、
みなさん楽しいクリスマスイブを。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-24 14:55 | 生きもの情報 | Comments(1)

さらりと鳥紹介

皆さんこんばんは。

明日はお休みでうかれ気分のサト-です。


さらりと鳥を紹介します。


まずはカワセミ。
d0121678_22184478.jpg

今日はカワセミ、絶好調でした。

おそらく気温が高く、
魚の活性が高かったため、
よく魚とりに来ていたのでしょう。

d0121678_2221819.jpg

アトリもウジャウジャ。
d0121678_22231747.jpg

よく見るとウジャウジャ。

アキニレの実を何時間も食べていました。

綺麗なウソのオスもいました。
写真は撮れませんでした。



以上です!


今年も残りわずか。
大河ドラマも最終回でしたし。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-21 22:25 | 生きもの情報 | Comments(0)

かわいそうなタヌキと野鳥情報

皆さんこんにちは。

会社で怒られる夢を見たサトーです。



今日は気絶するくらい寒い中、
野鳥の調査をしてまいりました。

強風のせいもあり、種数はイマイチですが、
見られた鳥をあげていきます。

「水元かわせみの里」
カイツブリ
ヒヨドリ
ハシブトガラス
カワウ
※アトリ、ウソの目撃談もあります。

「水元小合溜周辺」
オオバン
ツグミ
カワラヒワ
カワセミ
コガモ
バン
シメ
カルガモ
ヒドリガモ
ダイサギ
スズメ
アオジ
ユリカモメ
キンクロハジロ
ホシハジロ
マガモ
コサギ
モズ

「キャンプ場」
キジバト
コゲラ
シジュウカラ
※アカゲラの目撃談アリ

「グリーンプラザ」
ハシボソガラス
ハクセキレイ
アオサギ
セグロセキレイ

「バードサンクチュアリ」
ウグイス
エナガ
シロハラ
※オオタカの目撃談アリ

「ガマ田」
ムクドリ
シメ
タヒバリ

めぼしい所はこんなトコロです。

今日の一枚はこちら。

d0121678_161435.jpg

シロハラ。
1m先まで寄ってきました。

地中の種子や虫などを食べていたようです。
餌付けされているからこんなに人懐こいのだろうか。


とりあえず以上です。


あと、今日はバードサンクチュアリでタヌキが見られました。
d0121678_1651665.jpg

残念ながら疥癬症のタヌキでした。
毛がほとんどありません。

これはビゼンダニというダニによって引き起こされるそうで、
最悪、衰弱して死に至ってしまうそうです。


感染経路はよくわかっていないそうですが、
タヌキの生息地が狭まったことで、
タヌキ同士が接触する機会が増え、
疥癬にかかる個体が多くなった、という報告もあるようです。

ヒトの活動はいろいろなところに影響を及ぼしているのですね。
うーん。


タヌキさんが棲める環境が遺されていることはうれしいことですが、
その環境を守り、より棲みやすい環境にしていかなければならないですね。

いつまでもタヌキ見たいですからね。



今日はここまでです。
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-18 16:18 | 生きもの情報 | Comments(2)

「水元かわせみの里 フォトコンテスト」受付開始!

こんにちは、ヤマザキです。

今年度の
水元かわせみの里 フォトコンテストの作品受付が、
本日より開始となりました!

d0121678_12374677.jpg

募集作品は、
「水元小合溜周辺に生息するさまざまな生きものを主題とした写真」です。

野鳥や、昆虫や、魚や、カエルや、植物や・・・
いろいろな生きものの写真の応募をお待ちしています!

募集期間は
12月13日(土)から1月12日(月・祝)までです。


応募いただいた作品は水元かわせみの里館内に展示し、
来館者の方々の投票により、入選作品4品を決定いたします。
作品の展示は、1月16日(金)から2月15日(日)までです。

また、入選作品は、ポストカードとして水元かわせみの里で販売いたします。
そして、今回のポスターにも使わせていただいたり、
入選作品には大活躍していただきます。


応募に必要なフォトコンテストの実施要項・応募票は、
水元かわせみの里のほか、
水元図書館、西水元地区図書館、JR金町駅、亀有駅、京成青砥駅にも
期間限定で置いていただいています。
また、葛飾区のホームページからもダウンロードできます。
http://www.city.katsushika.lg.jp/event/5889/023378.html

みなさんの応募をお待ちしています!
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-13 12:49 | イベント | Comments(2)

「生きものレポーター」調査結果ご報告

みなさまこんにちは。ヤマザキです。

水元かわせみの里では、
今年度より「生きものレポーター」制度を設け、
市民のみなさまに生きもの調査にご協力いただいています。

指定した10種類の生きものを見つけて、
水元かわせみの里へ報告していただく、というものです。

このたび、夏調査期間が終了し、集計結果がでましたので、
ご報告です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「生きものレポーター2014 夏調査」

■ 調査期間 平成26年5月3日~9月30日

■ 報告数 257件

生きもの別報告数ランキング!
1位 カワセミ 
2位 アカボシゴマダラ  
3位 コシアキトンボ
4位 オンブバッタ
5位 アメリカオニアザミ
6位 コウモリ類     
7位 カタツムリ類    
8位 ツバメの巣    
8位 アズマヒキガエル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0121678_18125080.jpg
d0121678_18131953.jpg


やはり、ダントツカワセミが多かったです。
みなさん報告したくなってしまうのでしょうか?
コウモリやカタツムリは報告数はそれほど多くないのですが、
ご自宅近くなど、いろいろな場所で見つけられています。

ご協力いただいた生きものレポーターのみなさま、
水元かわせみの里館内で生きもの情報を書いていただいたみなさま、
どうもありがとうございます!

引き続き、冬調査(2014年10月~2015年3月)の期間です。
多くの生きものたちが休眠に入るため、活動は活発ではありませんが、
冬越しの様子などが観察できると思います。
また、調査対象である冬鳥のツグミも北国から飛来しています。

さらにいろいろなご報告をうかがえるのを楽しみにしています。
生きものレポーターにご興味のある方は、
ぜひ、水元かわせみの里までお問合せください。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-11 18:18 | イベント | Comments(0)

「野鳥の達人シリーズ③カワセミについて学ぼう」

みなさまこんにちは。

このブログでも連日お伝えしていますとおり、
水元かわせみの里では、毎日のようにカワセミが見られるわけですが、
そのきれいな凛々しいカワセミをもっとよーく知りたい、
という方にピッタリの講座の受付がはじまりました。


まだお席に余裕がありますので、
気になる方はぜひお申込みください。
詳しくは、こちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座「野鳥の達人シリーズ③カワセミについて学ぼう」

カワセミ研究の第一人者である講師が、
カワセミの子育てなどの生態についての研究成果を、
分かりやすく解説します。
d0121678_11253811.jpg


【日時】平成27年1月10日(土)午後1時から3時まで(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
     〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
     電話03-3627-5201

【対象】小学校5年生以上

【定員】20人

【講師】矢野 亮(国立科学博物館附属自然教育園名誉研究員)

【費用】無料

【持ち物】特になし

【申込方法】電話で受付中

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
         〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
         電話03-3627-5201

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-11 11:29 | 自然学習講座 | Comments(0)

カワセミの止まり木を設置しました!サムイ!

皆さんこんばんは。

サトーでございます。


カメラマンさんからの要望もあり、
今日、新たなカワセミの止まり木を設置しました。
d0121678_16583735.jpg

胴長をはいて、水元小合溜にイン。

水に手を付けた瞬間、
あまりの冷たさに軽く失神しました。


一人網走番外地です。


今回はかなり頑丈に作ったので、
カワウが乗っても壊れないでしょう。たぶん。

しばらくすると…
d0121678_1732426.jpg


カワセミがとまってくれました!

落ち着いてしばらく羽づくろい。


気に入っていただけたようでよかったです。


サムイ思いをした甲斐がありました。

どんどん魚を獲ってくれ、
カワセミさん。



ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-10 17:05 | お知らせ | Comments(2)

普通種だっていいじゃないか、自然だもの。

皆さんこんにちは。

体調が87%まで回復したサトーです。

治りが遅いのは、
ペットのネズミが毎晩脱走して私の顔の上に乗るせいですね。
つまり寝不足なのですね。


賢すぎるのも考え物だ。



さて、このブログでは、
毎回珍しい生きものを紹介しなければならない、
という影のプレッシャーと闘いながら更新しておるわけですが、
そんなに毎回珍しい生きものに出会えません。

珍しいってそういうものですからね。


一方、どこでも見られる生きものはよく「普通種」と言われますが、
考えてみればひどい言葉です。

普通ってなんだろう。


こんな思春期の中学生みたいな思いが湧いてきたので、
今日は「THE・普通種」を紹介します。


ブログの閲覧数が下がるんだけど、
仕方ないです。
私は寝不足でひねくれているのです。


水元公園で一番みられるカモと言えば…
d0121678_1113474.jpg

ヒドリガモですね。
目がつぶらすぎて、申し訳なくなるくらいかわゆい。
なぜ頭の真ん中だけクリーム色なんだろうなぁ。


このカモは沢山いすぎて、
ほとんどの方が見向きもしません。
ドバトさんと同等の扱いを受けています。


d0121678_11165817.jpg

たまに陸地に上がり、
地面に落ちている植物の種子などを食べています。
ヒトをあまり気にしないで食べています。

しかしなぜ、
カモによってこのようにヒトをあまり恐れないもの、
そうでないものが出てくるのでしょうね。


シジュウカラやメジロ、
ヒヨドリなど、人との距離が近い生きものは、
都市部においても大繁栄をとげていますが、
警戒心の強い生きものと、そうでない生きもの、
その分かれ目というのが気になりますね。

ちょっと勉強しておきます。



今日は取り留めもない内容になってしまいましたが(いつもか)、
とりあえずここまでにします。


たくさんいる生きものも、
色々わからないことだらけです。



ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-12-09 11:28 | 生きもの情報 | Comments(1)