水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

mkawasemi.exblog.jp
ブログトップ

トンボとハチ

皆さんこんにちは。

連日水元にかわせみの里に来る悪ガキの相手をし、
子育ての大変さを僅かながら痛感しているサトーです。

さて、今日は前回好評だったトンボシリーズと、スズメバチの衝撃シーンをお送りいたします。
まずはトンボです。

d0121678_1351094.jpg

アキアカネ。夏は山に移動し、秋口に平地におりてくるトンボです。

d0121678_135459.jpg

ノシメトンボ。翅の先端が茶色がかった、比較的良く見られるトンボです。
下からトンボを撮るという斬新な手法を用いました。
ただ、はいつくばって写真を撮っているサトーの姿はほとんど不審者でした。

この夏、水元公園のトンボが熱い!

次は仁義なきハチの世界のお話です。

本日、自由研究イベントで子どもたちと野外でセミのぬけがらを採っていると、
木陰で蜂の巣を発見しました。

どうやらホソアシナガバチの巣のようですが、よく見るとそこにスズメバチの姿が!!
d0121678_1516370.jpg

どうやらヒメスズメバチのようです。他のスズメバチと比べ、お尻が黒いのが特徴です。
ヒメスズメバチちゃん、何かしきりと探している模様。しばらくすると・・・。
d0121678_14192510.jpg

すわ!!サナギちゃんが!!
そう、ヒメスズメバチちゃんはホソアシナガバチ一家を襲い、サナギを誘拐していたのです。
ホソアシナガバチさんはスズメバチに勝てないため、
巣の端っこでこの乱暴狼藉をじっと見守るしかありませんでした。

自然界って、本当に厳しいですね。
一人涙に濡れたサトーでした。
[PR]
by kawasemiblog | 2009-08-06 14:26 | 生きもの情報 | Comments(0)