「ほっ」と。キャンペーン

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

密かに年越し

皆さんこんにちは。

さっき、このブログを書いていて、間違って全部消してしまい、一から書き直している哀れで愚かなサトーです。

いや~、なんだかんだ今年も終わりですね。
皆さんはどのような一年でしたか?

私は一眼レフをぶっ壊されたり、
飼っているハムスターが死んでしまったり、
肌が乾燥したりと、受難な一年でした。
けれども何とか過ごすことができました。皆様のおかげです。

さて、今日は今の時期、ヤブなどで見られる「密かなる生きもの」を紹介いたします。
まずはこちら!
d0121678_14283094.jpg

ウグイス。ヤブの中をちょろちょろ動き回ります。
ウグイスといえば「ホーホケキョ」ですが、この時期は「ジッ、ジッ」としか鳴きません。
繁殖期になると「ホーホケキョ」と鳴きます。

d0121678_14305610.jpg

アオジです。こちらもよくヤブの中で「チッ、チッ」と鳴いています。

今年最後の更新になるやもしれませんので、最後はこの鳥です!
d0121678_14365330.jpg

「あばよ!」っていう感じのカワセミとともにお別れです。

それでは皆様良いお年を!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-26 14:38 | 生きもの情報 | Comments(2)

ネッシーみたいな

皆さんこんばんは。

今年はサンタさんに現金をお願いするサトーです。

さて先日、水元小合溜沿いを歩いていると、様々な生きものに遭遇しました。
まずはこちら。
d0121678_17414133.jpg

きれいなエメラルドの瞳を持つカワウ。
普通、カワウというと頭が真っ黒けですが、このカワウは頭が白いですね。
これは精神的苦痛から白髪化したわけではなく、カワウの婚姻色なのです。
お年頃なのですね。

d0121678_17532917.jpg

ネッシー。ではないです。ハジロカイツブリです。
水元公園内ではただのカイツブリがほとんどで、
ハジロカイツブリはあまり見られません。
ハジロにソックリなミミカイツブリという、
なんともかわゆい名前のカイツブリもいますが、
私は水元公園内で見たことはないです。

いつも見慣れた鳥だと思っても、実は様々な体の変化があったり、
ソックリさんの場合もあります。
ぜひじっくりと観察しながら歩いてみてください。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-22 17:57 | 生きもの情報 | Comments(0)

水元かわせみの里 フォトコンテストのお知らせ

皆さんこんにちは。

右肩に痺れを感じているサトーです。

さて、いよいよこの日がやってきました!
ついに、水元かわせみの里でフォトコンテストが行われます!
ちなみに写真の受付は昨日から開始されていますよ~。
ドシドシ写真を送っていただきたいと思います!
d0121678_12185377.jpg


募集要項、応募用紙などは、葛飾区のHPに掲載されていますので、ご確認ください!
http://www.city.katsushika.lg.jp/oshirase/194/019425.html

上位入選4名の写真は、なんと絵はがきで販売されます。ビックリ!
今まで「カワセミの絵はがきがあればいいのにねぇ。」と嘆いていたお母様方。
これで悲願達成の可能性が出てきましたね。よかった。

写真の審査は1月17日(日)~2月21日(日)の間行われ、
この間、かわせみの里内に応募写真を掲示いたします。
来館者の皆さんが良いと思われる写真に投票し、上位4作品が絵はがきとなりますので、
ぜひ清き一票を投票しにきてください!

フォトコン情報はまたお届けしますので、お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-16 12:33 | イベント | Comments(1)

木の実とトリさん

皆さんこんばんは。

中性脂肪と友達のサトーです。
最近は玄米ばかり食べております。

さて、秋の鳥たちの食料として欠かせないのが、木の実(種子)です。
水元かわせみの里の周りでも、たくさんの植物が実りを迎え、
それを目当てに多くの鳥も訪れています!

今日はその一部をご紹介。まずはこちら!
d0121678_16581659.jpg

ピラカンサの実を食べにきたアカハラ。この他にもツグミやヒヨドリ、ムクドリなどが訪れていました。
かわせみの里の目の前にある橋の脇に生えています。

d0121678_175112.jpg

マユミの実を食すメジロ。う~ん、目が怖いです。
マユミの実を食べているのは、いつもメジロのような印象を受けます。
ちなみにマユミは、かわせみの里の野草園沿いの園路脇にあります。

鳥たちにも木の実の好みがあるようで、いくつか木の種類を覚えておけば、どの鳥にあえるか目星がつくと思いますよ。

d0121678_1795999.jpg

最後はカワセミです。
オスが枝の上でリラックスしていると、メスが「チェストー!」という感じて襲ってきました。
女の子って、怖いですね。

これからも玄米ご飯を食べながら、色々な写真を提供しようと思います。
お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-15 17:18 | 生きもの情報 | Comments(2)

野鳥観察とバードサンクチュアリの話

皆さん、こんにちはイトウです。

最初に訂正させていただきますが
僕はハラグロではありませんよ(^-^)

さて今日は先日行われました、自然学習講座
『野鳥観察とバードサンクチュアリの話』についてお伝えします!
講師は生態教育センターの小河原孝生先生です。

まずはバードサンクチュアリって何?と、おっしゃる方もいらっしゃると思いますので
そこからお話ししましょう。

バードサンクチュアリの『バード』は鳥のことですね。
そして『サンクチュアリ』です。
サンクチュアリという言葉には聖域という意味がもともとはありました。
そこから聖域→教会→避難場所→禁猟区→保護区と言葉の意味が増えていき、
この2つを言葉足して『野鳥』の『避難場所、保護区』(バードサンクチュアリ)と呼ぶようになりました。

海外ではリザーブやレフュージとも呼ばれています。

講座ではバードサンクチュアリの歴史についてを前半に行い
後半は外へ出て行き、野鳥観察を行いました。

前回、前々回のブログでもお伝えしてますが、
最近の小合溜には多くの鳥たちがやって来てくれてます。
そんな鳥たちを観察しながら、かわせみの里からバードサンクチュアリまで
歩くと1時間半なんてあっという間でした。

d0121678_14434756.jpg

コサギもこんな近くで観察できましたし。

d0121678_144452.jpg

このバードサンクチュアリは改修から20年経っていて、周りの木々も大きくなっています。
鳥を見るのに邪魔になるので考える必要があるそうです。

ただ鳥を見て、鳥の説明をされるだけでなく
その鳥が何を食べているのか?どんなところにすんでいるのか?
など生きもののつながりも含まれたとてもお勉強になる講座でした。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-12 14:52 | Comments(1)

とりまつり

皆さんこんにちは。

手にささったトゲが抜けなくて、イライラしているサトーです。

さて、このブログを見てくださっている方の中に、
「望遠レンズを買ったくせに、ぜんぜん鳥の写真がアップされねーじゃねえか!サトー!」
と、憤慨なさっている方が1万人くらいおられると思います。

申し訳ありません。手にトゲが刺さったうえ、
想像以上に、鳥の撮影に時間を要してしまったのでこの有様になってしまいました。
今日からリベンジです!

早速鳥をご紹介。まずはこちら!
d0121678_1154494.jpg

メジロです。お客さんの中には、この鳥をウグイスと勘違いされる方もいらっしゃいます。
本物のウグイスは、地味な茶色系の色をしています。メジロの色をウグイス色と思われる方もいますが(私もそうでしたが)、ウグイス色は、本当のウグイスの色(地味な茶系の色)です。ややこしいですね。

d0121678_119286.jpg

ハクセキレイ。河原など、水辺でよく見られます。尾羽を上下している姿はカワユイです。
しかし結構気が強く、他の鳥を追いかけている姿も見られます。

d0121678_11123184.jpg

ピラカンサの陰に隠れているのはツグミ。水元公園に訪れる冬鳥の中で、多く見られるものの一つです。
昔はかすみ網で獲られ、食べられていたそうです。
ちなみに今そんなことをしたら御用となります。

d0121678_11152058.jpg

アカハラ。林床(林の下の地面)で、よく土をほじくってエサを探しています。
水元公園ではシロハラという鳥も見られます。ちなみにスタッフのイトーくんはハラグロです。

d0121678_1122977.jpg

最後はやっぱりカワセミ。見返り美人風です。
今日みたいな来館者の少ない日は、本当に近くまで来てくれます。

今度はさらに珍しい鳥を狙って行きたいと思います。
撮れるまで、首をながくしてお待ちくださいね。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-09 11:24 | 生きもの情報 | Comments(2)

クリスマスリースづくり

皆さんこんにちは。

3、4日前に首を寝違えて、いまだにその痛みが引かないサトーです。
たぶん首が折れていますね。これは。

さて、久しぶりの更新となりましたが、
今日は、先月29日に行われた講座の報告です。

自然観察をしながら、クリスマスリースを作るという粋な講座で、多くの方に参加していただきました。
講師はお馴染み、山本正臣先生です。
当日の様子はこちら!
d0121678_11151678.jpg

クリスマスリースの土台となる、クズのツル集めに行きました。
風のように走る子供たち。コレステロール値の高いサトーはついていけませんでした。

d0121678_11164817.jpg

クズを採集し、リース作りをしました。
山本先生曰く、クズのツルは右巻きにねじれているそうなので、
そのねじれを利用しながら巻くとうまくいくそうです。

d0121678_11185493.jpg

完成品。皆さん上手に作成していました!
材料は全て公園内で取れたもので、材料の植物それぞれが、
元は生きものだったことをしっかりと噛み締めながら皆さん作成していたようでした。

今月17日(木)には、
カワセミ研究の第一人者の矢野亮先生による「カワセミの子育てを学ぼう」の受付が開始となります。
こちらも人気講座ですので、受付はお早めに!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-12-05 11:36 | 自然学習講座 | Comments(4)