水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

締切に怯えつつトンボをご紹介

皆さまこんにちは、ヨシダです。

さて、来月から水元かわせみの里にて夏の企画展が始まります。
今回の企画展のテーマは「トンボ」です。
水元公園のトンボの魅力が伝わるような展示を目指し、日夜作成しております。(間に合うかな・・)

そこで今回は水元公園で見られるトンボを少しご紹介。

d0121678_16134639.jpg

コシアキトンボ
水元かわせみの里周辺でもたくさん見かけるコシアキトンボ。なかなか止まってくれないので写真を撮るのは一苦労です。

d0121678_16175510.jpg

昨日、水辺のふれあいルームに入ってきたアオヤンマのメス。実は東京都の絶滅危惧種に指定されている、貴重なトンボです。

d0121678_1658049.jpg

全体的に粉っぽい雰囲気のコフキトンボ。キャンプ場前の水路などでよく見かけます。

d0121678_16253727.jpg

水生植物園の橋にとまっていたシオカラトンボ。水生植物園周辺はガマやヨシなども多く、トンボが好きな環境があるため観察しやすい所です。

d0121678_16284384.jpg

こちらも水生植物園でみつけたアジアイトトンボ。植物の影でジッとしていました。

d0121678_16361162.jpg

最後に真っ赤なショウジョウトンボ。猩々という妖怪のように赤いからこの名前がついたとされていますが、今の子供は猩々を知っているかな?


さて、今日紹介したトンボの他にも、水元公園内にはたくさんの種類が生息しています。
いったいどのくらいの種数が確認されているのでしょうか?
答えは来月の企画展にて!

ではでは
[PR]
by kawasemiblog | 2016-06-17 17:25 | 生きもの情報 | Comments(0)