水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

生きものの輝きにあふれているね。

皆さんこんにちは。

左足の小指に続き、中指にもしびれを感じるサトーです。
早く暖かくならんかなぁ。


さて、春を待ちわびているのは私だけではありません。


多くの生きものにとって春は大切な繁殖の時期であります。


今日も色々な鳥が恋の季節を満喫しておりました。
まずはカワセミ。
d0121678_16373465.jpg

水元かわせみの里に来るオスのカワセミ。

エビをとっていましたが、
またメスにあげずに自分で食べていました。

人間でもこういう人いますね。
お嫁さんを苦労させるタイプです(俺か)。


d0121678_16394517.jpg

旧水産試験場跡地付近にいたカワセミ。

よく見るとくちばしの先端に土が。

巣穴を掘っていたようです。

公園内全域でカワセミが繁殖期に入っているようです。


d0121678_16411189.jpg

公園内某所でエナガが巣作りをしていました。

巣材となるコケやクモの巣などを運んでいました。

水元公園内では、
ここ数年でエナガが営巣するようになったとも言われております。

エナガが棲むに足る、
良い環境になったのでしょうか。

d0121678_16431891.jpg

ウグイス。

へたくそな鳴き方で「ホーホケキョ」と鳴きだしました。

ちなみに「ホーホケキョ」は、
さえずりと呼ばれるオスの求愛の鳴き声です。

そう、恋をしているのです。


最後はコチラ。
d0121678_1645687.jpg

カンムリカイツブリ、まだいますよ。


カメラマンさんのお話ですと、
求愛のダンスもしていたそうです。


もう、みんな青春まっしぐらです。

いいなぁ。
カムバック・青春。



陽気もいいですし、梅やカワヅザクラも咲いていますので、
皆さん是非水元公園や水元かわせみの里に遊びに来てください。




ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2016-03-02 16:50 | 生きもの情報 | Comments(0)