水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

千葉の話ですが。

皆さんこんにちは。

いつの間にか夏が終わってしまって、虚無感に襲われているサトーです。

本当に今年の夏は、冷夏を感じさせる夏でしたね。
スーパーに買い物に行くと、本当にお野菜が高くて、吝嗇家のサトーは涙が止まりません。

さて、愚痴はこれくらいにして、生きもののお話に移りたいと思います。

先日、千葉の某所で生きもの調査を行った際に見られた昆虫の紹介をしたいと思います。
ちなみに今回紹介する生きものたちは、水元公園内でも見られる生きものです。
まずはこちら!
d0121678_11221065.jpg

私の兄が世界一嫌いな生きものと公言するカマキリです。チョウセンカマキリとも言われています。
一見オオカマキリとそっくりなのですが、前肢(カマ状の肢)のつけ根がオレンジ色がカマキリで、黄色がオオカマキリです。
あと、後翅の色が紫がかっているのがオオカマキリで、透明に近いのがカマキリです。

d0121678_112857100.jpg

かわいいホソヒメヒラタアブ♀。こいつにソックリなキタヒメヒラタアブというのがいますが、素人には見分けが難しいです。体の大きさや生殖器で見分けます。
ヒラタアブの仲間の成虫はお花の蜜や花粉を食べますが、幼虫はアグレッシブにアブラムシを捕食します(ちなみに幼虫の姿はうじ虫です。ハエの仲間なので)。

d0121678_11412257.jpg

アオモンイトトンボ。交尾中です。画面左がオス、右がメスです。メスの首元をオスが付属器という器官でガッチリ挟んで逃がさないようにしてしまいます。愛が深いのですね。

d0121678_1145259.jpg

最後にETのようなウスバキトンボのヤゴです。アゴがすごいですね。
このウスバキトンボは謎に包まれた行動をとることでも知られていますが、その詳細についてはまた今度。

今回は千葉県で見られたの昆虫の紹介でしたが、これらの種類の昆虫は水元公園でも見られます。
是非探してみてください!
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-30 11:57 | 生きもの情報 | Comments(0)