水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 21日 ( 1 )

水元のコケ

みなさんこんにちは、コジマです。

先日の自然学習講座、「はじめてのコケ観察会」はたくさんの人に来ていただき、大好評でした。
そんなコケ観察会で見られたコケたちの一部をご紹介したいと思います!

d0121678_11301419.jpg
まずはコツボゴケ。桜土手の道沿いの地面にひっそり生えてました。透き通るような薄い葉が特徴です。

d0121678_11350352.jpg
こちらはヒツジゴケ。コツボゴケの近くに生えていました。

d0121678_11364574.jpg
タチヒダゴケ。木の幹に少しずつまとまって生えていました。
乾燥していると葉を小さく縮めていますが…

d0121678_11364168.jpg
霧吹きで水を与えてあげると、ふわっと葉が開きました。

d0121678_12391702.jpg
ナミガタタチゴケ。スギゴケの仲間で、杉の枝のように葉が広がっているのが特徴です。
木の下の、少し日陰の地面に生えていました。

d0121678_12403221.jpg
コメバキヌゴケ。ツツジなどの植栽の合間に生えていました。

今回載せている写真は全て、かわせみの里の元アルバイトのMさんが撮ってくれたものです。なかなか普通のカメラではコケの撮影が難しく、マクロが綺麗に撮れるカメラが必要ですね。

去年と今年、はじめての人向けに「街中でも見られるコケ」をメインに観察会を開催してきましたが、今回の講座参加者の中には「中級者向けのコケ観察会もやってほしい」との声も!
来年度の講座はまだ未定ですが、水元公園の森や神社で見られるコケの観察も面白そうですね。

最後に、講師をして下さった藤井先生ありがとうございました!

[PR]
by kawasemiblog | 2017-04-21 15:31 | 生きもの情報 | Comments(0)