水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

こっちもハードボイルド、チャイロスズメバチ

皆さんこんにちは。

季節の変わり目にもれなく体調を崩すサトーです。


さて、最近よくテレビなどで、
対馬で外来の「ツマアカスズメバチ」が増えているとやっていますね。


水元でもあるスズメバチが増えているようです。

このスズメバチです。
d0121678_1422925.jpg

チャイロスズメバチです。
昔から水元で昆虫を調べられている方によると、
ここ1,2年でよく見られるようになったそうです。

このスズメバチはキイロスズメバチやモンスズメバチなどの、
他の種類のスズメバチの巣を乗っ取ります。

具体的に言うと、
キイロスズメバチの女王などは、
単独で冬を越し、温かくなると1匹で巣作り、産卵、子育てをします。

そうやって徐々に巣ができはじめたころに、
このチャイロスズメバチが乗り込んできて、女王蜂を殺し、
巣を乗っ取ってしまうのです。

恐ろしい。


さらに恐ろしいのが、
巣を乗っ取った後に生まれてきた、
キイロスズメバチやモンスズメバチをそのまま生かして、
働き蜂として働かせてしまうです。


つまり親を殺し、子を奴隷にするわけですね。


仁義なんてくそくらえな世界です。
天国の菅原文太さんもさぞ驚いておられるでしょう。



まあとにかく、
このハチはツマアカスズメバチとは違い、
日本に元々いるハチなのですが、
なかなか面白い生態なので今回紹介しました。


昆虫界って、
ハードボイルドですね。



ではまた。

そろそろ鳥も紹介します。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-09-15 14:14 | 生きもの情報 | Comments(0)