水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カワセミがもう2時間もいる。映画のようだね。

皆さんこんにちは。

懸垂が一回も出来なくなってしまったサトーです。
最早これまで。


さて、
13時頃から
このブログを書いている15時25分現在まで、
カワセミがずーっと止まっております。
d0121678_15235035.jpg

※写真はイメージです。実際は木陰にいます。


もうカワセミ見放題。
写真撮り放題です。


贅沢な施設です。


このロングラン記録、
どこまで続くか。

今も継続中です。



ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-28 15:26 | 生きもの情報 | Comments(0)

「クモの観察会」参加者募集中!

皆さんこんにちは。

昨日、さりげなく「かつしかFM」に出演したサトーです。
さりげなく自慢です。

出演が急きょ決まったので、
告知するのをコロッと忘れていました。


今回で2度目ですが、
かわせみの里の講座の告知や、
生きものの面白ネタなどをしゃべらせていただいております。

HPはこちら↓
かつしかFM

スマホやパソコンががあればどこでも聞けるようなので、
是非かつしかFM聞いてみてください。


さて、ここからは講座のご案内です。

毎年恒例の「クモの観察会」受付開始です!

詳細はこちら↓
=============================
クモの観察会

嫌われがちなクモにスポットを当て、生態や観察のおもしろさを伝えます。

【講師】加藤 輝代子(日本クモ学会幹事)

【日時】平成26年10月11日(土)午後1時から3時まで(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム及び水元小合溜周辺
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】どなたでも。小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【費用】無料

【持ち物】ルーペ(お持ちの方)

【申込方法】平成26年9月17日(水)午前9時から電話で受付開始(先着順)

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

=============================

d0121678_1018922.jpg

ナガコガネグモです。
当日も見られると思います。


この講座に出ると、
クモを愛してやまなくなります。


是非クモを愛したいという方、ぜひご参加ください。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-23 10:20 | 自然学習講座 | Comments(0)

第28回 水元ヒタキ祭り開催という感じ。 

皆さんこんにちは。

ゴーヤチャンプルを作るのが得意なサトーです(自称)。


さて、先日ノビタキが来たことをお伝えしましたが、
今の水元公園にはノビタキだけでなく、
色々なヒタキの仲間が来ているのです。


今日見られたヒタキはこちら。
d0121678_14564268.jpg

まずはコサメビタキ。
一見地味ですが、目がとてもかわゆいですね。

空中で小さい昆虫をとらえて食べていました。
おそらくハエやカの仲間だと思います。


次はこちら。
d0121678_14592668.jpg

エゾビタキです。

コサメに似ていますが、
胸から脇腹にかけ、縦斑があるのが特徴です。

コサメビタキと同じく、
サクラの木で昆虫を食べていました。

図鑑には「渡りの時期は1羽でいることが多い」とありましたが、
コサメと混群(異なる種同士が群れをなすこと)をつくり、
行動しているように見えました。


どこのポイントでも、
エゾとコサメは一緒にいましたね。


生息環境が似ているから、たまたま一緒だったのだろうか。
うーむ。


その他、キビタキのメスなども見られました。


カメラマンさんたちの輝く笑顔にあふれる、
水元公園内でした。


バードウォッチング、
今が黄金の季節です。
皆さんも是非。



ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-19 15:09 | 生きもの情報 | Comments(0)

ノビタキ、来てます

皆さんこんにちは。

最近、NHKドラマ「坂の上の雲」のDVDを借りて見まくっているサトーです。

余談ですが、
私がヒゲを伸ばしはじめたことはこの影響だという説がありますが、
あながち間違いではありません。


さて、
最近ノビタキが公園内に飛来したようです。
d0121678_13443987.jpg

望遠連レンズの調子が悪く(たぶん)、
ぼんやりしてますが、ノビタキです。

ホバリングしながら、
小さな昆虫を捕まえて食べていました。
渡りのための栄養を蓄えているのでしょう。

このほか、エゾビタキなどの他のヒタキの仲間や、
センダイムシクイなどのムシクイの仲間も来ているようです。

色々渡り鳥が入ってきて、
とても楽しい季節がやってきましたね。


今日はここまでです。
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-17 13:53 | 生きもの情報 | Comments(0)

江戸っ子と昆虫はソバが好き。

皆さんこんにちは。

体型が現役最後の方の野茂英雄みたいになってきたサトーです。
分からない人は今すぐ検索してください。


ただ今、水元公園の中央広場のソバ畑がお花満開です。


そこに様々な昆虫が飛来していて楽しいです。
d0121678_10185939.jpg

アカタテハとソバの花。

アカタテハやセセリチョウ、ガの仲間など、
チョウ目の昆虫がたくさん飛んでいましたが、
もっとたくさん飛んでいたのは…


d0121678_10205444.jpg

このキムネクマバチをはじめとするハチの仲間です。

ヒメハラナガツチバチやセイヨウミツバチなど、
様々なハチが飛来していました。

彼らは優秀なポリネーター(花粉媒介者)です。

もちろん私の愛するアブもいました。


さらにそのポリネーターを狙って…


d0121678_10234116.jpg

アオメアブ先生です。

このムシヒアブ科のアブの仲間は、
花に訪れる昆虫をとらえて体液を吸ってしまいます。

時にはスズメバチをとらえることもあります。
前にも紹介しましたね。

一部昆虫好きの間では、
「ムシヒキアブ最強説」なるものもあるそうです。

すごいぞ。


こんな感じで、
美しいソバ畑では昆虫たちの密かな戦いが繰り広げられています。

渡り鳥もいいですが、
昆虫も見逃せない時期です。


是非皆さんソバ畑へ。

余談ですが、
江戸っ子はソバは噛まずに飲み込むそうです。
私もチャレンジして、死にそうになりました。

ソバは噛んで食べましょう。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-15 10:31 | 生きもの情報 | Comments(0)

トックリバチ日誌

皆さんこんにちは。

そろそろ新たなカメラレンズが欲しいから、
ラスベガスに行きたくなってきたサトーです。


さて、
ちょこっとカワセミ情報ですが、
相変わらず好調バリバリです。
本日は12時時点で7回飛来しております。

その調子だ。


そして今日見られた生きものも紹介しますね。
こちらです。

d0121678_12304595.jpg

カラスノゴマの花に飛来したミカドトックリバチです。

このハチはその名の通り、
泥を使ってトックリ型の巣をつくり、
その中で幼虫を育てます。

親バチは子バチ(幼虫)のため、
蛾の幼虫を狩って与えます。

このハチは、ミツバチやスズメバチのように社会性のハチではなく、
単独で行動するハチです。


ちなみにハチの仲間のほとんどは、
実はこのような一匹狼的な生活型を持つものが多いのです。


大分気温が下がってきましたが、
まだハチはたくさん飛んでいます。

採餌中のハチはさわらなければ危険ではないので、
ぜひ観察してみてください。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-12 12:37 | 生きもの情報 | Comments(0)

写真をとること、不審者のごとし。

皆さんこんにちは。

髪型が美川憲一風になってきたサトーです。
前もそういう時期がありましたね。試練の時です。


さて、昨日、ナイトウォッチングの実施予定日でしたが、
痛恨の雨天順延となりました。まさに痛恨事。

それなので、
本日は少しだけ夜の生きものを紹介します。

まずは皆さんご存知?のこちらの生きものです。
d0121678_14332342.jpg

エンマコオロギです。

夜の水元公園で一人、
地面に這いつくばってとりました。

たまたま自転車に乗ったオジサンが通り過ぎ、
変態を見るような目で見られました。

仕方がないんだ。
仕事なんだ。


コオロギの仲間の多くは地上に棲むため、
這いつくばって写真をとるしかないのです。

ちなみに、背の低い草地が多い場所では、
コオロギがよく見られます。

背の高い草地が少ない都市部では、
キリギリス系が少なく、コオロギが多いのです。


つぎはこちら。
d0121678_14403297.jpg

ヒメクダマキモドキです。

もともと南方系のツユムシの仲間のですが、
温暖化のためか、今では公園内でたくさん見られます。

アカメガシワなどの木の葉を食べている姿がよく見られます。

見た目によらず?、
「ピチ、ピチ」と控えめに鳴きます。

写真の個体は産卵器が付いているのでメスですね。

d0121678_144571.jpg

最後はアブラコウモリ。
撮るのが難しすぎて泣いた。

9月に入ってから、だいたいPM6時ころから飛び始めるようになりました。

そういえば、本日から自然学習講座の、
コウモリウォッチングの受け付け開始になりました。
※10月4日(土)開催

詳細は後日お知らせします。
ただ、人気講座なので、
興味がある方は今電話した方が良いですよ~!


今日はこれまで。
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-07 14:49 | 生きもの情報 | Comments(0)

「キノコ観察会」参加者募集!

こんにちは、ヤマザキです。

最近、水元公園内が秋の渡り鳥でもりあがっているように、
秋を感じる生きものが、見られるようになってまいりました。
その代表選手とも言える、”キノコ”の観察会を行います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然学習講座「キノコ観察会」

キノコはどんな生きものか、どうつきあいどう楽しむかなど、
身近なキノコについて解説します。

【日時】平成26年9月27日(土)午後1時から4時まで(雨天決行)
   
【会場】水元小合溜周辺
   集合場所:水元公園グリーンプラザ
   解散場所:水元かわせみの里

【対象】どなたでも。ただし、小学校3年生以下は保護者同伴。

【定員】30人

【講師】大舘 一夫(キノコ入門講座 代表)

【費用】無料

【持ち物】ルーペ(お持ちの方)、動きやすい格好

【申込方法】電話か窓口で受付中(先着順)

【申込先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
     〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
     電話03-3627-5201

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キノコに詳しい先生にお話していただきながら、
水元公園のキノコを観察します。

d0121678_15293278.jpg

こちらは、昨年観察したオニフスベ。
真ん丸ですが、れっきとしてキノコです。
じつは、不思議なキノコが公園に結構あるのです。

残席わずかとなっておりますので、
ご興味のある方は、ぜひお申込みください。
お待ちしています!
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-05 15:35 | 自然学習講座 | Comments(0)

赤いツツドリと緑のアオダイショウ

皆さんこんにちは。

舌の付け根の痛みに苦しんでいるサトーです。


まずはカワセミ情報でございます。

今日のカワセミ。
d0121678_161102.jpg

安定的に飛来しております。
全盛期の貴乃花並みに安定しております。

ただ、今日は久しぶりに暑いせいか、
お魚が水面に上がってきていないようで、
魚とりがうまくいっていない様子でした。

とにかくもうカワセミはよく見られます。


d0121678_16134123.jpg

話は変わりますが、
今日の朝9時頃に1.5mほどのアオダイショウがいました。

アオダイショウはカワセミの天敵です。

しかし、アオダイショウがいるということは、
それだけ獲物となる生きものが豊富におり、
さらには隠れ家となるような茂みがたくさんあるということなので、
水元公園は自然豊かなステキな場所だという証でもあるのです。

つまり、アオダイショウはステキな生きものなのです。


d0121678_16184682.jpg

最後はツツドリ。
カッコウやホトトギスの仲間です。
かなり撮影が難しく、参考程度の写真ですみません。


この個体は赤色型なので、
全体にレンガ色っぽい羽色を持っています。


ところでここ最近、
ツツドリはサクラの木でよく見られます。
なぜでしょうか?


d0121678_16214275.jpg

わかりますかね?

クチバシにくわえていますね、何かを。

これはモンクロシャチホコという蛾の幼虫ですね。


この時期になると、モンクロさんが大発生します。

それを狙ってツツドリ先生たちが飛来し、
一生懸命食べているのです。

ここでしっかり栄養を蓄え、
南の地域に渡っていくのでしょう。


だから、
モンクロさんが大発生したら、
「ああ、ツツドリくるかもな」と、思ってください。



よし、今日はここまでです。
ブログ2回分のネタを使ってしまった。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2014-09-02 16:33 | 生きもの情報 | Comments(0)