「ほっ」と。キャンペーン

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カワセミ、すごいです。

皆さんこんばんは。

もうすぐ、坂本竜馬の享年(満31歳)を超えてしまうサトーです。
もう、こえてしまうのか。坂本さん。


さて、最近のカワセミですが、
すごいんです。ものすごい飛来回数を記録しています。

ここ5日間の飛来回数でみると、

4月25日(木):20回
   26日(金):13回
   27日(土):19回
  28日(日):18回
   29日(月):25回※過去最多?

黙って鼻くそほじっていても飛んできます。

オスメス交互に巣穴に魚を運んでいますが、
運んでいる魚もだいぶ大きくなってきましたので、
幼鳥の巣立ちも近いようです。

あと、盛んに交尾をします。
スタッフが確認しただけでも3回行っていました。
すごい。

このカワセミバブルのおかげで、
カメラマンさんもウナるほどやってきてくれています。
ヘビも迂闊に近寄れまい。


このまま順調にいくことを祈りつつ、
今日のブログを終わりにしたいと思います。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-29 18:16 | Comments(0)

水元かわせみの里が、日テレの「スッキリ!!」に出ます!

皆さんこんにちは。

イネ科花粉のため、
鼻で息ができないサトーです。

そのため、
しばらく話し方が黒柳徹子風になります。
ご了承ください。


さて、早速ですが、
水元かわせみの里が、テレビで紹介されます!

本当に。

日本テレビの「スッキリ!!」という番組です。
詳細はこちら↓

番組名:日本テレビ「スッキリ!!」内「スッキリ天気予報」

日  時:2013年5月2日(木)10時10分頃~1分半程度

内  容:かわせみの里の裏でみられる「鯉の滝登り」の紹介がメインですが、
     冒頭で施設の紹介も行われる予定です(ガイドの風景なども?)。

※私は地デジに耐えられない顔なので、出ないと思います。

皆さん、ぜひ見てくださいね!
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-27 15:14 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ危機一髪&水元公園野鳥情報

皆さんこんにちは。

一分刈り(3mm)の坊主頭のため、
見た目がテロリスト風のサトーです。

怖がらなくていいですよ。


さて、怖いといえば、
今日は午前中からカラスやヘビに襲われるという、
何ともドメスティック→ヴァイオレントな日を送っております。

なぜヘビに襲われたかというと、
ヘビがカワセミの営巣壁近くに現れたという情報があったため、
私が捕まえに行ったからです。

捕まえたヘビはこちら。

d0121678_15241415.jpg

体長約1mのアオダイショウ。
危なかった。しかしクサイ。
危険を感じると臭いを出すそうです。

おかげで私の左手はヘビクサイ。
電車内で迷惑人種として扱われること必定。


その後、捕まえて室内で見ていたら、
お客さんが目を三角にして、
「殺してしまえばいい!」とおっしゃっていましたが、
何を隠そうアオダイショウも東京都では「準絶滅危惧種」。

ヘビでも何でも、自然界では大切な生きものなのです。
とおーくへ逃がしてきます。


ともかくカワセミは無事です。
皆さんの見守り、お願いいたします。


ここからは野鳥情報。
渡り鳥入っているようです。
d0121678_15411746.jpg

オオルリ。
証拠写真程度で申し訳ないです。
実は人生初オオルリ写し。いとうれし。

なお、オオルリは渡りの途中で公園によっているだけなので、
しばらくするといなくなってしまいます。

d0121678_15453173.jpg

アオサギが巣を作っていました。

アオサギのヒナが驚くほどかわいくないです(笑)

バードサンクチュアリ内の木の上に何個も巣が作られていました。
オオルリのような珍しい鳥だけでなく、
アオサギのような一年中みられる鳥も、
じっくり観察すると面白いですよ。


それでは今日見られた野鳥をざっとあげていきます。
こちら↓

調査日時:4月25日 8時~11時30分

確認種:

ツグミ
コゲラ
シジュウカラ
シロハラ
ムクドリ
ダイサギ
モズ
ツバメ
ヒヨドリ
ハシブトガラス
ハシボソガラス
ゴイサギ
カワウ
アオサギ
コサギ
キビタキ
オオルリ
センダイムシクイ
メジロ
カルガモ
ヒドリガモ
ユリカモメ
カイツブリ
アオジ
キジバト
オナガ
ハクセキレイ
カワセミ
カワラヒワ
オオバン
シメ

計31種

※水元かわせみの里~水元大橋間で見られた野鳥です。

以上です。
これからもまだまだ渡り鳥が来ると思いますので、
皆さんも何か見られましたら是非コメントください。

宜しくお願いします!

※ちなみに今日は、
  1月に職場体験に来てくれた水元中学校野球部が、
  区大会準決勝を戦っているとのこと。やるな!
  
  がんばれ水中!あと一勝で都大会!
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-25 16:02 | 生きもの情報 | Comments(11)

こどもまつり中止で閑古鳥

皆さんこんにちは。

低気圧の影響で両ヒザが痛いサトーです。


今日は水元公園内で、
葛飾区主催の「こどもまつり」が行われる予定だったのですが、
雨のため中止となりました。

そしてこの冷たい雨のせいで、
園内に人の気配はありませぬ。

毎週土日に天気が悪いのは気のせいでしょうか。

「日照りのサトー」と言われた私でも、
もはやどうすることもできません。


さて、湿った話はこれくらいにして、
まずは園内野鳥情報を。

最近はオオルリ、キビタキなどが入っているらしく、
いよいよカメラマンさんたちが騒然としてきました。

俺も撮りてえ。

これからどんどん入ってくると思いますので、
皆さん要チェックですよ。


で、例にもれずまだこれらの鳥の写真が撮れていないので、
マイナー?昆虫写真をお届けします。
まずはこちら。
d0121678_1156747.jpg

マガリケムシヒキというアブ。
笠 智衆のようなたたずまい。

結構よくみられるアブの仲間で、
小さい昆虫をとらえて食べます。

まあ、アブ嫌いの人が見たら卒倒するかもしれませんが、
自然界では小さい昆虫の増えすぎを防ぐという、
渋い働きをしています。まさに笠 智衆。

d0121678_1202877.jpg

これは、ノウルシの花の蜜を吸うクロヤマアリ。
どっちも聞いたことないっていう人がほとんどかと思います。
日本国民の99.7%はそうでしょう。

ノウルシはともかく、
クロヤマアリはどこにでもいるアリです。
近所の空き地なんかにもいるかもしれません。

今日はとりあえず、
アリにも色々な種類がいることを覚えておいてください。


今日は寒いのでこれくらいにしておきます。

では近いうちに野鳥の写真を撮りに行きますので、
カメラマンの皆さん、冷たくしないでくださいね。


ではまた!
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-21 12:06 | 生きもの情報 | Comments(2)

アカボシゴマダラ、幼虫。

皆さんこんばんは。

なかなかハードな怖い夢を見て、寝不足気味のサトーです。


さて、今日のお昼休み、
水元かわせみの里の野草園の中を散策していたら、
面白い幼虫を見つけました。

d0121678_1812919.jpg

葉っぱの端からこんにちは。
アカボシゴマダラの幼虫でした。

d0121678_18124826.jpg

この個体は、蛹(さなぎ)になる直前の、
前蛹(ぜんよう)の状態に突入しているようです。

まあ、以前も紹介したかもしれませんが、
このアカボシは人の手によって外国から持ち込まれた、
いわゆる外来種です。

ほんとここ数年で水元内でフツーに見られるようになりました。
僕の感覚だと、在来種のゴマダラチョウよりもよく見られるようになっている気がします。

外来種問題、難しい問題ですが、
持ち込んだ人のモラルに問題があるのは明白。


今後、このようなことが起きないよう、
我々は尽力したいところです。


環境問題と我々のモラルの問題、
なかなか根っこは深そうです。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-18 18:20 | 生きもの情報 | Comments(2)

カワセミのヒナが、かえったか!?

皆さんこんにちは。

我が家に新しいペット(ボタンインコ)がきて、
上機嫌なサトーです。

さて、最近カワセミが全く来ず、
多くのカメラマンさんに見捨てられた感がある水元かわせみの里。

しかし今日はひっきりなしに出入りしています。
しかも小魚をくわえて!

これはヒナがかえった可能性が高いです。

カメラマンの皆さん、
ヘビが来ないよう、見張ってください!


また動きがあればお知らせします。
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-16 16:57 | 生きもの情報 | Comments(2)

自然学習講座「野鳥の声を聞き分けよう!」&「春の自然”感”察とスケッチ教室」

こんにちは、ヤマザキです。

春あたたかな気候に誘われて、
生きものたちも、ますますにぎやかになってきましたね。

そんな生きものについて毎年さまざまなテーマで行っている
「自然学習講座」ですが、
4月最後の連休にも開催します。
しかも2つも!



まずは、1つめです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野鳥の達人シリーズ①
野鳥の声を聞き分けよう!


春の水元公園で、にぎやかな野鳥の声を聞き、
その声の意味や聞き分けるコツを解説します。

【日時】平成25年4月27日(土)午前9時~11時(雨天決行)
   
【集合】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
    〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
    電話03-3627-5201

【対象】小学校5年生以上

【講師】中村 忠昌(NPO法人生態教育センター 主任指導員)

【費用】無料

【持ち物】双眼鏡(貸出有り)、帽子、飲み物、動きやすい服装

【申込方法】水元かわせみの里へ、電話か窓口で受付

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
       〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
       電話03-3627-5201

※野鳥の達人シリーズは、今年度全4回開催します。
すべて受講した方に、記念品をさしあげます。
他の講座は、平成25年12月7日(土)、
12月15日(日)、平成26年2月15日(土)に開催予定
です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


d0121678_193671.jpg

キビタキ。
そろそろ夏鳥がやってくる季節ですので、
声が聞けたらいいですね。

鳥たちの都合で、ちょっと朝早い開催となりますが、
ご了承ください。



そして、もうひとつは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
春の自然”感”察とスケッチ教室

春の水元小合溜の自然“感”察を行いながら、
初心者でもできるスケッチの描き方等を紹介します。

【日時】平成25年4月29日(月・祝)午後1時~3時(雨天決行)
   
【集合】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
    〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
    電話03-3627-5201

【対象】どなたでも。ただし、小学校3年生以下のお子様は、
    保護者と一緒に参加してください。

【講師】山本 正臣(自然画家・流木造形作家)

【費用】無料

【持ち物】筆・絵の具などの画材(色鉛筆の貸出有)、帽子、飲み物

【申込方法】水元かわせみの里へ、電話か窓口で受付

【申し込み先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
       〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
       電話03-3627-5201
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
d0121678_193323.jpg


ヤハズエンドウ。別名カラスノエンドウ。
食卓にならぶサヤエンドウなどと同じ、豆の仲間です。
お花の形もそっくりですね。
他にもいろんな植物が”感”察できそうです。


それでは、
ご応募お待ちしております!
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-12 19:10 | 自然学習講座 | Comments(0)

ツマキチョウはとまらない

皆さんこんにちは。

先日、一日に2回食べ放題にいったサトーです。
太ってすみません。


さて、3月から4月の間だけしか見られないチョウが、
今飛んでおります。

d0121678_16293245.jpg

ツマキチョウです。
このチョウはなかなか止まらないので、
撮影に苦労しました。

この個体はメスで、
アブラナ科の植物に産卵している最中です。

この後、オスがちょっかいかけに来ました。
d0121678_1632176.jpg

急に来たのでうまく撮れなかった…。

右上の翅の先が黄色いのがオスです。

そう、ツマキチョウは、
別に妻(ツマ)が黄色いわけではないのです。

「ツマ」を辞書で調べると、
「長着の裾(すそ)の左右両端の部分。」とあります。

なるほど、まさに両端が黄色いですね。


このチョウは、はじめに言ったとおり、
この時期にしか見られません。

あとはほとんど蛹で過ごす変わったチョウです。


皆さん、ツマキチョウを見るなら今だけです。
水元かわせみの裏で毎日飛んでいますので、
ぜひ見に来てください。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-12 16:40 | 生きもの情報 | Comments(0)

ナガメ、つまり菜の花につくカメムシ。

皆さんこんばんは。

タイトルですでに今日伝えたいことを伝えてしまったサトーです。

おそらく毎年紹介していますね、
ナガメ。

d0121678_18472858.jpg


たぶん僕はこの昆虫が好きなんでしょうね。
自覚はないんですけどね。


いま、なぜこの昆虫は、
背中にこんな派手な模様をしょっているのか、
人が誰もいないかわせみの里で思惟していますが、
おそらく、
「私は毒があるんです、食べないでください。おいしくないです。」
と、外敵にアピールしているのではないかと思います。
あくまで推測です。

別に、「あ、ウォーズマンの顔みたいでおもしろいね!」
と、人間に言われたいがためにこんな模様しているわけではないのです。
たぶん。

生きものの体の形、色、模様などは、
長い進化を経てそうなったのであって、
ちゃんと意味があるはずです。

そういう視点で自然を見ると、
結構違った側面で自然が見えてくるはずです。

皆さんも女子高生みたいになんでも「カワイイ!」で済まさず、
その生きものの形態の意味をぜひ考えてみてください。


しかし今回の話は骨董にも通じますな。


ちがうか。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-11 18:56 | 生きもの情報 | Comments(2)

最近のカワセミの動向とカナヘビについて

皆さんこんにちは。

最近、趣味の骨董収集が妻の逆鱗に触れ、
強権を持って収集が禁止されてしまったサトーです。

この先、どうやって生きていけばいいんだ。


さて、最近のカワセミ情報ですが、
はっきり言ってあまり見られません。

というのも、タマゴを温める時期に入ったからなのです。
めでたいことなのです。

なので、卵が孵化するまで、
皆さん辛抱してください。

毎年この時期は我々運営側にとってもきつい時期なのです。

「カワセミ来ないからネコの里にすれば?」
「いや、カワウの里だね!」

など、常連さんの軽口に血の涙を流しながら耐える日々なのです。


無事に巣立ちを迎えてくれればいいですが・・・。


最後におまけでこちらの生きものを。
d0121678_16322854.jpg

アップでみると恐竜的なカナヘビ。

我々がカナヘビのために隠れ家となる場所を作ったところ、
5、6匹のカナヘビがたむろするようになりました。

隠れ家は生きものにとって、とても大切なのです。


そろそろ夏鳥も入りはじめているので、
次回はぜひオオルリ、キビタキあたりを紹介したいところです。

期待しないでお待ちください。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2013-04-09 16:39 | 生きもの情報 | Comments(2)