水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました(^-^)ノ

d0121678_2112432.jpg

↑こちらは「ユキヤナギ」です。
水元かわせみの里に入ってくる坂道の左側、工事中フェンスの中にあります。


みなさん、こんにちは
スタッフのイトーです。

突然で申し訳ありませんが、
イトーは本日を持ちまして
水元かわせみの里を離れることとなりました。

転勤で4月からは
岐阜の自然発見館という施設で働きます。

2年近くの間、
水元かわせみの里に来てくださった皆さまには
大変お世話になりました。

かわせみの里に来てくださる方々は、
皆さん親切で暖かく、この仕事での初めての職場が
かわせみの里で本当によかったです。

これからの僕の人生で
本当に忘れられない場所になりました。
かわせみの里で学んだことを、
これからも活かしていきたいと思います。

来館者のみなさん、ボランティアのみなさん、そして先輩方、バイトのみなさん
本当にありがとうございました。

最後に、不安なことが多い世の中ですが、
カワセミや様々な生きものたちを観ることで
少しでも癒されることがあれば幸いです。

ではまた会う日まで!
イトーでした!!


P.S
もちろん、僕がいなくなってもブログは続きますよ!
これからも水元かわせみの里をよろしくお願いします!!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-29 22:23 | スタッフ | Comments(5)

カワセミとネズミ情報

皆さんこんにちは。

最近、ウィンナーばかり食べているサトーです。

さて、最近のカワセミ情報ですが、
正直、ほとんど来ません。本当に来ません。

他の場所で巣作りをしている(らしい)のが原因みたいですが、
かわせみの里を素通りして飛んでいってしまうケースが多いです。

カムバック、カワセミ。

カワセミのかわりに、最近この生きものが多く訪れます。
d0121678_17395971.jpg

特定外来生物・マスクラットです(北・中米原産)。

増えてしまうと、困ってしまう生きものですが、
悲しいかな来館者の方に人気があります。

ちなみにこの個体は、
草を食べている時、目をつぶって食べる癖があり、
残念ながらかわいらしいです。

d0121678_1751146.jpg

大好きな葉っぱをくわえて泳いでいます。
ノゲシの根っこを、陰に隠れてムシャムシャ食べていました。

日本固有の生きものに影響を与える外来種は困ったものですが、
彼らの生態を観察するのも、勉強になります。

またカワセミの繁殖に関して、
何かあれば報告いたします。

お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-25 17:58 | 生きもの情報 | Comments(0)

Let's ボランティア!!

皆さん、こんにちは。
スタッフのイトーです。

金町浄水場のニュースが流れていますが、皆さん冷静な対応をお願いします。

さて本日は、ボランティア活動で水元小合溜周辺の美化活動を行いました。
水元かわせみの里のボランティアさんは、みなさんとても頼もしく、ガンガンごみを拾ってくれます!
d0121678_1833174.jpg

↑こちらはごみ拾いの様子ですが、毎回予想を超えるほどのごみが集まります。

正直に言うと、ごみを拾っているときは「なんで捨てるんだっ!」と怒りたくなってきます。
でも水元小合溜沿いを歩くことで、季節の自然に触れることもできますし、軽い運動にもなりますし、ごみも減るわけですから、結果的には楽しいと思います
(o^v^o)ノ

ボランティアさんは随時募集していますので、ご興味ある方は是非スタッフまで!


ではこれからは、ボランティア活動中に見られた生きものをご紹介します!
d0121678_18333522.jpg

こちらはグリーンプラザの横を通りかかったときに見かけた「ミツマタ」です。
グリーンプラザの敷地内にあります。お札の原料になることで知られていますね。
枝の分かれ方が名前の通り三又になっているのが特徴です。

d0121678_1833513.jpg

こちらは苗圃の中にあるサクラです。キレイに咲いていました。
サクラは多くの品種があり、この木に樹名板(木の名前が書いてある板)が無かったので、何ザクラかわかりませんでした…(ToT)

メジロがたくさんサクラの花の蜜を吸いに来ていましたよ!ちなみにメジロの舌は先端が割れて筆の様になっており、蜜を吸いやすくなってるんです。


こんな感じで、自然を楽しみながらボランティア活動をしております。
美化活動は月1回程度で、他にもクラフトづくりや野草園の手入れなど、いろいろ行っていますし、都合の良いときだけでも大丈夫です。

あと1週間で4月。新しいことを始める季節に、ボランティアを始めてみてはいかがでしょう!
ではまた、イトーでした!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-24 19:32 | ボランティア活動 | Comments(0)

がんばって生きる

みなさんこんにちは。

おとつい、ようやくペットボトルの水が買えたサトーです。
スーパーでは相変わらず品薄状態が続いております。
スーパーをこよなく愛する私としては、
とても寂しさを感じます。

さて、春もかなり進み、
植物種のバラエティは豊富になってきました。

こんな見たことのない植物も生えていました。
d0121678_11482541.jpg

なんだか分かりますか?

これはシロバナホトケノザです。
普通は紫色の花なんですけどね。

水元かわせみの里の一角だけに生えていました。

次は春の風物詩です。
d0121678_11522579.jpg

ツクシ(スギナ)です。
ものすごい勢いで、たくさん生えておりました。

自然界の勢いといいますか、
生命力は本当にすごいですね。

被災地も、ツクシが生えるように、
力強く復興して欲しいです。

私自身も、宮城、岩手、福島は、
とてもお世話になった思い出深い土地ですし、
多くの友人、知人が住んでいます。

被災された皆さん、心から早期復興と無事を祈っております。

そんなことしか私にはできません。
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-20 12:12 | 生きもの情報 | Comments(0)

なんでもない日常が〇〇です。

みなさん、こんにちは。
スタッフのイトーです!

先日、新大久保の韓国料理屋に行ってサムギョプサルを食べてきました。
さすが行列ができる店だけあって、美味しかったです。

ちなみにカワセミを韓国語で何と言うのか調べたら
「물총새」というそうです(´Д`;)
何と読むのかわかりませんが…一応意味を調べたら「水銃鳥」という意味なのだそうです。
カワセミが水にダイブする様子から名付けられたのでしょう(^o^)

そんな話はさておき、今日の日中に撮ってきた水元公園の生きものたちをご紹介します。
d0121678_16441467.jpg

まずは、「マヒワ」です。
何回か前のブログにも登場してくれていましたが、園内では50~200匹くらいの大群でいるところが目撃されています。ちなみにこの写真はかわせみの里で撮りました。
d0121678_1644349.jpg

つづいてこちらは、「クレソン」です。
そう、あの肉料理などの横っちょに添えてある野菜ですね。
日本での名前は「オダンダガラシ」。
鳥〇園スタッフのオンダ君に教えてもらったのですが、「クレソン」はフランス語なのだそうです。

「クレソン」はキレイな水でしか育たないというのは、迷信です。
汚すぎる水で育たないのは当然ですが、そんなに完璧にきれいな水でなくても
普通に住宅街の中の用水路とかに生えていることもあります。

ちなみにイトーは学生時代、
アパートの側溝に生えていた「クレソン」を食べてビタミン補給をしていました。
d0121678_16458100.jpg

こちらの木は「シロダモ」
葉の裏側が白いのですが、今日は風が強かったので、葉っぱが裏返ってその白さが良くわかります。


今、皆さんはいろいろと大変なことに巻き込まれているかもしれません。
皆さんに一刻でも早く、なんでもない日常が戻ってくるように、祈っています。

ではまた、イトーでした。
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-17 19:34 | 生きもの情報 | Comments(0)

春の走り

みなさん、こんにちは!
スタッフのイトーです。

まずは、今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
また、一人でも多くの方の無事が確認されるようお祈り申し上げます。

僕は無事生きておりますが、
地元の海浜幕張は液状化現象でえらいダメージを受けております。
おそらく、同じ埋立地の某夢の国もひどい状態なのではないでしょうか?

さて、今週の黒板にも描かせていただきましたが、
現在園内では「サンシュユ」がちょうど見頃を迎えています。
d0121678_13543811.jpg

早春に黄色い花を咲かせることから「ハルコガネバナ」、
秋には赤いグミのような身をつけることから「サンゴバナ」と、さまざまな別名があります。
「サンシュユ」という言いにくい名前なのは、中国での名前「山茱茰」を音読みしただけだからだそうです。
d0121678_13551024.jpg

こちらは冬の名残「シメ」
口の周りが汚れていましたが、何を食べていたのでしょう?
もうじき北の地へ渡る冬鳥ですが、渡りはとてもエネルギーがいるので、渡りの前には栄養補給をしっかりとしてもらいたいですね。

桜の時期までになるべく多くの生きものたちを紹介していきたいと思います。
ではまた、イトーでした!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-13 14:48 | 生きもの情報 | Comments(2)

地震に関するお知らせ

皆さんこんにちは。

サトーです。

昨日の地震に関する情報ですが、
水元かわせみの里では、
水槽の水がこぼれるなどの軽微な被害がありましたが、
生きものもスタッフも無事でした。

今日は開館していますが、
一部歩道の閉鎖や、館内の節電などを行っています。

皆様にはしばらくご不便をおかけいたしますが、
宜しくお願いいたします。

皆さんも、余震等に気をつけて行動してください。

なお、カワセミは地震に関係なく飛来しております。
生きものはたくましいです。

d0121678_159561.jpg

[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-12 15:09 | お知らせ | Comments(2)

春のおとずれ

皆さんこんにちは。

今朝方あった震度2くらいの地震で、死を覚悟したサトーです。
地震は怖いですね。

さて、昨日、かわせみの里の野草園の調査をしていたら、
春を感じさせる生きものが結構いたので、
今日はそれらを紹介します。

まずはこちら!
d0121678_1225160.jpg

アリの仲間がせっせと土を運び出していました。
私は、昔からアリを見ると春を感じます。

d0121678_124036.jpg

ナナホシテントウです。
まだ少し寒いせいか、じっと日向ぼっこをしていました。
ちなみに、アリとテントウムシはかなり仲が悪いです。
次に紹介する昆虫をめぐって、
泥沼の三角関係を繰り広げているのです。

d0121678_1214436.jpg

マメアブラムシです。
カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)にくっついていました。
テントウムシは、このアブラムシ君たちをムシャムシャ食べるのですが、
アブラムシ君はお尻から甘い蜜(甘露)を出してアリを雇い、
テントウムシを追っ払ってもらっているのです。

仁義なき戦いです。

d0121678_1292593.jpg

で、皆さんお馴染みのホソヒラタアブの幼虫もアブラムシを食べます。
この写真のアブはメスで、アブラムシの群れ(コロニー)に、
一生懸命卵を産んでいました。

春の訪れと同時に、生きもののし烈な戦いも始まったようです。

そんな彼らの闘いの様子も、
戦場カメラマンのごとくお送りしたいと思います。

お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-10 12:12 | 生きもの情報 | Comments(2)

講座参加者募集してます。

皆さんこんにちは。

昨日、唯一会話をした相手がモルモットだったサトーです。

先日、ブログに落語を聞き始めたと載せたところ、
「忘ん朝いいよね」と声をかけていただきました。
有難うございます。
皆さんがオススメの演目があれば教えてください。

さて、カワセミの情報ですが、
今日観察したところ、羽のあたりが汚れていました。
もしかしたら、もう巣穴を掘っているのかもしれません。
要チェックです。

さてさて、ここからが今日の本題ですが、
本日より、4月の講座の募集が開始になりましたのでお知らせいたします。


講座名:「春の自然感察とスケッチ教室」
講 師:山本 正臣(自然画家・流木造形作家)
内 容:春の水元小合溜の自然を感じながら、自然“感”察を行い、自然画家の講師に初心者でもできるスケッチの描き方等を紹介します。
定 員:30名
日 時:平成23年4月10日(日)午後1時~3時(雨天決行)
申し込み日:平成23年3月8日(火)午前9時から電話か窓口で(先着順)
参加費:無料
集 合:水元かわせみの里水辺のふれあいルーム
持ち物:帽子、飲み物、筆、絵の具などの画材(無くても可)
その他:小学校3年生以下のお子様は、保護者と一緒に参加してください。
受 付:03-3627-5201

もう、かなり定員がいっぱいになってきたので、
お申し込みはお早めに!

なお、3月19日の「春の七草と花めぐり」も
若干空きがありますので、
こちらも宜しくお願い致します!

d0121678_18124728.jpg

おまけで、
先日行ったカワセミの営巣壁周辺の管理作業の様子。
左がソメイくんで、
右が水元の若頭・アオノくんです。
この二人のバイトさんががんばって土木作業を行ってくれました。

アオノくんはかなりの怪力の持ち主で、
土嚢をガンガン運んでいました。
遠くから見ると、サケを狩るヒグマのようでした(すみません)。

アオノくんは来月から新社会人ということで、さびしくなりますね。
社会に出ても負けるな、若人!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-08 18:07 | 自然学習講座 | Comments(0)

おすそわけ

皆さんこんにちは。

昨日、大学の同級生と一杯ひっかけて上機嫌なサトーです。

論語で言うところの、
「朋有り遠方より来る。亦(また)楽しからずや。 」
といった心境です。

ちなみに、
明治の元勲・山県有朋の名は、
この論語の一文からとられたそうです。

さて、自己満足はこれくらいにして、旬な生きもの情報です。

今日、カワセミのオスがメスに求愛していたそうです。
カップル成立まで間もなくといった感じですかね。


そして今、巷で最も話題になっている生きものは、
この生きものでしょう。

d0121678_14563330.jpg

これ、なんだか分かりますか?

そう、スギの雄花です。
水元公園にもスギの木はあるのです。

私は性格が悪いので、
こんなことしてみました。

d0121678_14592089.jpg

やった本人が引くぐらい花粉が出ました。
実は、私は重度のスギアレルギーなのです。

おそらくこの画像を見ただけでムズムズしている人もいるでしょう。
申し訳ないです。

そもそも、山間部のスギが狂ったように花粉を出すようになったのは、
間伐などの管理が適正に行われていないからです。

スギの木自体が密に植えられすぎ、木が弱り、
枯れる前に繁殖しようということで、
あんなに花粉を出すのです。

現政権には、是非スギの管理にも力を注いでいただきたいと思います。
いい加減、かゆ過ぎます。
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-06 15:22 | 生きもの情報 | Comments(0)