水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生きもの情報( 672 )

カワセミ、少し復活?

皆さんこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

最近、止まり木にあまり止まらないカワセミ。
本日は朝に、止まり木にいるカワセミを久しぶりに観察出来ました。
d0121678_17033470.jpg
幼鳥のメスのようにも見えますが、逆光のなかでの撮影なので断言はできません...
10分ほど滞在して、小魚を捕まえた後は橋の向こう側へと飛んでいきました。

最終的に、11月5日のカワセミ飛来回数は4回でした。
16時頃に飛来したカワセミは、16時40分ごろまで施設周りの
茂みの中をうろうろしていたようです。

この調子で、飛来回数が伸びると良いのですが...

短いですが、今回はここまで。
ではまた。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-11-05 17:08 | 生きもの情報 | Comments(0)

ジョウビタキがやってきた!

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

先日から気配がしていましたが、
ついにバッチリ姿をとらえました。
d0121678_13251879.jpg
ジョウビタキ(オス)です。

シベリアなどから渡ってくる冬鳥で、
彼らの姿を見るようになると、冬が近づいてきたなあと感じます。

今日は、水元かわせみの里の野草園などにいて、
「ヒッヒッヒッ」と高い声で鳴いていました。

ジョウビタキはなわばりを作るので、
施設の周辺をなわばりにしてくれたら、
これからしばらく姿を見ることができます。
彼らの好きなおいしい木の実もあるので、ぜひ検討いただきたいものです。


さてカワセミですが・・・、
昨日は飛来1回です。
今日もまだ姿が見えません。
最近は、飛んで来てもすぐに茂みの中に入ってしまったりします。

先日NHKで取り上げていただいおかげで、
「カワセミを見に来ました」と来てくださるお客さまもいらっしゃるのに。残念。
ジョウビタキもかわいいですが、
カワセミもきちんとなわばりを主張してほしいですね・・・。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-11-02 13:35 | 生きもの情報 | Comments(0)

最近のカワセミ状況とクモ

皆様こんにちは
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

水元かわせみの里が「あさイチ」で放送される前日となりましたが、肝心の
カワセミは枝になかなか止まらず、最近は通過のみの記録が多くなり少し寂しい状況です。
豪快に水面へダイブする様子をまた見せてほしいですね…

今回はカワセミのネタではなく、クモの話です。
親しくしている友人から面白い巣をつくるクモを見つけたという
情報をいただいたので、さっそく探しに出掛けました。

そのクモがいた場所は、公園内のとある場所に植えられている桜の木の根元です。
d0121678_16432108.jpg
この写真の中にクモの巣がありますが、皆さんはどこにあるか分かりますか?
これが分かった人は相当のクモマニアです。
d0121678_19220415.jpg
正解は矢印の場所でした!実際はその周りに8~9個くらいの巣がありますが…
この場所に巣を作っていたのは、キシノウエトタテグモ というクモです。
d0121678_17094231.jpg
地面に穴を掘り、その穴の入口に扉をつくる不思議なクモです。
d0121678_18593170.jpg
巣穴の扉を開けた様子。

普段は穴の奥で休んでいますが、狩りをするときは出口付近で扉を少しだけ開けた状態で
待ち伏せをして、ダンゴムシなどの獲物が巣穴の近くを通った時に、勢いよくとびかかって
そのまま巣穴に連れ込みます。

ちなみに、キシノウエトタテグモの"トタテ"は戸を立てるという意味で、
"キシノウエ"は岸上さんという方が見つけたからという理由のようです。

さらっと紹介しましたが、このクモは準絶滅危惧種に指定されている、実は少し珍しいクモです。
あまり広い範囲を移動できないので、棲みかがなくなるとその場所からいなくなってしまいます。

このクモがいるということは、水元公園のその場所の環境が昔とほとんど
変わっていない事を証明する、貴重な存在なのです。
そのため、今回はこのクモがいる場所を詳しく紹介しませんでした。

カワセミ情報が少ないですが、今回はここまで。
ではまた。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-10-26 17:45 | 生きもの情報 | Comments(0)

友人が「樹皮の裏は宇宙だ!」と言っていました

皆さまこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

本日は曇り時々雨の天気の寒い中、水元かわせみの里周辺にあるケヤキの樹皮をはがして、
樹皮裏に潜む生きものを探してみました。
なぜ、こんな日に探したかというと、気温が低いと生きものの動きが鈍くなり、
樹皮裏に潜む生きものが観察しやすくなるからです。

最初に発見した生きものはこちら。
d0121678_16380601.jpg
カネタタキのメスですね。
カネタタキは、オスは鳴くための小さな翅がありますが、メスは翅自体がないバッタの仲間です。
d0121678_16531763.jpg
おそらく、イノコヅチカメノコハムシ。
平べったい体に金色の体をもつ、見た目が派手なハムシの仲間です。イノコヅチの葉を食べます。

他にも、カニグモの仲間やキハダエビグモ、フクログモの仲間、オカダンゴムシ、チビタマムシの仲間、
マクラギヤスデなど、様々な生きものが潜んでいました。

これらの生きものは、体が小さいか平べったい体をしているため、樹皮のわずかな隙間に入り込む
ことができるのです。
樹皮の裏は、雨風を凌げるだけでなく、天敵の野鳥からも身を隠すことが出来るため、
小さな生きものにとっては超高級マンションのような棲み家なのです。

皆さんも、生きものの隠れ家がなくならないように注意しながら樹皮の裏をめくって、
どんな生きものが潜んでいるか、探してみて下さい!

今回はここまで。
ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-10-14 17:09 | 生きもの情報 | Comments(0)

モズの高鳴き

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

晴れたり雨降ったり、変わりやすい秋らしいお天気が続きますね。
先日、気持ちよく晴れた日に、
モズの高鳴きが聞こえてきました。
d0121678_16543178.jpg

「高鳴き」は、モズがなわばりを主張する時の鳴き声です。
モズは、秋冬は、オスもメスもなわばりを作ります。
なので、高鳴きが聞こえると、秋になったんだなあ、と感じます。

どんな声かというと、
「ギチギチギチギチギチギチ・・・」
という感じ。

カタカナでは非常に表現しにくいので、ぜひ本物を聞きに来てください。
だいたい、
木のてっぺんとか、目立つ場所で鳴いていますので、
上を見上げてみてくださいね。
尾羽をくるーり、くるーり回す姿もかわいいですよ。

ちなみに、カワセミ情報ですが、
なぜか、飛来回数9回。という日が続いています。
一度来ると、10分くらい長居してくれる時もありますので、
1年のうちでも、比較的よく観察できる季節です。
ぜひ、観察にいらしてください。



[PR]
by kawasemiblog | 2017-10-07 17:02 | 生きもの情報 | Comments(0)

ドングリの中から

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

先日のボランティア活動で、木の実をたくさん集めました。
d0121678_10393550.jpg
クヌギ・スダジイ・マテバシイなどのドングリや、マユミ、トチノキなど。
11月18日の「秋のクラフト教室」のための準備です。
この木の実を使って、昆虫や鳥など、
いろんなものをお客さんに作ってもらおうと思います。

この木の実の海の中から発見。
d0121678_10434116.jpg
ドングリ虫こと、ゾウムシの仲間の幼虫です。
初夏に成虫が産みつけた卵が、成長して出てきたのです。
みなさんが見つけたドングリの中からも出てくるかもしれませんよ。
見つけたときは、土の上に置いてあげてください。
土の中にもぐってさなぎになります。


さて、明日・10月1日(日)には、
テクノプラザかつしか で開催される
「かつしか環境・緑化フェア」に、
ボランティアさんたちと一緒に出展します。
葛飾区の環境に関わっているさまざまな団体さんがブースを出されます。
また、地球温暖化対策に関するシンポジウムや自然観察会、
葛飾の平和と環境を守るヒーローまで来てくれる、盛りだくさんのイベントです。

水元かわせみの里では、「移動生きもの園」と題して、
水元公園の生きものの展示やクイズを行います。
お近くの方は、ぜひ遊びに来てください。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-09-30 10:54 | 生きもの情報 | Comments(0)

【居酒屋でありがち】えーっと、とりあえずカナヘビで。

皆さんこんにちは。

先日、久しぶりに水元で勤務していたら、
急に青年に話しかけられたサトーです。


青年は神妙な面持ちでじっと私の顔を見て、
ちょっとの間沈黙していたので、何事かと思っていたら、
開口一番、
「あのー、母が、サトーさんはいつになったらブログを更新するんだって言っています」


私、心の中でズッコケましたです。


青年があまりに真剣な顔つきなので、
「おのれサトー、父の仇!」とか言って切り殺されるかと思っていたのです。
ビックリした。

そういえば彼は、昔ちょくちょくお母さんとうちの施設に来ていてくれた子だったな。
その後思い出しました。

大きくなりやがって。
しかも彼女らしき女の子と一緒だったな。
ブログを借りてお母さんに密告だ。


ということでようやく生きもの紹介へ。



今日はとりあえずカナヘビ。






d0121678_17045740.jpg






















ニホンカナヘビ。
私に捕まり、怒り狂っておりました。


もうそろそろ冬眠の時期かな。

今年は余りカナヘビ見なかった気がするな。
俺が水元いなかっただけか。


もう一種類ご紹介。




d0121678_17094175.jpg



















アワダチソウグンバイ。
未来昆虫の趣。

北米原産の外来種ですが、
同じく外来のセイタカアワダチソウにつき、
汁を吸います。

北米の争いが日本に持ち込まれた格好です。
北米か。


今日はここまで。


また4年後くらいに更新します(嘘です)。


ではまた。




[PR]
by kawasemiblog | 2017-09-15 17:14 | 生きもの情報 | Comments(2)

止まり木設置しました

皆様こんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

7月に折れてしまっていた施設前の止まり木を、14日に再設置しました!
d0121678_16390427.jpg
設置が遅れた要因の、カワセミの繁殖状況については、
9月に入っても食べものを巣穴へ運ぶ様子が見られなかったため、
営巣はしていないという判断となりました。

新たに設置した止まり木にも、カワセミは止まってくれましたので一安心です。
d0121678_16390483.jpg
望遠レンズを持ってこなかったため、デジスコでの撮影です。ボヤボヤ…

今回はここまで。
ではまた。
キブシ

[PR]
by kawasemiblog | 2017-09-15 16:50 | 生きもの情報 | Comments(0)

最近のカワセミ

みなさまこんにちは、ヤマザキです。

9月になってかすかに秋の気配がするようになりました。
秋の七草のひとつ、フジバカマも咲きはじめました。
d0121678_09371967.jpg


さて、最近のカワセミは、
8月半ばから求愛給餌や交尾が確認され、
敷地内の営巣壁を巣として使っていました。
順調なら、卵をあたためている頃です。


また、
施設のガラス窓のすぐそばの岩場や杭にとまり、
よく獲物をとります。
d0121678_09372570.jpg
こちらはスジエビを捕らえたところ。


岩場近くは水位が低くて獲物が見つけやすい、というのもありますが
お気に入りだった池のとまり木が、相次いで折れてしまったのも原因かもしれません。

とまり木をつけ直したいのですが、
数人がかりで舟をだし、池の中でバチャバチャやりながら、木を設置する、なかなか大騒ぎな作業になるため、
まだカワセミが繁殖を続けているかもしれず、影響を考えて手を出せずにいましたが、
こんなに巣の近くで魚を捕ったりするので、もしかしたらもう繁殖はやめてしまったのかもしれません。

順調にいっていれば来週くらいには卵がかえる予定なので、
もう少しだけ、カワセミの様子を見て、
とまり木の設置をしたいと考えています。

カワセミに、
池の真ん中のとまり木に、ドーンととまってもらい、
獲物をとる勇姿を見てもらえるまで、
お客さまにはご不便をおかけしますが、
もうしばらくの間、様子を見させていただければと思います。

ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-09-06 09:56 | 生きもの情報 | Comments(0)

クヌギをチョッキリ

皆さまこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

最近は雨続きでしたが、8月18日はようやく雨もあがりました。
さっそく施設周りを見回ってみると、道の脇に何かが落ちていました。
d0121678_17183983.jpg
落ちていたのはクヌギという木のドングリでした。
しかし、よく見ると枝ごとドングリが落ちています。
拾ってみるとドングリに穴が開いており、枝も折れたのではなくハサミで切ったような断面です。
d0121678_17255532.jpg
実はこのドングリ、ある生きものに枝ごと落とされたものなのです。
そのある生きものがこちら。
d0121678_17303077.jpg
ハイイロチョッキリという、ゾウムシの仲間です。
この昆虫はドングリに穴を開けてドングリの中に卵を産みます。その後、枝ごとドングリ
を切り落とします。
幼虫はドングリの中身を食べて成長し、秋頃にドングリに再び穴を開けて外に出てきてから
地面の中で蛹になります。そして、翌年の夏の初めごろに成虫の姿で現れます。

水元かわせみの里周りにはクヌギが多く植栽されており、なおかつドングリが低い位置に
できているので観察しやすくなっています。
地面に枝ごと落ちたドングリがあれば、上にはこの昆虫がいるかもしれませんよ?

さて、最近のカワセミ情報としては、岩場によく止まりとても距離が近いので、観察しやすいです。
d0121678_18241480.jpg
写真は施設内にあるスコープを使い、スマホで撮影したものです。
営巣壁に作った巣穴にも頻繁に出入りしているようですので、
ぜひ、夏休みも水元かわせみの里へ遊びに来てください!

今回はここまで。
ではまた。


[PR]
by kawasemiblog | 2017-08-18 18:59 | 生きもの情報 | Comments(0)