水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生きもの情報( 680 )

一瞬、ツグミに見えました

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

以前、水元公園内のガマ田と呼ばれる水辺で、クイナとヒクイナが
よく目撃されているとの情報を、常連カメラマンさんからいただいていました。
ヒクイナはまだ見たことがなかったため、暇を見つけてはこっそり探しに行っていました。
結果としては...
d0121678_15593950.jpg
クイナは見ることができました!
ヒクイナはタイミングが悪いためか、まだ観察出来ていません。
また、クイナ以外の野鳥も観察できました。
d0121678_16020992.jpg
露出補正を間違えたため、写真が変な色になっていますが、タヒバリです。

ツグミのような立ち方をしていますが、ハクセキレイなどと同じセキレイの仲間です。
クイナと同じように、湿地環境を好むそうです。
ミミズや水生昆虫を探しているのか、ヨシが刈られた場所でウロウロしていました。
ヒクイナは別のタイミングで、また挑戦していきます!

ガマ田では今回紹介した野鳥だけでなく、シジュウカラやキジバトなどの
採食シーンなどもよく見られています。
皆さんも観察に行ってみてください。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-21 16:27 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ、不調

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

カワセミがまた不調に陥っています。
つまり、あまり とまり木にとまりません。
先週は、いい調子になってきたと思ったのですが。

こちら、在りし日(2月14日)のカワセミです。
d0121678_18561118.jpg
とまり木じゃなくて、
水元小合溜の水辺に生えている木にとまりました。


しかし、水元公園内でも水元かわせみの里以外では、カワセミはよく見られているようです。
水辺の生きもの館(旧水産試験場管理棟)の近くの水路などでは、
ほんの数mの距離にカワセミがとまって、獲物を狙っていたりします。

我が施設をどーんとお勧めできなくて切ないのですが、
いろんなところでカワセミ探してみてください。


[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-19 19:04 | 生きもの情報 | Comments(0)

水元公園野鳥情報・特盛。

皆さんこんにちは。

千代田線の車内が一番の熟睡ポイントになっているサトーです。
席に座っておよそ18秒で眠りにつけます。
私は千代田線に住みたい。


さて、今日も野鳥情報。
色々見られたので、
ご紹介します。

まずはコチラ。


d0121678_12284806.jpg

カワセミ。

これは水元かわせみの里で撮ったのではなくて、
「水辺のさと」という施設のすぐ横にある小さな水路で撮影しました。


あそこは小魚が多いし、
いい撮影スポットです。

しかし、「水元かわせみの里」に名前がかぶっているよなぁ。
うちは「かわせみ天国」とかに名前変えようかしら。


d0121678_12384387.jpg

同じ水路にいたダイサギ。

ハゼの仲間と思しき小魚を捕食していました。

ゆっくり歩いてシャッと首をのばして捕らえていました。





次はコチラ。


d0121678_12333860.jpg

コブハクチョウ。

最近ずっと見られます。
人馴れしております。


元々人に飼われていたのが野外で繁殖し、
飛んできたのではないかとスタッフのコジマ氏が申しておりました。

ちなみにコブハクチョウは皇居のお濠にもいます。


d0121678_12354728.jpg

ニシオジロビタキ。
うちの娘の次にかわゆい。

ものすごい数のカメラマンさんに取り囲まれていても、
平気でカメラに収まっていました。



次はコチラ。


d0121678_12414762.jpg

ハイタカ。
バードサンクチュアリの上空高くで旋回しておりました。

カラスに追われて逃げておりました。

タカといっても、このハイタカはカラスよりやや小ぶりなので、
潔く上空高くに逃げておりました。


次はこのタカ。


d0121678_12435045.jpg

オオタカの幼鳥。


数十羽のカラスの群れにずっと追い回されていました。

水元公園は緑豊かなのですが、カラスがたくさんいて、
タカの仲間にとっては少し棲みづらいのかもしれません。



今日は以上です。

ああ、写真を小出しにしてたくさんブログをあげて、
閲覧者数を増やせばいいものを、
馬鹿みたいに一度にたくさん写真をあげてしまった…。

ああ、
ラザニア食べたい。


ではまた。








[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-10 12:51 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ、くるくる。

みなさま
明けましておめでとうございます。

3年ぶりくらいに健康診断がオール「A」だったサトーです。

おみくじも中吉でしたし、
今年はいける気がします。
※ただ、おみくじの病気の欄には、
 「病気は長引く、用心せよ」とありました。ギギギ。

さて、
まずはカワセミ情報から。

今日は久しぶりにカワセミが10回も来ました!



d0121678_16134019.jpg


オスのカワセミ。
この調子で頼みますよ。


その他にも…、


d0121678_16171434.jpg
d0121678_16173919.jpg

シメがしわしわになったエノキの実を食べていました。

しっかりとしたクチバシで、
ポリポリ食べていました。

美味しいのかしら。


d0121678_16185095.jpg

イソシギもまだいました。

長いクチバシを使い、
ガマ田でミミズを食べていました。
かわゆい。


あと公園内でコブハクチョウがいる模様です。
人馴れしているようなので、
野生種ではないかもしれませんが…。


まあ、こんな感じで今年一年も粘り強くブログ更新しますので、
暖かく見守っていただけると思います。


ちなみに、
フォトコンテスト作品受付は明後日までです!

ご応募、お待ちしております!


ではまた。









[PR]
by kawasemiblog | 2018-01-06 16:28 | 生きもの情報 | Comments(0)

ふつうのトリたち。

皆さんこんにちは。

サンタさんに「損傷していない半月板」をお願いしているサトーです。


さて、今日も鳥情報です。

公園内にはヒクイナやオジロビタキ(もしくはニシオジロビタキ)など、
なかなか珍しい鳥が入っているようですが、
性格がいささか悪い私はあえて「ふつうのトリ」を紹介します。

ふつうってなんだろね。

まあ、よく見られる鳥のことですね。

あまり見向きをされませんが、
「ふつうのトリ」も味わい深いものです。


まずはこちら。




d0121678_16174698.jpg




















いきなりふつうでない、
人気者のカワセミを持ってくる私。
ゴメンナサイ。

これは水生植物園で撮りました。
再三水に飛び込んで獲物をとっていました。

よく探すと、
けっこう近くにいるものです、カワセミは。

ちなみにかわせみの里のカワセミは相変わらず低調のままです。
今年は異常。


次はコチラ。



d0121678_16200635.jpg



















婚姻色が出ているため、頭の辺りが白いカワウ。


ちなみに私の他にも、
珍しくこのカワウの写真をバシャバシャとっている人がいたので、
声をかけてみました。

すると、
「今日から(野鳥撮影を)はじめました!」とのお返事。

「撮りはじめは、どんな鳥でも撮れると嬉しいっスよね。」と私が言うと、

「ええ!」とステキな笑顔とともにお返事いただきました。



この心よね。
ワタシ、嬉しかったです。


次はコチラ。




d0121678_16260846.jpg




















ユリカモメちゃんです。


かわいい。


つぶらな瞳でこっちを見ながら、
私の周りを優雅に飛んでくれたので、
その美しさにほんのり感動しました。


まあ、ユリちゃんにしてみれば、
「このオッサン、エサくれんへんのか、しょーもないのう」、
と思っていたことでしょう。

分かってくれ、
エサくれるおじさんが、
本当に君にとってやさしいとは限らないのだよ。



d0121678_16300713.jpg



















近づき過ぎたら逃げちゃったカルガモ。

都市の鳥は人馴れしているものの、
やっぱりカメラ持ったおじさんは怖いみたいです。
ゴメンナサイ。



d0121678_16413134.jpg



















片足が無いセグロセキレイとけんかをし、
追いはらって自慢げなハクセキレイ。

仲よくしなさい。
水元公園広いんだから。

トランプ大統領みたいなことしちゃダメ。



d0121678_16441065.jpg



















優雅にカンムリカイツブリ。
今年に限ってはふつうのトリです。




d0121678_16453312.jpg





















ケヤキの樹皮の下に潜む昆虫を探すコゲラ。


目が真剣。





d0121678_16462826.jpg




















「エイヤ!」っと、
次々と樹皮を剥がしていました。

私も樹皮めくるの大好きです。
気が合いそう。



探す労力の方がかかりそうだけど、
エネルギーの採算とれているのかしら?



まあとにかく、
よく見られる鳥も、
楽しい行動をとっております。


外は寒くて、
かわせみの里にお客さん来ないですが、
鳥は沢山います。

野鳥探すついでに、
施設にもぜひ立ち寄ってください。


ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-12-22 16:53 | 生きもの情報 | Comments(0)

セキレイそろいぶみ

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

今日は生きものを求めて水元公園をさまよっていたら、
セキレイが三役おそろいでした。


ハクセキレイと、
d0121678_17262869.jpg


セグロセキレイに、
d0121678_17260123.jpg


そして、キセキレイ。
d0121678_17260996.jpg

今日はみんな、水元大橋近くで観察できました。

どのセキレイも食べ物は昆虫やクモが主なので、すみ分けをしています。

ハクセキレイは、
川の下流域を好み、都市の住宅地や畑などにもいて、水元公園では1年中見られます。
セグロセキレイは、
川の中流域を好み、水元公園では時々見られます。
最近は、分布を広げているハクセキレイにおされているのだとか。
キセキレイは、
上流の渓流などにいますが、冬になると、平地の水辺などにもやってきます。
水元公園では、冬になると見られるようになります。

うまいことなっていますね。

しかし、冬は今日のようにばったり出会ってしまうこともあり、
そうなると、追いかけたりして、なわばり争いをはじめます。


キセキレイににらみをきかす、ハクセキレイ。
d0121678_17392510.jpg
今回は、キセキレイが飛び去っていきました。

三役おそろいなのが見られるのは、冬の時期だけです。
ぜひ探してみてください。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-12-20 17:51 | 生きもの情報 | Comments(0)

続・木の実を食べる鳥たち

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

最近のカワセミ状況は飛来回数は6~7回ですが、止まり木にとまることが
多くなってきました。
この日は風が強く、止まり木にとまるカワセミも風にあおられていました。
d0121678_16023264.jpg

そんなカワセミとは別の話ですが、ツグミなどの野鳥が多く訪れていた
施設前の水辺のピラカンサは、ついに果実が食べつくされてしまいました。

すると、今度はこんな木の実を食べ始めていました。
d0121678_13372374.jpg
ツルウメモドキという、ニシキギの仲間でツル性の植物です。
施設前の水辺にあるハゼノキに、絡みつきながら成長して実をつけています。
写真の赤い果実をオナガやヒヨドリが食べている様子をよく観察できます。
d0121678_13481163.jpg
このツルウメモドキの果実、調べてみると甘くておいしいという情報が...
試しに赤い果実を採取してかじってみましたが……味がしませんでした...
もしかしたら、まだ熟しきっていなかったのかもしれません。

しかし、野鳥にとっては食べものの少ない冬の貴重な食べもの。
カワセミを探すついでに、木の実を食べる野鳥の様子も、ぜひ観察してみてください!


[PR]
by kawasemiblog | 2017-12-14 14:09 | 生きもの情報 | Comments(0)

木の実を食べる鳥たち

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

今日のカワセミの飛来確認は、
なんと・・・、0回でした。

つらいです。
先日ガラスにぶつかったのがよくなかったのか・・・
通過はしているはずなのですが、
また堂々ととまってほしいです。


そんなカワセミとは打って変わって、
最近よく見られるのが、ツグミ。
d0121678_18314217.jpg

水元かわせみの里の近くで、
写真のトウネズミモチや、ピラカンサの実を食べています。

ツグミは冬鳥で、最近ますます頻繁に見られるようになってきました。
時々、同じく冬鳥のアカハラもやってきます。
ヒヨドリはもっとやってきます。

昆虫などを見かけなくなった今日この頃、木の実は野鳥の貴重な食べ物です。
野鳥がなかなか見つからないときは、
まずは木の実を探してみると、見つかるかもしれませんよ!


[PR]
by kawasemiblog | 2017-12-02 18:41 | 生きもの情報 | Comments(0)

カワセミ、少し復活?

皆さんこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

最近、止まり木にあまり止まらないカワセミ。
本日は朝に、止まり木にいるカワセミを久しぶりに観察出来ました。
d0121678_17033470.jpg
幼鳥のメスのようにも見えますが、逆光のなかでの撮影なので断言はできません...
10分ほど滞在して、小魚を捕まえた後は橋の向こう側へと飛んでいきました。

最終的に、11月5日のカワセミ飛来回数は4回でした。
16時頃に飛来したカワセミは、16時40分ごろまで施設周りの
茂みの中をうろうろしていたようです。

この調子で、飛来回数が伸びると良いのですが...

短いですが、今回はここまで。
ではまた。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-11-05 17:08 | 生きもの情報 | Comments(0)

ジョウビタキがやってきた!

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

先日から気配がしていましたが、
ついにバッチリ姿をとらえました。
d0121678_13251879.jpg
ジョウビタキ(オス)です。

シベリアなどから渡ってくる冬鳥で、
彼らの姿を見るようになると、冬が近づいてきたなあと感じます。

今日は、水元かわせみの里の野草園などにいて、
「ヒッヒッヒッ」と高い声で鳴いていました。

ジョウビタキはなわばりを作るので、
施設の周辺をなわばりにしてくれたら、
これからしばらく姿を見ることができます。
彼らの好きなおいしい木の実もあるので、ぜひ検討いただきたいものです。


さてカワセミですが・・・、
昨日は飛来1回です。
今日もまだ姿が見えません。
最近は、飛んで来てもすぐに茂みの中に入ってしまったりします。

先日NHKで取り上げていただいおかげで、
「カワセミを見に来ました」と来てくださるお客さまもいらっしゃるのに。残念。
ジョウビタキもかわいいですが、
カワセミもきちんとなわばりを主張してほしいですね・・・。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-11-02 13:35 | 生きもの情報 | Comments(0)