水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

カワセミの居ぬ間に身近な鳥を見る

皆さんこんにちは。
水元かわせみの里スタッフのキブシです。

最近はカワセミが巣立ち、親鳥とヒナが別の場所へ移動してしまったので、
カワセミの飛来回数が減少しています。

しかし、カワセミがいなくても水元かわせみの里に生きものがいない訳ではありません!

d0121678_15282698.jpg
小合溜ではよく目にするアオサギ。

d0121678_15283488.jpg
この日はアメリカザリガニを3匹捕え、食べていました。
アオサギの後にはこんな鳥もやってきました。
d0121678_15300790.jpg
ハシブトガラス ハシボソガラスが、アオサギの食べ残したザリガニの一部を食べていました。
(ハシブトガラスではなく、ハシボソガラスでした。申し訳ございませんでした。)

水元かわせみの里の目玉でもあるカワセミに目が向かいがちですが、身近な生きもの
でもじっくりと観察をすると、様々なしぐさや行動を見せてくれます。

カワセミが本格的に戻ってくるまでの間、身近な野鳥のあまり目にしない仕草を
観察しに、水元かわせみの里へ遊びにきませんか?

ではまた。

[PR]
by kawasemiblog | 2017-05-18 16:17 | 生きもの情報 | Comments(0)