水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

反骨的昆虫紹介。星肢太葉蜂ノ巻。

みなさんこんにちは。

念願の「大関ヶ原展」に行くことができたサトーです。
本多忠勝の鎧、「黒糸威胴丸具足」が劇マブでした。

きら星のごとく来場されていた、
おじ様、おば様、ヲタク様のプレッシャーにめげず、
しばらく鎧と対峙させていただきました。

数百年の時を超え、
戦国時代のものが目の前にあるという不思議さ…。
その感動に浸っていました。


今日は感動のあまり、
司馬遼太郎並に余談が長くなりました。


さて、
今日は久しぶりにマブい昆虫をご紹介しましょう。


昆虫の紹介すると、
カワセミに比べてブログの閲覧者数がガクッと落ちるのですが、
そんなの関係ないのです。
我が道を行かせてください。


今日紹介するのはコチラの昆虫さん。
d0121678_1665075.jpg


d0121678_1683740.jpg

ホシアシブトハバチです。

エノキの葉の葉柄(ようへい)に産卵し、
幼虫はエノキの葉を食べます。

ハチというと巣をつくり、群れで生活するというイメージがありますが、
案外単独で行動するものの方が多いのです。


ハチはとても種類が多様で面白い昆虫です。

是非変なハチを見つけたら教えてください。



今日は胃が痛いのでここまで。

ではまた。
[PR]
by kawasemiblog | 2015-05-08 16:15 | 生きもの情報 | Comments(0)