水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

かえってきたサトー

皆さんこんにちは。

湯治からかえってきたサトーです。

ちなみに、今回は某イカホ温泉に行ってきましたが、
温泉からバスでしばらく行ったところにある、榛名神社が最高でした。
岩の造詣が素晴らしく、それが少し派手目の境内とマッチしていました。
星、三つです!

さて、関係ない話はこれくらいにして、
水元と関係がないイカホの生きもののご紹介。
今日は特別です。
d0121678_1292263.jpg

水元にもいるモンシロチョウを紹介したいのではなく、
チョウがとまっているお花に注目です。
これは「ハエドクソウ」というお花で、1属1科の植物です。
つまり他の植物とは特徴が異なる、変わった形態を持つ花のようです。
名前のとおり、根っこがハエ取り紙の材料に使われていたそうです。

d0121678_12135124.jpg

イチモンジセセリ。
水元公園でも沢山見られるチョウです。
イカホのお花屋さんのお花の上にいました。

d0121678_12152484.jpg

コミスジ。
翅に三本の線が入っているようなので、「ミスジチョウ」と呼ばれています。
水元公園でも、たまにこの仲間が見られます。

皆さんも色んな場所に出かけ、色んな生きものを観察して見ると面白いですよ!

次回はイトーくんの「爆笑生きもの紹介」をお届けします。
お楽しみに!
[PR]
by kawasemiblog | 2010-08-21 12:21 | 生きもの情報 | Comments(0)