水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バッタウォッチング行いました!

皆さんこんにちは。

日本史と貯金が大好きなサトーです。

今日、水元かわせみの里ブログをよく見てくださっているIさんが来館してくれました。
「あなたがサトーさん?」
と尋ねられたので、何か悪いことでもしたかなぁと思いつつ、ビクビクしながら「そうです」と答えると、
「Iです。ブログ見てますよ~。」といっていただきました。
その上、パン屋が開けるほどのたくさんのパンもいただきました~。
Iさん有難うございました!

さて昨日、自然学習講座「バッタウォッチング」が行われました。
その時の様子はこちら!
d0121678_11474129.jpg

今回の講師は内田正吉先生です。先生は昆虫のスペシャリストです。
バッタの種類や生態について、色々教えていただきました!
皆さんバッタの耳はどこにあるか知ってますか?答えは過去のブログに載っています。

d0121678_11561066.jpg

キッズたちもバッタにまみれながら一生懸命探していました!

d0121678_1282380.jpg

今回は葛西臨海公園・鳥類園スタッフで、オリックス(現在パ・リーグ最下位)ファンのオオハラ氏も来てくれました。
大地と一体となって写真を撮る姿は、人間も自然の一部であることを発見させてくれました。熱い男です。

d0121678_1216254.jpg

今回はバッタだけでなく、コオロギやキリギリスなど、バッタの仲間やカマキリなどの昆虫も観察しました。
ちなみに写真のコオロギはハラオカメコオロギ。顔がつぶれたように絶壁になっているのが特徴です。

子どもたちをはじめ、皆さん大満足の様子でした。
参加していただき、有難うございました!

なお、10月7日(水)から次の講座「秋の樹木観察」の受付が開始となりますので、ふるってご参加ください!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-27 12:22 | 自然学習講座 | Comments(2)

かわゆい生きもの

皆さんこんにちは。

秋の京都にいきたくて仕方がないサトーです。

サトーは四季のうち、秋が一番好きです。
何でしょうね、あの秋の切なさは。

さて、今回は思わず微笑んでしまうほど、愛らしい生きものの紹介です。
まずはこちら。
d0121678_15422069.jpg

やせガエル
負けるな一茶
これにあり

思わず小林一茶の句を詠んでしまいましたが、そう、アズマヒキガエルです。
今年生まれたばっかりのおちびちゃんで、スタッフが丹精込めて育てております。
ヒキガエルは10年以上生きる個体もいるそうなので、サトーがオヤジになるまで元気に育って欲しいものです。
次はこちら!
d0121678_15515643.jpg

サクラタデ。花がサクラに似ているのでこの名前がつきました。
今、まさに見頃ですので是非見に来てください!

まだまだ紹介したい生きものはたくさんいますが、今日はここまで!
ごきげんよう。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-25 15:54 | 生きもの情報 | Comments(0)

ナイトウォッチングを行いました!

皆さんこんにちは。

この出だしの文を考えるのが苦痛になってきたサトーです。

さて、今回は自然学習講座「ナイトウォチング」の報告です。
当日の様子はこちら!
d0121678_1433514.jpg

シェアリングアース協会会長の藤本和典先生を招いての観察会でしたが、あいにくの雨模様。
「僕は晴れ男なんだけどなぁ。」と藤本先生。
サトーに雨男の疑惑が向けられてしまいました。

それでもサトクダマキモドキやアオマツムシ、アズマヒキガエルなど、多くの生きものを観察することができました。
水元公園内でも、多くの生きものがつながりあって生きていることが分かりました。
生きものの世界は広く、果てしないのです。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-20 14:46 | 自然学習講座 | Comments(6)

小さな英雄

皆さんこんにちは。

サンマのおいしい季節がやって来ました。
サンマには大根おろしと醤油とすだちのフル装備であることにこだわる新人のイトウです。

新人と言っても僕が入って来たのは春で、今はもう秋本番間近という感じまで来ていますね。
全く時が経つのは早いです。光陰矢の如しです。

さて本日の話題は、
『生きものマニア道』第2段です!!

この企画の続きを心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?
僕もその一人です!
でも最近忘れられているようなので、自分で続きをやってしまいます!!

今回の生きものはコレっ!!
d0121678_17402199.jpg

こいつはケシカタビロアメンボといいます。
え?よくわかんないですか?

じゃあ拡大します。
d0121678_17434090.jpg

どんっ!

この昆虫は全長が1、2mm程度しかありません。
でもアメンボなのでちゃんと水の上に浮いています。アメンボは分類上カメムシの仲間なのですが、このアメンボはどちらかと言うと、アメンボよりカメムシの方に姿が似ていると思いませんか?
また田んぼでは稲の害虫であるウンカという虫を食べると言われ、益虫(人間にとって助かる虫)とされています。

水元公園の所々の池を覗いたらいますので、みなさんも探してみてはいかがでしょう?
見つけるコツは這いつくばって探すことです♪
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-16 18:00 | 生きもの情報 | Comments(2)

カワセミの止まり木と男たちの物語

皆さんこんにちは。

祭りをこよなく愛するインチキ江戸っ子のサトーです。

本日、水元かわせみの里付近を根城としているカメラマンさんたちの全面協力の下、カワセミの止まり木の交換を行いました!

気合が入ったカメラマンさんたちに囲まれ、交換作業を行いましたが、
オジ様たちのチームワークのよさにビックリしました。熟練の経験ですね~。

何とか枝を取り付けた後、カメラマンさんは再びカワセミの写真を撮るために持ち場へと戻られ、私も水辺のふれあいルームに戻りました。
はたしてカワセミは来るのか・・・。緊張のひと時。

30分くらい過ぎた頃でしょうか、カワセミが飛んできましたが、止まり木に止まってくれず、藪の方に入ってしまいました。
だめか・・。男たちの間に落胆の色が浮かびます。
しかし、しばらくすると、「おお!」という歓声がカメラマンさんたちからあがりました!
そうです、あの鳥が来たのです!
d0121678_14334740.jpg

d0121678_1434491.jpg

来たー、カワセミ!設置したばかりの枝に止まってくれました!

そして男たちは黙々とシャッターを切りはじめたのでした。

また、新たな止まり木の上でカワセミは元気に魚を獲っています。
是非皆さんもカワセミを見に来てください!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-06 14:46 | 生きもの情報 | Comments(9)

カワセミよく来てます。

皆さんこんにちは。

葛西の鳥類園ブログの写真の精度が高いことに、暗い嫉妬をいだいているサトーです。
ちなみになぜ、水元かわせみの里ブログでは鳥の紹介が少ないかというと、
サトーが望遠レンズを持っていないためなのです。皆さん、しばらく我慢してください。私だってつらいんです。

ところで、最近、カワセミがオスメスで飛来してくれていますが、喧嘩しているように盛んに鳴きあっている模様です。なぜでしょう?
実は、カワセミは繁殖期以外の時期は1羽で縄張りを構え、そこへ他の個体が来ると追い払ってしまいます。
それゆえ繁殖期が終わると彼らは、つがいの相手、親や子を含め、自分以外の個体は全て敵とみなして、激しい縄張り争いを始め、勝ち残った1匹がその場所の領主になるのです。
どうやら最近のカワセミは、繁殖期を終えて縄張り争いに突入したため、相手を威嚇しようと鳴きあっているようです。
また繁殖期になるとオスがメスの縄張りに進入し(逆の場合もあります)、つがいになります。

例年の傾向からみると、秋冬の水元かわせみの里では、争いに勝った1羽だけしか見られなくなる可能性が高いです。
だからカメラマンさん、今がチャンスですよ!

あと、まったく話は変わりますが、最近、水元かわせみの里に、新たな仲間が増えました!
まずはインターンのS君です(大学生です)。
今週の土曜までしかいませんが、笑顔を常に絶やさないフレッシュ・ボーイです。
「木のことならなんでも聞いてください、エヘヘ!」
といっておりますので、もし彼を見かけることがあれば、ドシドシ質問してあげてください!

次はこの女の子です!
d0121678_16112997.jpg

モクズガニ♀です(S君撮影)。よくモズクガニと言っている人がいますが、気をつけてください。
前脚のハサミの部分にフサフサの毛が生えているのが特徴です。
ちなみにカニはよく泡を吹いていますが、水生生物のカニは陸上に上がった際に泡を出し、この泡に酸素と取り込んで、エラでその酸素を吸収するそうです。緊急対処なのですね。

以上、1人と1匹が水元かわせみの里に新たに加わりましたので、やさしく接してあげてください。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-09-03 16:26 | 生きもの情報 | Comments(3)