水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

サトー、いかる!

皆さんこんにちは。

怒っているサトーです。
そう、怒っているのです。

その理由はまた後にして、
まずは野鳥情報。写真はなしよ。

今日の水元かわせみの里周辺では、
ヒガラ、アカハラ、キンクロハジロなどの他、
ウソ(ずっといますね)、メジロ(メチャいます)、
ジョウビタキ♀などが見られています。

カワセミについては、
いつもの止まり木にずっとゴイサギがいたせいか、
かなり低調でした。
う~む、どうしたんだろう。

とりあえず今日の野鳥はこんな感じでした。


ここからは私が最近怒りを覚えたニュース


ご神木
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-28 17:34 | スタッフ | Comments(4)

第4回 水元かわせみの里 フォトコンテスト

こんにちは、ヤマザキです。

いよいよです。

第4回
 水元かわせみの里 フォトコンテスト
 を
今年も開催いたします!

d0121678_15405557.jpg



作品は、
「水元小合溜の生きものを主題とした写真」とします。

ですので、野鳥や、昆虫や、魚や、カエルや、植物や・・・
たくさんの生きものの写真を応募してください!


来月の12月15日(土)から1月14日(月)まで、
みなさんからの作品を受け付けます。
ちなみに、上のポスターの写真は、昨年の入選作です。


その後、みなさまの作品はかわせみの里館内に展示し、
来館者の方々の投票により、入選作品4品を決定いたします。

作品の展示は、1月17日(木)から2月17日(日)までです。

入選作品は、ポストカードとして水元かわせみの里で販売いたします。
また、入選作品に投票された来館者の方には、
抽選でポストカードをプレゼントいたします。


応募に必要なフォトコンテストの実施要項・応募票は、
水元かわせみの里のほか、
水元図書館、西水元地区図書館にも置いていただいています。
また、葛飾区のホームページからもダウンロードできます。

今年もたくさんの作品をお待ちしています!
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-24 15:49 | イベント | Comments(0)

秋だね。

皆さんこんばんは。

今晩、一生懸命作ったシチューを、
ツマに「マズイ!」と酷評されたサトーです。

最近のカワセミ情報ですが、
相変わらず1日10回前後来ています。

その他、
ウソ、マヒワ、ベニマシコなどの目撃情報はありますが、
かわせみの里周辺のマヒワの数は減少傾向にあるようです。

あと、今は何と言っても紅葉が見頃。
d0121678_2103720.jpg

紅葉あまり写ってないですが参考までに。
晴れた日は最高ですので、
是非お越しください。

明日は雨だけど、雨でも最高。

あと、ただ今、
葛飾区の郷土と天文の博物館にて、
特別展「東京低地災害史」が開催されています。

目からウロコの内容ばかりなので、
皆さん是非行ってみてください~。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-22 21:09 | 生きもの情報 | Comments(0)

カッコウ→ツツドリ

皆さんこんにちは。

サトーでございます。


以前紹介した「カッコウ」ですが、
どうやらツツドリだったもようです。

鳥類の研究所の方が調べてくださったそうです。
たいへん失礼しました。

わき腹にある横線が、
9~11本に見えるのがツツドリ、
11~13本に見えるのがカッコウだそうです。
うーん、11本だった場合、どうすればいいのだ。

後はその線の太さだとか、
鳥自体の大きさなどが見分けるポイントだそうです。
※ちなみにカッコウの全長は35cm、
ツツドリは33cm!うーん、難しい。

鳴いてくれさえすればすぐ分かるんですけどね。
いやしかしこの仲間の見分けの難しさを体感しました。

教えてくださったカメラマンの皆様有難うございました。
これからより精進していきます!

また何かありましたらご教授ください。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-18 13:23 | 生きもの情報 | Comments(0)

「秋のクラフト教室」開催!

皆さんこんにちは。

昨日、ハムスターを衝動買いしたサトーです。

ネズミの仲間って、なんでこんなにかわゆいのだろう。
私はネズミになりたい。


さて、何を隠そう明日、
秋の恒例イベントである「秋のクラフト教室」が行われますよ~!

詳細はこちら↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
秋のクラフト教室

公園内の木の実や枝などを利用して、
かわいい生きものクラフト作りを行います。

【日時】平成24年11月17日(土)午前10時から午後3時(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
電話03-3627-5201

【対象】どなたでもご参加いただけます。
     小学校3年生以下のお子様は、保護者と一緒に参加してください。

【定員】なし。ただし、混雑状況によりお待ちいただく場合があります。

【費用】無料

【参加方法】申込は不要です。時間内に直接会場へお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな作品が作れます(イメージ)↓
d0121678_9544361.jpg

カイツブリ。
d0121678_9545414.jpg

カワセミ
d0121678_9551851.jpg

トンボ。

私は日ごろの行いが悪いので、
明日はお天気がイマイチみたいですが、
室内イベントなので気兼ねなく来てください。

お待ちしております~。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-16 09:58 | イベント | Comments(0)

ミヤマホオジロとマヒワのなる木

皆さんこんにちは。

毎日、スクワットをするようになったサトーです。
※まだ一日目。


ここ最近、
「野鳥がウナるほど来ています!」と、
ブログ内で盛んに言っておりますが、
まだフィーバーは続いております。

珍しい野鳥を見つけるのには、
カメラマンさんが集まっている場所に行くのが近道ですが、
「近道は嫌いです」という、
高倉健的な方でも、ぷらぷら歩いていれば変わった鳥に巡り合えます。
それほど今シーズンは野鳥がたくさんいるのです。

今日見られた鳥はこちら。
d0121678_13254471.jpg

ミヤマホオジロ。
リーゼント頭みたいで粋な野鳥です。

例年ならガマ田という、ガマやヨシがたくさん生えている場所でみられるのですが、
水元かわせみの里の野草園にいました。
(追記)↓
ミヤマホオジロはガマ田には来ないそうです。失礼しました。
まだ水元では数例しかみられていないという情報もあります。 
 
次はこちら。
d0121678_13275511.jpg

一見、ただの木のようですが、
ハンノキにマヒワがたくさんついています。
まだ実が未熟なのに、一生懸命食べていました。
※ちなみにうちのツマはマヒワのことを、 いつも「マフィア」と言ってしまいます。良い子のみんなは真似しないでね。

こちらも例年だと、1、2月にたくさん見られだすのですが、
今年は11月の時点でかなり来ています。
d0121678_13315353.jpg

これ全部マヒワ。
実際はこの3倍くらいいました。

d0121678_13322454.jpg

黄色がステキ。
メマツヨイグサの実も食べていました。
外来の植物も、意外と野鳥のお役に立っているのですね。


こんな感じで、
いまだにウナるほど野鳥が見られますので、
是非皆さんも見に来てください~。
ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-13 13:36 | 生きもの情報 | Comments(0)

ウソだけどウソじゃないのよ。

皆さんこんにちは。

首のかゆみに悩まされているサトーです。
I want 湿度。


今、公園全体でウナルほど野鳥が来ていますが、
水元かわせみの里周辺にもウナルほど来ています。
ウソじゃないです。

証拠の写真はこちら。
d0121678_12311455.jpg

まずはウソです。
いや、ホントにウソという名前なのです。

施設の窓際すぐ前に飛んできました。
かわゆい。

例年だとあまり飛来しないのですが、
今年は結構来ています。

d0121678_12342460.jpg

日本最小の野鳥、キクイタダキ。
動きが速く、証拠写真程度でスミマセン。

体長は10cmしかなく、
本当に小さいです。

以前、カマキリに捕まったキクイタダキの写真を見たことがあります。
そんなに小さいのです。

施設周辺に10羽ほど飛んでいました。

d0121678_1237152.jpg

最後はジョウビタキのメス。

なわばりをもつ鳥なので、
毎日ほぼ同じ場所でみられます。

う~ん、かわゆい。
生まれ変わったらジョウビタキになりたい。


この他、
シメ、イソシギ、ツグミなどなど、
色々な鳥が来ています。

野鳥ガイドもやっていますので、
是非かわせみの里にお越しくださいませ。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-11 12:40 | 生きもの情報 | Comments(2)

野鳥の講座を開催します!

みなさんこんにちは、ヤマザキです。

野鳥の話題が飛び交っていますが、
野鳥が大好きなみなさんへ、講座のお知らせです。
なんと2連発です。


まずは、
野鳥にとってすみやすい環境とはどんなものか、知りたい!
そして野鳥が観察したい!という方のために・・・

自然学習講座
「冬の野鳥観察と環境作りの話」

全国の野鳥観察施設の計画にかかわった講師が、
野鳥との共存のためのノウハウや、
野鳥の生態について解説しながら観察会を行います。

【日時】平成24年12月8日(土)午後1時から3時(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
     〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
     電話03-3627-5201

【対象】どなたでも。ただし、小学校3年生以下のお子様は、
    保護者の方と一緒に参加してください。

【講師】小河原 孝生 (NPO法人生態教育センター理事長)

【持ち物】双眼鏡(お持ちの方)、帽子、飲み物、暖かく動きやすい格好

【定員】30人(先着順)

d0121678_13575337.jpg

去年観察したかわいいコガモです。
北の国から渡って来るカモの仲間もこれから増えていきそうです。
例年になく、たくさんの野鳥が観察できるのではないかと、
私も楽しみにしています。



もう1つは、
かわいい野鳥をおうちにご招待したい!という方のために・・・
自然学習講座
「野鳥のためのリース&ツリー作り」

野鳥が食べられる材料で作るリースなど、
生きものを家に呼ぶための簡単な仕かけの
作り方を紹介します。

【日時】平成24年12月15日(土)、平成24年12月22日(土)
    いずれも午後1時から3時(雨天決行)
   
【会場】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
     〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
     電話03-3627-5201

【対象】どなたでも。ただし、小学校3年生以下のお子様は、
    保護者の方と一緒に参加してください。

【定員】各回20人(先着順)

【講師】水元かわせみの里 専門員

【持ち物】帽子、飲み物、あたたかく動きやすい格好

d0121678_1484492.jpg

水元かわせみの里では、ピーナツでできたリースを飾ると、
シジュウカラがやってきました。


どちらの講座も、水元かわせみの里の電話か窓口で受付中です!

【申込先】水元かわせみの里 水辺のふれあいルーム
     〒125-0034 葛飾区水元公園8番3号
     電話03-3627-5201


もちろん、費用は無料でございます。

みなさまのお申込をお待ちしています!
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-10 14:16 | 自然学習講座 | Comments(0)

カッコウ、カッコウ

皆さんこんにちは。

今、子どもとドングリゴマ対決をして負けたサトーです。
こうやって大人の威厳ってなくなっていくのですね。


さて、今日はボランティアさんと一緒にバードウォッチングをしました。
見られた主な鳥は、
オオタカ、
ノスリ、
キクイタダキ、
アカゲラ、
ヒガラ、
ウソ(ウソという名の鳥ですよ)、
などなど、
バリエーションに富んだ鳥が見られました。

その中でも異彩を放っていた鳥はこちら。
d0121678_16272647.jpg

カッコウです。
皆さんも歌などで知っているのではないでしょうか。

カッコウってこんな姿なのです。
見た目はほぼハトです。

でも、水元公園内では珍しいので、
ウナるほど大勢のカメラマンさんがカッコウを撮りにやってきています。
ヨン様もびっくり。もうヨン様は流行ってないか。

これからカッコウは南の地域に渡り、
冬を越します。

カッコウに会えるのもあとわずか。
明日もカメラマンさんの熱い撮影が行われるでしょう。
私も混ざろうっと。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-08 16:37 | 生きもの情報 | Comments(5)

俺は渡り鳥

皆さんこんにちは。

悪ガキ達が館内で大暴れしているため、
まったく仕事がはかどっていないサトーです。

彼らは巨大な鉄板と、鉄の棒を館内に持ち込んできました。
暴徒か、君たちは。

とにもかくにも、葛飾区のカワセミっ子(かわせみの里に来る子のこと)は、
今日もパワフル&デンジャラスです。

こら、エアーガンを撃つんじゃない!


さて、
今年の渡り鳥情報ですが、
カモ類はおおむね順調に来ております。
マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、コガモ、
などなど、色々なカモがやってきております。

そして、去年あまり見られなかったユリカモメは、
今年は順調に来ています。
d0121678_1654263.jpg

2年連続でほとんど見られないという事態にはならなそうですね。

渡り鳥は色々な国を経由して日本に来ますので、
中継地点の国の環境が悪くなっても、
日本でみられる鳥の数が減ってしまう可能性があります。

いつまでも日本でたくさんの渡り鳥を見つづけるためには、
地球全体の環境を保全しなければならないのですね。

たまには真面目なこともいってみました。


また色々な渡り鳥の写真が撮れたら紹介いたしますので、
首を長~くして待っていてください。
d0121678_16173573.jpg


それではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2012-11-07 16:17 | 生きもの情報 | Comments(0)