水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

千葉の話ですが。

皆さんこんにちは。

いつの間にか夏が終わってしまって、虚無感に襲われているサトーです。

本当に今年の夏は、冷夏を感じさせる夏でしたね。
スーパーに買い物に行くと、本当にお野菜が高くて、吝嗇家のサトーは涙が止まりません。

さて、愚痴はこれくらいにして、生きもののお話に移りたいと思います。

先日、千葉の某所で生きもの調査を行った際に見られた昆虫の紹介をしたいと思います。
ちなみに今回紹介する生きものたちは、水元公園内でも見られる生きものです。
まずはこちら!
d0121678_11221065.jpg

私の兄が世界一嫌いな生きものと公言するカマキリです。チョウセンカマキリとも言われています。
一見オオカマキリとそっくりなのですが、前肢(カマ状の肢)のつけ根がオレンジ色がカマキリで、黄色がオオカマキリです。
あと、後翅の色が紫がかっているのがオオカマキリで、透明に近いのがカマキリです。

d0121678_112857100.jpg

かわいいホソヒメヒラタアブ♀。こいつにソックリなキタヒメヒラタアブというのがいますが、素人には見分けが難しいです。体の大きさや生殖器で見分けます。
ヒラタアブの仲間の成虫はお花の蜜や花粉を食べますが、幼虫はアグレッシブにアブラムシを捕食します(ちなみに幼虫の姿はうじ虫です。ハエの仲間なので)。

d0121678_11412257.jpg

アオモンイトトンボ。交尾中です。画面左がオス、右がメスです。メスの首元をオスが付属器という器官でガッチリ挟んで逃がさないようにしてしまいます。愛が深いのですね。

d0121678_1145259.jpg

最後にETのようなウスバキトンボのヤゴです。アゴがすごいですね。
このウスバキトンボは謎に包まれた行動をとることでも知られていますが、その詳細についてはまた今度。

今回は千葉県で見られたの昆虫の紹介でしたが、これらの種類の昆虫は水元公園でも見られます。
是非探してみてください!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-30 11:57 | 生きもの情報 | Comments(0)

水辺の生きものをウォッチング!

皆さんこんにちは。

大好きな甲子園が終わりに近づき、夏の終わりを感じているサトーです。

さて、昨日水元かわせみの里で自然学習講座「水辺の生きものウォッチング」が行われました。
その時の様子はこちら!

d0121678_13275393.jpg

今回の講座は、イケメン講師でおなじみ(?)の佐藤 方博先生です!
笑顔を絶やさない爽やかな先生です。

ごらんのように、カメを中心とした水辺の生きものの話をしていただきました。
カメのオスメスの見分け方や、種類別の特徴など、カメの生態について細かく教えていただきました!
ちなみに先生がしているバンダナの模様もカメ柄なのです!カメ・愛が伝わってきます。

カメの世界では現在、外国から移入されたカメによって、日本に元々生息しているカメが生息地を追いやられているそうです。
たから、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)を屋台でとってきて、飼い切れなくなったからといって、野外に放すのは駄目ですよ。カメさんにとってとても迷惑なことです。
ペットは最後まで責任を持って飼いましょう。

では最後に、カメの紹介をしてお別れです。
d0121678_1344281.jpg

屋台でおなじみミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)。北米原産。目の後ろに赤い線があります。うまく飼うと30~40年生きるそうなので、もし飼うなら覚悟して育ててください。

d0121678_13464183.jpg

えっ、ET?ETではありません。クサガメです。顔の横の緑の線が特徴です。このカメは日本のカメです。
このカメがETのモデルではないかと思います。

d0121678_1350879.jpg

チズガメの仲間。眉毛のような黄色い線が特徴です。このカメも北米原産です。

この紹介したカメさんたちは水元かわせみの里にいますので、是非見に来てください。

いや~、カメって、本当にいいものですね。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-23 13:53 | 自然学習講座 | Comments(2)

夏の生きもの物語

皆さんこんにちは。

チーズケーキとビーフンが大好きなサトーです。

今日は終戦記念日ですね。終戦時も今日のように暑い日だったのでしょうか。

さて、今日は戦争と関係の無い平和な生きものの紹介です!

まずはこちら!
d0121678_13185810.jpg

ムクゲ。原産地は中国、インドあたりだそうですが、はっきりしていません。奈良時代から日本で栽培されているそうです。アオイ科に属する植物で、ネバネバのオクラの仲間です。ちなみにこの花は韓国の国花に指定されています。

d0121678_13235862.jpg

この花は、見た目はかわいらしいのですが、匂いが猛烈に臭いので、
ヘクソカズラというかわいそうな名前がつけられてしまいました。そりゃあんまりですよね!

d0121678_13261569.jpg

最後にト○ボ鉛筆の上に乗ったノシメトンボ。
くだらないシャレですが、おあとが宜しいようなので今日はここまで!

また次回までごきげんよう。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-15 13:34 | 生きもの情報 | Comments(5)

夏の新企画

皆様こんにちは。

夏の甲子園を見るのが宇宙一好きなサトーです。
しかし昨日の休日、楽しみにしていた甲子園が雨で順延となり、さらに大きな地震にも遭遇し、一日中シクシク泣いていました。

久しぶりに震度4の地震に遭遇したサトーは、住まいの築30年のマンションが潰れると思い、激しく動揺しましたが、飼育していたハムスターがまったく動じていないのを見て、人間は万物の霊長であることを思い出し、動揺するのをやめました。
ありがとう、ハムスター。

さて、関係ない話はこれくらいにして、暑さを吹っ飛ばす新企画をお送りしたいと思います。
題して、
『生きものマニア道』
です。いや~、びっくりするほど地味な企画です。
この企画では、見たことあるけど、調べる気になれないような、地味な生きものを紹介していきます。
第1弾はこの生きものです!
d0121678_1293964.jpg

マメコガネです。名前の通り、マメ科の植物を食べる昆虫です。夏場になるとよく目にするジミ昆虫です。
しかし、この昆虫はその昔、日本から北米へ移入して大量に発生し、マメ科の穀物を荒らしてしまう被害をもたらしたため、「ジャパニーズ ビートル」という名前で嫌われているそうです。
日本に限らず、どの国でも外来種問題というのはあるのですね。

今後も気がついたらこのジミ企画をお送りしたいと思います。
お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-11 12:23 | 生きもの情報 | Comments(0)

トンボとハチ

皆さんこんにちは。

連日水元にかわせみの里に来る悪ガキの相手をし、
子育ての大変さを僅かながら痛感しているサトーです。

さて、今日は前回好評だったトンボシリーズと、スズメバチの衝撃シーンをお送りいたします。
まずはトンボです。

d0121678_1351094.jpg

アキアカネ。夏は山に移動し、秋口に平地におりてくるトンボです。

d0121678_135459.jpg

ノシメトンボ。翅の先端が茶色がかった、比較的良く見られるトンボです。
下からトンボを撮るという斬新な手法を用いました。
ただ、はいつくばって写真を撮っているサトーの姿はほとんど不審者でした。

この夏、水元公園のトンボが熱い!

次は仁義なきハチの世界のお話です。

本日、自由研究イベントで子どもたちと野外でセミのぬけがらを採っていると、
木陰で蜂の巣を発見しました。

どうやらホソアシナガバチの巣のようですが、よく見るとそこにスズメバチの姿が!!
d0121678_1516370.jpg

どうやらヒメスズメバチのようです。他のスズメバチと比べ、お尻が黒いのが特徴です。
ヒメスズメバチちゃん、何かしきりと探している模様。しばらくすると・・・。
d0121678_14192510.jpg

すわ!!サナギちゃんが!!
そう、ヒメスズメバチちゃんはホソアシナガバチ一家を襲い、サナギを誘拐していたのです。
ホソアシナガバチさんはスズメバチに勝てないため、
巣の端っこでこの乱暴狼藉をじっと見守るしかありませんでした。

自然界って、本当に厳しいですね。
一人涙に濡れたサトーでした。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-06 14:26 | 生きもの情報 | Comments(0)

「セミの不思議」展 開催中!

皆さんこんにちは。

家の鉢植えのゴーヤに実が生って喜んでいるサトーです。

さて、まずは昆虫の顔の話です。

最近、展示で昆虫の顔の写真を良く取り扱うのですが、
変な顔のヤツばっかりです。
面白いからちょくちょくブログで紹介していこうとおもいます。
第1弾はこの昆虫だ!
d0121678_14201134.jpg

アキアカネちゃんです。トンボの仲間は結構愛らしい顔をしています。
森の妖精のようだ。このトンボは夏になると涼しい高地に飛んでいきます。
夏になると軽井沢に行くセレブのようですね。

今後もちょくちょく昆虫の顔をご紹介します。

さて、今水元かわせみの里では、夏の企画展「セミの不思議」展を開催しています。
セミのあれこれが分かる展示を色々ご用意しておりますので是非遊びに来てください!

今日は展示の一部をご紹介します!
d0121678_1433627.jpg

「セミの仲間はだ~れだ!?」展示です。
平たく言うと、様々な昆虫の顔写真を、セミの仲間とそうでないものに分ける展示です。
昆虫の顔写真の中に、一枚だけおかしな写真があり、それが子どもたちに「キモチ悪い!」と大人気です(笑)

d0121678_14362335.jpg

「セミのぬけがらみっけ」展示。
この展示はとって来てもらったセミのぬけがらを種類ごとに分けるというきわめて分かりやすい展示です。
近所の悪ガキ軍団がぬけがらをマットに貼りすぎて、とてもキモチ悪い状態になっております。
まるでナウ○カに出てくるオー○の大群のようです。

これからもどんどん展示を変えていきます!
常に進化する水元かわせみの里に是非遊びに来てください!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-04 14:45 | 水辺のふれあいルーム | Comments(2)