水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

最近のカワセミ状況とクモ

皆様こんにちは
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

水元かわせみの里が「あさイチ」で放送される前日となりましたが、肝心の
カワセミは枝になかなか止まらず、最近は通過のみの記録が多くなり少し寂しい状況です。
豪快に水面へダイブする様子をまた見せてほしいですね…

今回はカワセミのネタではなく、クモの話です。
親しくしている友人から面白い巣をつくるクモを見つけたという
情報をいただいたので、さっそく探しに出掛けました。

そのクモがいた場所は、公園内のとある場所に植えられている桜の木の根元です。
d0121678_16432108.jpg
この写真の中にクモの巣がありますが、皆さんはどこにあるか分かりますか?
これが分かった人は相当のクモマニアです。
d0121678_19220415.jpg
正解は矢印の場所でした!実際はその周りに8~9個くらいの巣がありますが…
この場所に巣を作っていたのは、キシノウエトタテグモ というクモです。
d0121678_17094231.jpg
地面に穴を掘り、その穴の入口に扉をつくる不思議なクモです。
d0121678_18593170.jpg
巣穴の扉を開けた様子。

普段は穴の奥で休んでいますが、狩りをするときは出口付近で扉を少しだけ開けた状態で
待ち伏せをして、ダンゴムシなどの獲物が巣穴の近くを通った時に、勢いよくとびかかって
そのまま巣穴に連れ込みます。

ちなみに、キシノウエトタテグモの"トタテ"は戸を立てるという意味で、
"キシノウエ"は岸上さんという方が見つけたからという理由のようです。

さらっと紹介しましたが、このクモは準絶滅危惧種に指定されている、実は少し珍しいクモです。
あまり広い範囲を移動できないので、棲みかがなくなるとその場所からいなくなってしまいます。

このクモがいるということは、水元公園のその場所の環境が昔とほとんど
変わっていない事を証明する、貴重な存在なのです。
そのため、今回はこのクモがいる場所を詳しく紹介しませんでした。

カワセミ情報が少ないですが、今回はここまで。
ではまた。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-10-26 17:45 | 生きもの情報 | Comments(0)