水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

春のおとずれ

皆さんこんにちは。

今朝方あった震度2くらいの地震で、死を覚悟したサトーです。
地震は怖いですね。

さて、昨日、かわせみの里の野草園の調査をしていたら、
春を感じさせる生きものが結構いたので、
今日はそれらを紹介します。

まずはこちら!
d0121678_1225160.jpg

アリの仲間がせっせと土を運び出していました。
私は、昔からアリを見ると春を感じます。

d0121678_124036.jpg

ナナホシテントウです。
まだ少し寒いせいか、じっと日向ぼっこをしていました。
ちなみに、アリとテントウムシはかなり仲が悪いです。
次に紹介する昆虫をめぐって、
泥沼の三角関係を繰り広げているのです。

d0121678_1214436.jpg

マメアブラムシです。
カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)にくっついていました。
テントウムシは、このアブラムシ君たちをムシャムシャ食べるのですが、
アブラムシ君はお尻から甘い蜜(甘露)を出してアリを雇い、
テントウムシを追っ払ってもらっているのです。

仁義なき戦いです。

d0121678_1292593.jpg

で、皆さんお馴染みのホソヒラタアブの幼虫もアブラムシを食べます。
この写真のアブはメスで、アブラムシの群れ(コロニー)に、
一生懸命卵を産んでいました。

春の訪れと同時に、生きもののし烈な戦いも始まったようです。

そんな彼らの闘いの様子も、
戦場カメラマンのごとくお送りしたいと思います。

お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2011-03-10 12:12 | 生きもの情報 | Comments(2)
Commented by わかまつ at 2011-03-12 07:24 x
カワセミの里のスタッフの皆さま、地震は大丈夫でしたか?
とりわけサトーさんの安否が心配です…(~_~;)
Commented by kawasemiblog at 2011-03-12 10:11
>わかまつ様

コメント有難うございます。

かわせみの里スタッフ、
建物ともに無事です。

また詳細については
後ほどブログでお知らせしますね。

サトー