「ほっ」と。キャンペーン

水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

冬鳥ぞくぞく水元公園野鳥情報  

皆さんこんにちはヨシダです。

ここ数日でだいぶ気温が下がりましたが、
東北育ちの自分には心地のいい寒さです。
またふれあいルームは11月から3月まで閉館時間が16:30と早くなります。
ご注意ください。

さて、今日は久しぶりに公園内の野鳥情報です。
水元かわせみの里~バードサンクチュアリ~水元大橋の間で、
見られた旬の野鳥はこちら。

コガモ
ヒドリガモ
キンクロハジロ
ホシハジロ
ユリカモメ
カンムリカイツブリ
ジョウビタキ
モズ
オオタカ 
アカハラ
シロハラ
マミチャジナイ

ぞくぞくと冬の鳥が集まってきています!

カモ類は水元大橋近くに多く、本来海にいるカンムリカイツブリも1羽いました。
こんな内陸にいるなんて驚きです。

ジョウビタキやモズは、かわせみの里やグリーンプラザ周辺で見られました。
特にモズは木のてっぺんでよく鳴いているので、見つけやすいです。

オオタカ、アカハラ、シロハラ、マミチャジナイはバードサンクチュアリーでの発見情報があます。
マミチャジナイに似ているアカハラもやって来ているので、
同定の際はご注意を!

そしてサトーさんからのプレッシャーを受けカメラをぶら下げ調査しましたが、

オオタカは空高く飛んでしまい、豆粒写真。
マミチャイナはタッチの差で林の奥へ・・・・・

そんな鳥運のないところへ現れたのがコチラ
d0121678_11183376.jpg

そうタヌキです!しかも2匹
バードサンクチュアリー内で寝ていました。
冬のタヌキは防寒のため毛がモフモフになります。

かわゆい・・・

そしてこの時期よく目にするのはカモのエクリプスです。

カモの多くは繁殖地でオスもメスも同じ模様をしています。
そして越冬地の日本にやってきた時に、綺麗な羽に生え変えて嫁捜しをします。
エクリプスとは羽が完全に生え変わっていない状態の事です。

奥のヒドリガモと手前のエクリプスを比べてみると違いが分かりやすいですね。
d0121678_11453473.jpg

奥は頭のクリームがはっきりしていますが、手前はまだ薄い印象です。
背中の灰色の部分も少ないですね。

このエクリプスはほとんどのカモに見られるので、
皆さんもカモの群れから探してみてはいかがでしょうか?

それでは、また。


追記
お客様情報で、昨日オシドリのオスが1羽入っていたそうです。
場所は小合溜の端(水産試験場の方)付近にいたようです。
自分たちは調査時間が足りず、水元大橋より先はほとんど行けません。
くやしい!
[PR]
by kawasemiblog | 2015-10-31 11:07 | 生きもの情報 | Comments(0)