水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

サトーが帰ってきそう(仮)

みなさんこんにちは。

娘が初めてしゃべった言葉が、
「チーター」だったサトーです。
チーターの写真を指差して言ったから間違いないでしょう。

「ママ」でも「パパ」でもなく「チーター」とは。
水前寺清子もビックリ。

※厳密にいうと、プロ野球のドラフト会議の日に「オコエ」といったのですが、
 誰も信じてくれません。


さて、皆さんご無沙汰してました。
この夏、忙しくてブログから逃亡していました(毎回言っているね)。
厳密にいうと、今週いっぱい忙しいのでブログ打っている場合ではないのですが、
閲覧者数の劇的な低下を見るに見かねて、
ついに立ち上がったのです。

広島カープについても語りたいけど、
早速本題に行きます。
早く帰りたいんや。

今日見られた昆虫をチョッピリご紹介。

まずはこちら。
d0121678_1834958.jpg

オオスズメバチ先生。

巣が最大になる秋を迎え、
表情が険しいです。
働き蜂死んじゃいますからね。

だいぶ接写してますけど、
お食事中は、かのオオスズメバチ先生も攻撃してきません。
でも皆さん真似をしないでくださいね。

次はコチラ。
d0121678_18103861.jpg

ウラナミシジミ。

綺麗なチョウですが生き方はかなりロック。

あったかい所が好きなのに、
夏から秋にかけて東北や北海道の方まで移動し、
最終的にそのほとんどが寒さのため死滅するという、
ロックンロール(苦難な事でも前に進もうとする)を体現した生物です。


毎年愚直にこの行動パターンを繰り返しますが、
もしかしたら急激な温度変化があった際、
その場所で生き残れるよう、保険をかけているのかもしれません。

もしくはただのロック野郎なのかもしれません。


今日はここまでです。

今日も元気に残業生活。


ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2016-09-09 18:21 | 生きもの情報 | Comments(0)